土曜ドラマ
「逃げる女」

初回放送

2016年1月9日(土)から放送[連続6回]
毎週土曜 夜10時  総合

ストーリー

水野美紀主演、鎌田敏夫オリジナル脚本でお届けする、サスペンス ロードムービー。

えん罪で入った刑務所で8年、戻ってきたばかりの40歳の女。
裏切った親友を探す旅は、殺人を犯した若い女との出会いによって、逃避行へと変わる。
逃げる身となった無実の主人公は、次第に追いつめられる中で、自分を見つめ直していく――。

もっと読む

各回のあらすじ

第1回「無実の傷あと」
えん罪が晴れて8年ぶりに刑務所を出所した梨江子(水野美紀)。児童養護施設での殺人事件の犯人とされていたのだ。梨江子は、アリバイを否定した親友のあずみ(田畑智子)を探しはじめる。長年苦しんだ梨江子に周囲はなおも冷たい。苛烈な取調べを行った刑事の佐久間(遠藤憲一)は、償いの気持ちで梨江子を案じる。が、若い刑事の安藤(賀来賢人)は状況を冷静に見ていた。そして梨江子の前に謎の若い女・美緒(仲里依紗)が…

第2回「嘘(うそ)つきと嵐」
梨江子(水野美紀)は自分をえん罪におとしいれたあずみ(田畑智子)を探すうちに、勤めていたカフェにたどり着く。が、新婚旅行中と聞き衝撃を受ける。あずみを待つ梨江子は、カフェの女主人・綾乃(原田美枝子)の飾らない人柄にふと安らぐ。嵐の夜突然カフェに美緒(仲里依紗)が現れ梨江子と再会。梨江子を案じつつ佐久間(遠藤憲一)と安藤(賀来賢人)は新たな殺人の捜査を始める。が、梨江子にも不気味な影が近づいていた。

第3回「壊れたままの幸せ」
あずみ(田畑智子)は待ち合わせ場所に現れなかった。梨江子(水野美紀)は綾乃(原田美枝子)のもとを離れ、再びあずみを探す旅に出る。なぜか梨江子についてくる美緒(仲里依紗)。佐久間(遠藤憲一)と安藤(賀来賢人)はあずみの失踪を知り、ちらつく梨江子と美緒の姿に不審を抱く。梨江子は高校時代の友人・深見(高橋努)を訪ね、あずみの一面を改めて知る。そして思いがけず父・喬雄(古谷一行)ら家族に再会することに。

第4回「危ない道連れ」
梨江子(水野美紀)と美緒(仲里依紗)の周囲で殺人が起きたことに、佐久間(遠藤憲一)は動揺する。追ってきた佐久間や安藤(賀来賢人)から、美緒は動物的な巧みさで梨江子を逃がす。佐久間たちは深見(高橋努)らに居所を尋ねるが、その強い反感からえん罪の残した傷が大きいことを悟る。梨江子は、施設で先輩職員だった斉藤(高橋克典)を訪ねる。斉藤は事件の真相を明らかにするべく梨江子のために力を尽くしてきたのだった。

第5回「あなたしかいない」
梨江子(水野美紀)と美緒(仲里依紗)は、あずみ(田畑智子)と施設で一緒に育った千夏(黒沢あすか)のもとへ。千夏が不在の間、留守番をする二人。お互いぶつかりあう濃密な時間の中で、気持ちが近づいたのもつかの間、美緒は去ってしまう。安藤(賀来賢人)は後の美緒らしき少女の陰惨な事件に行き当たる。一方、発見された水死体はあずみでは、と半信半疑の佐久間(遠藤憲一)。梨江子の過去を探り斉藤(高橋克典)を訪ねる。

第6回[終] 「滅びぬ愛」
追ってきた佐久間(遠藤憲一)と安藤(賀来賢人)から、またも逃げ出した梨江子(水野美紀)と美緒(仲里依紗)。逃避行のうちに梨江子は美緒に対していとしさに似た気持ちを覚えかたくなだった自分の変化をも感じる。が、そんな矢先上がった水死体があずみであったと知る。美緒を責めるが、自分を殺せと迫る彼女を突き放せない。佐久間たちが近づいていることを知り、梨江子はある決意を固める。が、美緒の拳銃が思わぬ結末を招く

キャスト

西脇梨江子(水野美紀)
谷口美緒(仲里依紗)
佐久間学(遠藤憲一)
安藤純也(賀来賢人)

【児童養護施設の人々】
川瀬あずみ(田畑智子)
斉藤浩一(高橋克典)

【警察の人々】
天野直将(加藤雅也)
柏木健作(でんでん)

【梨江子をとりまく人々】
香村綾乃(原田美枝子)
深見元(高橋努)
松尾結花(水崎綾女)
西脇喬雄(古谷作)

脚本・主題歌など

【作】 鎌田敏夫
【音楽】上野耕路

ページトップへ