NHKアナウンス室

アナウンサー仕事の流儀

バックナンバー↓

インタビュー 谷地健吾

生き方や経験は、声に出る。
10/11
ラジオの可能性は、まだまだ広がる。
  • 現在担当している番組を教えてください。

    木曜日と金曜日のよる11時45分から『BSニュース4K+ふるさと』という番組を担当しています。これは、BS4KだけでなくBS1でもご覧いただけます。
    その日の、国内外のニュースに加え、列島各地の話題をお伝えしています。「きょうのふるさと」というコーナーでは、鮮明な4K映像で全国各地の自然や風物詩など、思わず引き込まれてしまう美しい映像がめじろ押しです。特に、海に沈む夕日や棚田のある風景など日本の原風景を取り上げたものは、ため息が出る美しさです。ぜひ、多くの方に見ていただきたいです。

  • ほかに担当している番組は?

    もう一つの主戦場が、土日のラジオニュースです。正午から午後7時まで、ほぼ毎正時、ラジオセンターからお伝えしています。
    ラジオはテレビと異なり、音声だけで伝えきらなくてはいけないメディアです。そこにやりがいを感じますし、難しいところでもあります。テレビは映し出された映像にたくさんの情報がありますし、字幕も出ます。さらにはアナウンサーの読みもあって、とてもわかりやすい作りになっています。
    一方、ラジオは音声だけで、聴いている人の頭の中にそのニュースの内容が浮かぶようにしなければならない。しかも一度、聴いただけで。ですから毎回、自分にとっては真剣勝負であり試練です。

  • 特に心がけていることは?

    ニュースの内容によって、読む速度、間、読む調子を、聴いている人をイメージしながら変えています。読んでいるニュースがしっかり伝わっているだろうかと自問自答しながら毎回やっています。
    そのニュースの肝はどこかというのを自分なりに判断して、芯を外さないようにすることはもちろん、言葉の正確さ、丁寧さに気を遣いながら、「伝えたい」という気持ちだけじゃなくて、「伝わっているか」というところを意識しながらやっています。

  • 熱心なラジオのファンも多いと思います。

    いつもラジオを聴いてくださっているリスナーは耳が肥えています。ちょっとやそっとの読みでは納得してもらえない。しかも、こちらが焦っているとか、少し喉の調子が悪いとか、そういう状況まで流れてくる声から読み取ってしまうんです。放送後、リスナーからのツイートを読んで「あっ、バレちゃってる」ということがたびたびあります(笑)。

  • ラジオというメディア自体も進化しています。

    今のラジオは、放送したらそれで終わりではなくて、一つのコンテンツとしてあとから何度も聴くことができます。たとえばNHKラジオ『らじるらじる』の聞き逃しサービス。まるで音楽を聴くように、気になるニュースをいつでも、どこでも繰り返し聴くことができます。ラジオは今やマスメディアからパーソナルメディアになったように感じます。生放送終了後も、たくさんのコンテンツの中から繰り返し選んで聴いてもらえるコンテンツになりました。
    オールドメディアと言われたこともありましたが、ラジオには、まだまだ大きな可能性がある。新しいパーソナルメディアとして、よりリスナーのみなさんと深い関係を築くことができるようになるかもしれません。

10/18
その土地の言葉で話す大切さ。
  • アナウンサーになろうと思ったきっかけは?

    私の場合、もともとディレクター希望でしたが、結果的にはアナウンサーで採用されました。
    大学のゼミで地方に残る古い埋葬の風習や葬送の儀礼について調べ、奈良県の村にフィールドワークに入ったことも。面接では、そうした様々な地域文化をもっと掘り下げてみたいという話をしました。
    ですから、「アナウンサーで採用になりました」と言われたときは、驚きましたね(笑)。

  • 谷地さんにとっては、思いもよらないことだったのですね。

    私は東北で生まれ育って、高校生になるタイミングで東京に来たので、言葉には苦労しました。高校時代は、国語の授業で音読すればみんなが笑うし、英語の教科書を読んでも「お前は英語もなまっているんだな」と笑われたり・・・。
    さすがに就職活動をするころには、共通語もある程度話せるようになっていましたが、それでもまだ言葉にはコンプレックスがありました。

  • 言葉の問題はどのように克服しましたか?

    これは、特技と言えるかわかりませんが、子どものころから耳で聞いた言葉の抑揚や間、イントネーションを記憶して、それを忠実に再現するのが得意だったんです。
    たとえば、大学時代はお好み焼きとたこ焼きの実演販売のアルバイトをやっていたのですが、そこでお客さんと会話しながらその人のイントネーションや間の取り方を記憶して、次のお客さんとのやりとりに生かしていました。
    また、クラスメートの会話などを聞いて、今でいう「耳コピ」をしていましたね。
    このやり方は、アナウンサーになってから、とても役立ちました。

  • それはどういうことですか?

    初任地は奈良で、そのあと青森、札幌、仙台、松山と赴任するわけですが、土地ごとに地元の言葉をマスターするのがはやかった。地元の人たちが聞けば違和感があったかもしれませんが、それでもある程度はどの地域に行ってもその土地の言葉を話すことができました。

  • その土地の言葉で話すメリットとは?

    取材などでは、共通語で話しかけるより、地元の言葉で質問を投げかけたほうが、リラックスして答えてもらえるし、その人の心からの声を聞けます。それは本当に、奈良でも、仙台でも、北海道でも実感しました。
    もちろん正確な発音やアクセントでニュース原稿を読むことは大切なことですが、アナウンサーはそれだけじゃないぞと。特に地方局の場合は、その地域の言葉をマスターしたり、地域の文化にふれたりすることはとても大切だと思います。

  • 取材対象者との距離が縮まるということですね。

    そうです。ただ、初任地の奈良ではさらなる難題がありました。関西の言葉はある程度マスターできたのですが、関西ではさらに話にオチを求められます。
    関西の人と話していると「で、その話のオチは?」と必ず聞かれる。これには苦労しましたね(笑)。

10/25
大切なのは、心の復興。
11/1
声には「人」が出る。
ページトップへ↑