プレミアムドラマ
「山女日記 ~女たちは頂を目指して~」

初回放送

2016年11月6日から放送[連続7回]
毎週日曜 夜10時   BSプレミアム

ストーリー

探し物は、そこにありますか?
人生の岐路に立つ女たち 癒しと希望の「山」ドラマ

もっと読む

各回のあらすじ

第1回「女ともだち~妙高山・火打山」
「山に登ってみませんか?もしかしたら、あなたの探し物もそこに」。会社員から転身した立花柚月(工藤夕貴)は単独の登山ガイド初日に臨む。目指すは日本百名山の「妙高山・火打山」。案内する参加者はデパート勤務の由美(上原多香子)と律子(馬渕英里何)、バブル世代の美津子(南野陽子)、神崎(温水洋一)たち。直子(かたせ梨乃)や年下の先輩ガイド・木嶋(黄川田将也)に見守られながらも、柚月はトラブルに見舞われる。

第2回「高嶺(たかね)の花~妙高山・火打山」
「妙高山・火打山ツアー」の2日目、登山ガイドの柚月(工藤夕貴)は美津子(南野陽子)の登山靴をきっかけに、結婚に迷う彼女と神崎(温水洋一)の奇妙な関係を知る。一方、デパート勤務の由美(上原多香子)と律子(馬渕英里何)もそれぞれが抱える問題が原因でついに決裂、山頂を前に思いがけない事件が起きる。そんな彼女たちの「水先案内」に孤軍奮闘する柚月も、かつての恋人・吉田(萩原聖人)の記憶を呼びおこす。

第3回「てっぺん~唐松岳」
登山ガイド・柚月(工藤夕貴)は木嶋(黄川田将也)から高度な登山技術の特訓を受ける。登山の覚悟を木嶋に問われ柚月は窮するが、陽菜(夏菜)が間に入る。商社に勤める舞子(佐藤藍子)が年下の恋人・大輔(武田航平)と北アルプス・唐松岳にやってくる。ふもとの山荘で柚月は舞子に偶然出会う。二人はかつて商社の同僚だった。商社をやめた柚月が登山ガイドに転身したと知り驚いた舞子は柚月をガイドとして雇うと言いだす。

第4回「ロマンチスト~唐松岳」
柚月(工藤夕貴)は唐松岳で偶然出会ったかつての同僚・舞子(佐藤藍子)から頼まれ、登山ガイドを引き受ける。柚月のガイドで舞子は年下の恋人・大輔(武田航平)と山頂を目指すが事故で足をくじいてしまう。木嶋(黄川田将也)に背負われ舞子は山小屋にたどりつくが、またもてっぺんを踏めないことを内心悔やむ。そんな彼女に大輔は予期せぬ告白をする。柚月も唐松岳で吉田(萩原聖人)と初めて出会ったころを思い出す。

第5回「雨女~白馬岳」
柚月(工藤夕貴)は白馬大池から白馬岳を目指すツアーをガイドする。ツアー客の美幸(井上晴美)は「雨女」と呼ばれコンプレックスを抱える妹の希美(佐藤めぐみ)を気にする。山を一緒に登るうち、ガイド志望の牧野(片岡礼子)や昔の登山スタイルにこだわる本郷(蛍雪次郎)たちの悩みも判明する。木嶋(黄川田将也)は健脚の女性・木村(丘みつ子)に四苦八苦する。柚月と木嶋のツアーが偶然出会いツアーは意外な方向に転がる。

第6回「分岐点~白馬岳」
白馬岳ツアー二日目、柚月(工藤夕貴)は前日断念した白馬岳登頂への再挑戦を決める。客の牧野(片岡礼子)と富江(丘みつ子)は白馬の頂を踏みたいと強く訴える。コンプレックスを抱えた妹・希美(佐藤めぐみ)と参加した主婦の美幸(井上晴美)の家族の問題も明らかになる。それぞれ苦悩を抱えて頂を目指す一行の前にまたも悪天候の兆しが現れる。木嶋(黄川田将也)から柚月はチーフの登山ガイドとして大きな決断を迫られる。

第7回[終]「頂を越えて~上高地・涸沢(からさわ)」
帽子作りの仕事も順調に滑り出す柚月(工藤夕貴)。行方不明だった夫の遺品が発見された直子(かたせ梨乃)は「下山祝い」を催し、木嶋(黄川田将也)に意外なことを告げる。直子の秘めた悲しみを知り柚月は自分の将来を迷う。かつての恋人・吉田(萩原聖人)との思い出の決着をつけるため柚月は涸沢(からさわ)へ向かう。そこは柚月にとって思い出のつまった「聖地」だった。柚月は木嶋と陽菜(夏菜)たちと涸沢へとたどり着く。

キャスト

立花柚月(工藤夕貴)
木嶋岳志(黄川田将也)
木嶋陽菜(夏菜)
如月直子(かたせ梨乃)
吉田真守(萩原聖人)

脚本・主題歌など

【原作】湊かなえ
【脚本】吉川次郎
【音楽】窪田ミナ

ページトップへ