土曜時代ドラマ
「みをつくし料理帖」

初回放送

2017年5月13日から放送[連続8回]
毎週土曜 午後6時5分 総合

ストーリー

大坂に生まれた天涯孤独な少女・澪(みお)が、料理の腕だけを頼りに江戸に行き、艱難(かんなん)辛苦を乗り越えながら、やがて一流の女料理人になるまでの波乱万丈の物語を8回連続で描きます。

もっと読む

各回のあらすじ

第1話「はてなの飯」
季節は秋。「つる家」という蕎麦屋の店主・種市(小日向文世)は腰を痛め、上方から来た女料理人・澪(黒木華)に板場を任せることになった。その初日、澪が張り切って作ったのは戻り鰹の時雨煮。しかし初物好きの江戸っ子は、初鰹は競って食べるものの、秋の戻り鰹は“猫またぎ”と言って口にしない。澪も種市も、一口食べてみたら戻り鰹の美味しさがわかってもらえると、必死に売り込むのだが…。

第2話「とろとろ茶碗(わん)蒸し」
料理の基本がなっていないと苦言を呈した小松原(森山未來)の言葉が耳から離れない澪(黒木華)は、自分の料理に足りないものはだしであることに気づいた。芳(安田成美)は手本になる味を体験させようと、江戸随一と言われる料理屋・登龍楼に澪を行かせた。最高位の汁を味わった澪は、どうやったらその味が出せるのか試行錯誤するが、なかなかいい味のだしが作れない。そこにおりょうの夫・伊佐三(小林正寛)がやってきて…。

第3話「三つ葉尽(づ)くし」
澪(黒木華)が発案した「とろとろ茶碗(わん)蒸し」が江戸の料理番付に載った。長年の夢がかなった種市(小日向文世)は大喜び。しかし評判をとったはずの「つる家」では急に客足が落ちる。つる家のとろとろ茶碗蒸しをまねた店が現れたのだ。その店の名は「登龍楼」。料理番付で大関をとった一流店だ。我慢がならない芳(安田成美)は登龍楼に客として入り、とろとろ茶碗蒸しを一口食べるやいなや、登龍楼の調理場に駆け込んで…

第4話「ほろにが蕗(ふき)ご飯」
つる家では、今日から「三つ葉尽くし」という献立を出すことになった。「三つ葉尽くし」は澪(黒木華)が試行錯誤を重ねてつくり上げた料理だが、これと同じ献立が昨日から登龍楼で出されていたことがわかる。しかも「三つ葉尽くし」という名前まで同じ。誰かが献立を登龍楼に漏らしたのか…。事情を悟った澪は、自ら登龍楼に乗り込んでいき、店主の釆女宗馬(松尾スズキ)に直(じか)談判するのだが…。

第5話「ひとくち宝珠(ほうじゅ)」
火事になったつる家は、澪(黒木華)の幼なじみ、あさひ太夫(成海璃子)の助けで元飯田町に新装開店、活気を取り戻す。一方小松原(森山未來)は嘉祥の儀でこしらえるお菓子の創作に悩んでいた。そんな時、坂村堂(村杉蝉之介)が富三(大倉孝二)という料理人をつる家に連れてくる。富三は、かつて天満一兆庵の江戸出店で料理人をやっており、芳(安田成美)の一人息子・佐兵衛(柳下大)が失踪した裏事情を知っていた。

第6話「う尽(づ)くし」
佐兵衛(柳下大)の失踪の謎を知っていた富三(大倉孝二)は芳(安田成美)からかんざしを預かり、それを金にかえて吉原に行き、佐兵衛の行方を調べるという。しかしそれは息子を心配する母心につけこんだ嘘(うそ)だった。富三を信用できない澪(黒木華)は芳のかんざしを返せと富三に迫るが逆に富三に突き飛ばされる。そこに又次(萩原聖人)が現れ富三の嘘(うそ)を暴く。かつて店の金を使い込んでいたのは佐兵衛ではなかった

第7話 「ふっくら鱧(はも)の葛叩き」
澪(黒木華)は源斉(永山絢斗)から吉原・翁屋に来て欲しいと頼まれる。翁屋の花魁(おいらん)あさひ太夫(成海璃子)あてに大坂から鱧(はも)が届いたが、誰も鱧の扱い方を知らないので、澪に料理して欲しいというのだ。澪は自分が作った料理を幼馴染みのあさひ太夫に食べてもらえるかもしれないと思い、その話を引き受ける。しかし翁屋の主人・伝右衛門(伊武雅刀)からは女の作った料理など客に出せないと断られる。

第8話 [終] 「寒鰆(かんざわら)の昆布締め」
つる家に料理の“腕比べ”の話が舞い込んだ。毎年料理番付を発行している版元が、甲乙付け難いつる家と登龍楼の料理に決着を付けるため、今年は両者の直接対決にしたいというのだ。登龍楼と言えば、澪(黒木華)が考えた献立を真似た料理を作っていたという因縁の相手。澪はこの話を引き受けた。両者に出されたお題は「寒鰆(かんざわら)」。料理の研究に没頭する澪だが、小松原(森山未來)の不穏なうわさを聞いて心が乱れて…。

キャスト

澪(黒木華)
小松原(森山未來)
永田源斉(永山絢斗)
芳(安田成美)
嘉平衛(国広富之)
佐兵衛(柳下大)
富三(大倉孝二)
種市(小日向文世)
ふき(蒔田彩珠)
おりょう(麻生祐未)
伊佐三(小林正寛)
あさひ太夫(成海璃子)
又次(萩原聖人)
伝右衛門(伊武雅刀)
菊乃(柳生みゆ)
清右衛門(木村祐一)
坂村堂嘉久(村杉蝉之介)
采女宗馬(松尾スズキ)
末松(毎熊克哉)
坂梨志摩守(山崎一)
駒澤弥三郎(波岡一喜)
早帆(佐藤めぐみ)

脚本・主題歌など

【原作】高田郁「みをつくし料理帖」
※文中、高田郁さんの「高」の字は「はしごだか」です。
【脚本】藤本有紀
【音楽】清水靖晃

ページトップへ