2016年121日(木)

もう一人の男 デクラーク

1990年に27年間の獄中生活からネルソン・マンデラを解放したのは、当時の南アフリカ共和国大統領、F.W.デクラークだった。アパルトヘイト廃止の主要な立役者であり、マンデラと同時にノーベル平和賞を受賞したデクラークについて、実はあまり語られていない。
マンデラの元で副大統領にもなったデクラークは、自らの地位を失うことを意味する改革を断行した希有な政治家であり、マンデラと協力して白人特権階級による支配体制を軟着陸させた功績は大きい。しかしその反面、彼の大統領任期中には多くの黒人反体制派が暗殺されている。
デクラークをアパルトヘイト廃止に向かわせた政治判断は何だったのか。
経済制裁などの国際的な圧力、党内の進歩派による説得、彼自身の良心、家族や友人たちの助言、宗教的信念など、多角的に検証しながら、アパルトヘイト体制からマンデラ大統領誕生に至る政権移譲の道のりをたどる。
さらに、真実和解委員会で明らかにされた「暗殺部隊」と呼ばれた秘密警察組織による反体制活動家の数々の暗殺作戦についても言及する。
デクラーク本人のロングインタビューを軸に、各国の政治家や活動家による証言で描き出す、もうひとつのアパルトヘイト廃絶の物語。

原題
The Other Man
制作
Baraka Productions (アメリカ/南アフリカ 2014年)
初回放送
2014年4月24日(木)午前0時00分~
再放送
2016年1月21日(木)午後11時00分~

※放送日時及び放送内容は変更になる可能性があります。最新の放送予定はNHK番組表よりご確認ください。