[BS1] 火曜~木曜 午前0時~(月~水 深夜)[再放送] 不定期 水曜~金曜 午後5時~

2014年41日(火)

EU 租税回避1兆ユーロとの闘い

EU加盟国であるオランダ、アイルランド、ルクセンブルグなどは、世界有数のタックスヘイブン(租税回避地)とされる。グローバルに展開する国際的な企業による“節税”、あるいは脱税の温床になっていると指摘されている。欧州委員会の試算では、ユーロ圏内では、1年間でこうした節税や脱税の規模は1兆ユーロに及ぶとする。この背後には、近年急成長をしている“節税ビジネス”の存在があり、大手の会計事務所が関与している場合も多い。欧州議会のマーティン・シュルツ議長は、こうした巨額な金が少しでも納税されれば、ヨーロッパで経済危機に見舞われる国々の再建に役立てるはずだという。番組は、それぞれの大企業の税金逃れのメカニズムを解説。いまや世界規模となっている節税ビジネスの実像を描き、それがまた同時に、強力なロビー活動によって支えられていることも明らかにしていく。

原題
Tax Free-How Corporations are Robbing Europe
制作
WDR/ARD (ドイツ 2013年)
初回放送
2014年4月1日(火)午前0時00分~

※放送日時及び放送内容は変更になる可能性があります。最新の放送予定はNHK番組表よりご確認ください。