2015年65日(金)

ムハンマドたちの絶望
~“アラブの春”後のエジプトを生きる~

「アラブの春」以降、政変が度重なるエジプト。民主化をめざした若者たちは今何を思うのか。ある事件で死刑判決を受けた若者の目から見た祖国の3年間の記録。

2012年、サッカー場で暴動事件を起こしたとして死刑判決を受けた若者、ムハンマドとモフセン。無実を訴える2人は、判決はイスラム主義のモルシ政権が政治的に下したものだとして、公正な裁判手続きを求め続ける。やがてモルシ政権が軍部のクーデタで倒れ、シシ政権が誕生すると、今度こそ正当な判断が下されると期待する。しかし裁判は遅々として進まず…。公正な社会の実現を求める若者たちはやがて希望を見失っていく。

原題
A Fish Killed Twice
制作
国際共同制作 Al Batrik Art Production/NHK(エジプト 2015年)
初回放送
2015年5月29日(金)午前0時00分~
再放送
2015年6月5日(金)午後5時00分~

※放送日時及び放送内容は変更になる可能性があります。最新の放送予定はNHK番組表よりご確認ください。