バリバラコント企画

バリバラスケッチコメディー ~障害者が職場にやってきた!~


コメディーの舞台

バリバラスケッチショウ

“障害者がいる職場”を舞台にしたショートコントスペシャル!大阪にある三流企業「バリバラ商事」は、障害者法定雇用率2.2%を達成するため社をあげて障害者雇用に力を入れることに。視覚障害、発達障害、ダウン症、難聴、高次脳機能障害の社員を迎えるにあたって、お人よしだが障害のことをあまり理解していない部長が職場改善をしようとすると、次々にトラブルが起き始めて・・・。


■ 放送予定 ■

バリバラスケッチコメディー【前編】:2019年5月16日(木)夜8時 再放送:2019年5月19日(日)0時(土曜深夜)

バリバラスケッチコメディー【後編】:2019年5月23日(木)夜8時 再放送:2019年5月26日(日)0時(土曜深夜)



キャスト


  • バリバラスケッチショウ

    フルタチ部長(古舘寛治)

    障害者雇用を中心になって進めることになった中間管理職。お人よしだが、障害の特性や必要な配慮について実はよく理解できていない。

  • バリバラスケッチショウ

    社員コジマ(小島藤子)

    同僚であれば、健常者にも障害者にも態度を変えない。障害者の就労支援について学んでいるが、それは業務を円滑に進めるため。クールで優秀な女性社員。

  • バリバラスケッチショウ

    社員フジワラ(藤原丈一郎 関西ジャニーズJr./なにわ男子)

    多様性のある社会を理想とする若手社員。障害のある同僚には優しくしたいと考えているが、思い込みが激しくときにトンチンカンな配慮をしてしまう。趣味はお笑いと野球。

  • バリバラスケッチショウ

    社員イガリ(猪狩ともか 仮面女子)

    不慮の事故にあい、脊髄損傷により両下肢にまひがある。去年から車いすでの生活を始めて、通路の段差、廊下やトイレの狭さなど会社の中にさまざまなバリアがあることに気づいた。




  • バリバラスケッチショウ

    社員ヤスバ(安場泰介 丸亀じゃんご)

  • バリバラスケッチショウ

    社員コテラ(小寺真理 吉本新喜劇/吉本坂46)

  • バリバラスケッチショウ

    ダウン症の社員アベ(あべけん太)

  • バリバラスケッチショウ

    高次脳機能障害・難聴のある社員タサカ(TASKE)

  • バリバラスケッチショウ

    発達障害のある社員モトムラ(元村祐子)

  • バリバラスケッチショウ

    視覚障害のある社員ヤスダ(安田知博)

  • バリバラスケッチショウ


    社員バギー(ベビー・バギー)



前編 5/16(木)放送

スケッチ1 通勤

スケッチコメディー前編 写真1

出勤途中、通りに白杖を持った視覚障害者を見かけたフルタチ部長。助けようか、気づかなかったことにしてやりすごすか、迷っているところに部下が現れて・・・。

スケッチ2 面接

スケッチコメディー前編 写真2

採用面接で障害のある志望者の面接をすることになったフルタチ部長。聞くべき質問も「失礼に当たるのでは?」と怖れ、何も聞くことができない。見かねた部下が面接を進めるなか、発達障害のある応募者から渡されたものとは?

スケッチ3 車いす女子目線

スケッチコメディー前編 写真3

車いすを使っている女性社員イガリが遅刻。わけを聞くと、バリバラ商事は車いすでの通勤が大変なのだという。フルタチ部長が車いすに乗って通勤体験してみると、社内のあらゆるところにバリアが・・・。

スケッチ4 新人歓迎会

スケッチコメディー前編 写真4

障害のある社員の歓迎会を開くことに。幹事のフジワラはみんなでカラオケに行こうと計画するが、車いすユーザーのイガリに必要な配慮を聞かぬまま計画を立て始める・・・。

後編 5/23(木)放送

スケッチ5 席替え

スケッチコメディー後編 写真1

聴覚障害のある社員が、上司の話している口元を見て理解しやすいよう、席替えをすることに。働きやすさを追求する中で決まった席順は?

スケッチ6 人事に切り札

スケッチコメディー後編 写真2

障害者のある社員のための人事が行われた。現れたのは、障害者が困っているとき助けてくれる「サポートマン」。ダウン症の社員アベに対して「空気を読み、本当のことを隠して会話するのがポイント」とアドバイスをするが・・・。

スケッチ7 職場インザダーク

スケッチコメディー後編 写真3

視覚障害のある社員がバリアフリーな会社へ転職を考えているといううわさを聞いたフルタチ部長。目隠しをして社内を歩き、バリアフリー化を進めてなんとか引き止めようと奮闘し始める。

スケッチ8 業務効率化について

スケッチコメディー後編 写真4

発達障害のある社員モトムラから「社内の手続きが複雑でついていけない」と訴えが。サポートマンの提案で簡潔に“ひらがな3文字”でコミュニケーションしてみることに。その効果は?