BS時代劇
「伝七捕物帳」

初回放送

2016年7月15日から放送[連続9回]
毎週金曜 夜8時  BSプレミアム

ストーリー

黒門町の伝七は 罪を憎んで人を憎まず。粋で優しい岡っ引き。
遠山奉行から預かった 紫房の十手にかけて、悪い奴らは許さねぇ
恋女房の切り火に送られ、お江戸の悪をくじくため、伝七親分は今日も行く。

もっと読む

各回のあらすじ

第1回「世は情け、父娘(おやこ)髪結い」
黒門町の伝七(中村梅雀)は、北町奉行・遠山左衛門尉(松平健)から与力格を現す紫房の十手を預かる腕利きの岡っ引き。奉行所近くで火事があり、「駆けつけ様」と呼ばれる髪結いたちが御調べ書きの箱を安全な番屋に運び出したが、髪結い・吉蔵(平田満)が、何者かに襲われて箱を奪われたという。伝七は吉蔵の狂言ではないかと疑う。吉蔵にはおよし(荒井萌)という娘がいて、親子で髪結床を営んでいる。伝七は親子の身元を洗う。

第2回「紫房(むらさきぶさ)、決意の拝命」
伝七(中村梅雀)たちが花見をしていると、奥女中の一行が侍達に絡まれる。伝七と文治(上遠野太洸)が止めに入るが乱闘になる。その時何者かが投げた手裏剣が伝七の頬をかすめて飛び、奥女中の鈴(百田夏菜子)の肩に刺さる。文治と鈴はかつて恋仲だったが、鈴は理由も告げずに文治の前から去った。一方伝七は十年前の事件を思い出していた。伝七が遠山左衛門尉から紫房の十手を授かる由縁になったその事件には手裏剣が絡んでいた

第3回「夫婦道(めおとみち)、江戸女房の心意気」
岡場所で行き倒れが出たと聞いて伝七(中村梅雀)たちが駆けつける。遺体の手には煎餅の袋があり、腹には殴られた跡がある。しかし同心・秋月(川野太郎)は行き倒れと決めつけて処理する。不審に思った伝七は岡場所で聞き込みを始める。死んだ男は「お夕」という女を捜していたという。翌日、伝七は行き倒れの現場にたたずむ女(田中美里)を見かける。女はお勝と名のり「奉行所の役人や岡っ引きは、信用できない」とたんかを切る

第4回「空回り、男の純情」
伝七(中村梅雀)の子分・勘太(徳重聡)が川に落ちた娘・お美津(黒川芽以)を助ける。誰かに川に突き落とされたが、犯人に心当たりがないという。お美津は身ごもっていた。心配した伝七はお美津の身辺を洗う。水茶屋で働くお美津は呉服屋の若旦那・忠太郎(内野謙太)と恋仲だったが、忠太郎の親に仲を引き裂さかれたらしい。お美津に同情した勘太は生まれてくる子の父親になると言い出す。お美津と同じ茶屋で働く女が殺される。

第5回「奥手の花、恋の道行き」
伝七(中村梅雀)は長年の武家奉公を終えて実家に帰ってきたお滝(南野陽子)と再会する。お滝がかつて伝七の憧れの人だったと聞いたお俊(田中美佐子)はヤキモチを焼く。実家に身の置き場がないお滝は、美貌の僧・晴瞭(山口馬木也)に悩みを相談するうちに、心ひかれていく。そのころ巷(ちまた)では、押し込み強盗が次々に富裕な商家を襲う事件が起こっていた。伝七は商家の内部に手引きした者がいると推理し捜査を開始する。

第6回「怪談、からくり屋敷」
普請場で若い大工・新八がハシゴから落ちて死ぬ。事件を調べた伝七(中村梅雀)はハシゴに切り込みがあったことを発見する。何者かが新八の命を狙って細工をしたらしい。伝七は新八のいいなずけ・お時(柳生みゆ)に横恋慕した旗本・赤根(相島一之)の犯行ではと推理するが証拠がない。お時は身投げしようとするが文治(上遠野太洸)に救われる。伝七は、かねて顔見知りの勝小吉(西郷輝彦)の力を借り赤根に巧妙なわなを仕掛ける

第7回「女心(おんなごころ)、恋の追っかけ」
錠前破りの男が殺され、伝七(中村梅雀)は捜査に乗り出す。菊乃屋の小春(原田夏希)は客の彦四郎(岡田義徳)に、娘・お美代(中川江奈)の子守を頼まれるが、彦四郎は帰らない。小春がお美代を連れて彦四郎の家を訪ねると、怪しい男が現れお美代を誘拐しようとする。小春はお美代を連れて逃げる。急を聞いた伝七たちは小春たちを懸命に探す。彦四郎は腕利きの鍵師で、娘の命と引き換えに盗賊の一味に加わるよう脅迫されていた。

第8回「恋女房、涙の縁切り」
伝七(中村梅雀)は女房のお俊(田中美佐子)から突然「離縁して下さい」と言われて驚く。お俊の父・米次(石橋蓮司)が島抜けして江戸に舞い戻った。それを知ったお俊は、伝七に迷惑がかからないように身を引こうとする。一方行方不明になった同心の白骨死体が見つかり、伝七の調べによって、元岡っ引きの松蔵(本田博太郎)に嫌疑がかかる。15年前、米次を人殺しの罪で捕らえ、島送りにしたのも松蔵だった。伝七は松蔵を追う。

第9回「紫房(むらさきぶさ)、覚悟の返上」[終]
蘭学者を弾圧する南町奉行・鳥居甲斐守(榎木孝明)が襲われた。伝七(中村梅雀)の調べにより、蘭方医の息子・慎吾(堀井新太)が、無実の罪を着せられて処刑された父の無念を晴らそうと鳥居を襲撃したことが分かる。慎吾を捕えるのをためらう伝七。だが遠山左衛門尉(松平健)は「どんな理由があっても罪は罪」と諭し、犯人を引っ立ててくるよう告げるのだった。悩んだ末に伝七は十手を返上。一人鳥居一派の陰謀を暴こうとする。

キャスト

黒門町の伝七(中村梅雀)
お俊(田中美佐子)
がってんの勘太(徳重聡)
かんざしの文(上遠野太洸)
小春(原田夏希)
米次(石橋蓮司)
遠山左衛門尉(松平健)

脚本・主題歌など

【原作】陣出達朗
【脚本】森脇京子 山本むつみ
【音楽】沢田完
【主題歌】ももいろクローバーZ「Hanabi」

ページトップへ