注目!情報

NHKアニメの情報をいち早くお知らせ!

アニメ番組のお知らせ / 不滅のあなたへ

作曲家・浜渦正志が語る「不滅のあなたへ」EDテーマへの思い

2021年5月31日(月)更新

Eテレで毎週月曜夜10:50から放送中のアニメ「不滅のあなたへ」
そのエンディングテーマ「Mediator」を生んだ作曲家・浜渦正志さんからのコメントが届きました!


この作品に取り組むにあたって「生きろ」という言葉が浮かんできたのですが、それは羞恥のようなものをものともせず楽曲制作の中心に居座り、最後まで私を引っ張っていってくれました。それだけ「不滅のあなたへ」の標題が強かったのだと思います。またこの言葉の意味をより考えさせるような問題がちょうど社会を賑わしていたことも大きく影響しました。いつもの自分なら5小節目(0分14秒~)は違っていたはずでした。

「生きろ」を、優しさや寄り添いとして表現するならこのようにはならなかったでしょうし、かと言って励ましや奮い立たせる意味で強く表現しようとしたわけでもありません。「生きることを選択する切羽詰まった間際にさえ、あれこれと背負わされる責任なんて放棄してしまえ」…といった感じでしょうか。

私はその方が優しさや励ましよりもよっぽど具体的でロジカルではないかと感じました。いつもの自分ならその5小節目は優しい感じにしたり大きく広がるような表現をしようとしていたはずですが、強気で他者の視線を撥ねのけるようなイメージの展開が自然と生まれました。曲全体としても、最後はロック化?していき、その間際にあれこれ言われる筋合いはない…!くらいに無遠慮で驕傲になっていきます。演奏者の一人がとても楽しんでくれて「何を考えて作ってるんですか(笑)」とツッコんでくれたのがとても嬉しかったです。

関係者やスタッフ、演奏家の皆さん、そしてなによりこのような強力な標題を与えて下さり、我が意を得たりとまで感じた素晴らしいタイトルをつけてくださった原作者の大今良時さんに感謝申し上げます。

エンディングテーマ
「Mediator」
作曲・編曲  浜渦正志

※楽曲視聴はこちらから※
不滅のあなたへ番組画像

不滅のあなたへ

Eテレ 毎週曜 午後1050分 放送

フシは最初、地上に投げ込まれた“球”だった。持っていたのは「刺激を受けた物の姿へ変化できる能力」と「死んでも再生できる能力」。球から石、オオカミ、そして少年へと姿を変化させていくが、赤子のように何も知らぬままさまよう。やがて出会う人々に生きる術を教えられ温かい感情を知り、人間を模して成長していくフシ。宿命の敵・ノッカーとの壮絶な闘い、大切な人との別れ…痛みに耐えながら自分の生き方を選びとり、力強く生きるフシの永遠の旅を描く。

「不滅のあなたへ」ホームページはこちら

注目!情報トップにもどる

関連情報

注目!情報
アニトク!

新着 注目!情報

ページトップへ