NHKコンクール受賞番組

2008.10.21

ATP賞で10番組がグランプリなどを受賞

コンクール概要

第25回 ATP賞

東京・六本木 (2008/10/21)

ETV特集 「アンジェイ・ワイダ 祖国ポーランドを撮り続けた男」
2008年6月15日放送 89分

ドキュメンタリー部門

グランプリ、部門最優秀賞

ポーランドを代表する映画監督アンジェイ・ワイダが、現代史の闇に挑んだ作品を完成させた。映画「カチン」は、第2次世界大戦中のソ連によるポーランド将校虐殺事件を描いている。実はワイダの父はこの事件で殺害されたが、真実を描くことは社会主義体制下では長くタブーだった。「灰とダイヤモンド」「大理石の男」。ワイダの代表作は常に権力との闘いだった。初公開の検閲の記録とワイダの証言をもとに、制作の舞台裏を描く。

制作者から

ハイビジョン特集「残照 フランス・芸術家の家」
2008年3月25日放送 109分

特別賞部門

総務大臣特別賞

老いた芸術家の老人ホーム、フランス国立芸術家の家。そこで織りなす人間模様、かつての栄光への思い、互いに老いていく者同士のいたわりと愛をノーナレーションで描く。

制作者から

「スーパー職人大集合!~技能五輪に挑んだ若者たち~」
2008年1月14日放送 73分

情報番組部門

部門最優秀賞

2007年11月日本で開かれた「技能五輪国際大会」。日本の若き職人たちは世界と戦い、金メダル16個を獲得した。次世代の職人たちの熱き姿をトークバラエティーで伝える。

制作者から

ハイビジョン特集「強く強く バイオリニスト・神尾真由子 21歳」
2007年10月8日放送 109分

ドキュメンタリー部門

優秀賞

世界三大音楽コンクールのひとつ「チャイコフスキー国際コンクール」で優勝したバイオリニスト・神尾真由子、21歳。2007年夏、神尾は、留学先のジュネーブから受賞後初めて帰国し、およそ1か月を日本で過ごした。番組ではその1か月に密着。素顔を記録し、長時間のインタビューを行った。あくまで「強い」音と「強い」心で音楽に向き合おうとする21歳の天才の秘密に迫る。

制作者から

ハイビジョン特集「小田実 遺す言葉」
2007年12月13日放送 89分

ドキュメンタリー部門

優秀賞

今年7月30日に亡くなった作家小田実さん(75)。がんと闘いながら創作活動に執念を燃やし、混迷する現代日本へメッセージを送る小田さんの最期の日々を克明につづる。

制作者から

BSドキュメンタリー「クラスター爆弾廃絶への道~国際NGO12日間の闘い~」
2007年7月13日放送 49分

ドキュメンタリー部門

優秀賞

この5月ダブリン会議で“原則禁止”の条約が採択された非人道的兵器、クラスター爆弾。その成立に大きく貢献した国際NGO、クラスター爆弾連合(CMC)の闘いを追う。

制作者から

ハイビジョン特集 「兵士たちの悪夢」
2008年8月31日放送 109分

ドキュメンタリー部門

優秀賞

イラク帰還兵に広がるPTSD(心的外傷後ストレス障害)。兵士の心に何が起きているのか。第一次大戦以降の「軍事心理学」の研究史をひもときながら、その闇に迫る。

制作者から

関口知宏の中国鉄道大紀行「最長片道ルート36,000kmをゆく ~敦煌~」
2007年11月11日放送 60分

情報番組部門

優秀賞

関口知宏さんが中国を鉄道で行く、最長片道ルートの旅。内モンゴル自治区・フフホトから甘粛省・敦煌までの1週間の旅を、敦煌からの中継で伝える。今週は、シルクロードの旅。途中では嘉峪関(かよくかん)と呼ばれる万里の長城の最西端の城塞にも出会う。敦煌は、中国三大石窟(くつ)のひとつで、世界遺産でもある仏教史跡「莫高窟」で知られる。

制作者から

たったひとりの反乱「食品偽装告発、“さきがけ”となった男」
2007年11月11日放送 60分

情報番組部門

優秀賞

2002年、食品偽装告発の“さきがけ”ともいえる事件が世間をにぎわせた。BSE騒ぎの最中、輸入肉を国産肉と偽った、雪印食品による牛肉偽装事件である。倉庫会社の社長・水谷洋一氏が実名で告発。一躍、時の人となった。だがその背後には、屈折した思いやしたたかな思惑もあった。水谷氏は、その後、思いもよらない過酷な運命に翻弄(ほんろう)される。告発という「反乱」の実態や、それがもたらしたものを見つめる。

制作者から

「星新一ショートショート劇場」
2007年11月11日放送 15分

バラエティ部門

優秀賞

「ショートショートの神様」とよばれる、作家・星新一。生涯に残した作品は1000話を越え、奇抜な発想、ウィットとユーモアに富んだ作品は、今もなお絶大な人気を誇る。時代を超えて新鮮な輝きを放つ膨大なショートショートのなかから、5つの作品を厳選。多彩な演出手法を用いて、不安や恐怖ばかりでなく、ときには温かさや安らぎを感じる近未来の不思議な寓(ぐう)話集として映像化する。

制作者から

Page Top