「Home Sweet Tokyo」

初回放送

2017年12月3日から放送[全4回]
毎週日曜 夜11時43分  総合

ストーリー

妻の父親と同居するために、ロンドンから東京に引っ越してきた英国人のブライアン36歳。キャリアウーマンの妻に代わって、慣れない土地で日々の食事作りや育児など、主婦の仕事を引き受けることを決意。ところがお風呂の入り方、通学、弁当の作り方ひとつとっても、摩訶不思議な習慣ばかり!

無口で強面の義父、幼いなりに懸命に馴染もうと努力する娘。ブライアンを優しく包み込む明るい妻。愛する家族のために、ブライアンは日本の習慣になんとか順応しようと奔走する。プライドをめぐる葛藤、すれ違いに勘違い・・・。

「隣の外国人」の目を通すと、東京での生活が、笑いに満ちた別世界に見えてくる!

もっと読む

各回のあらすじ

第1回「安全第一」
ロンドンから引っ越してきたばかりのブライアンは、たった6歳の娘アリスが1人きりで学校に通うことが心配でたまらない。「日本は安全だから大丈夫」と妻いつきに諭されるがどうしても納得がいかない。しかし町を歩いてみると、当初抱いていた“ハイテクな大都会・東京”というイメージとは裏腹に、路上でも、カフェでも、人々の細かい心配りによって町の安全が守られていることに気がついてゆく。

第2回「裸の付き合い」
妻の父親と同居するために、ロンドンから東京に引っ越してきた英国人のブライアン(BJフォックス)。日本の主婦業を必死にこなそうと奮闘するが、勝手が分からず失敗だらけの毎日。そんなブライアンに、妻のいつき(木村佳乃)は町の銭湯に行ってみることを訪れることを勧める。生まれて初めて訪れた銭湯でおっかなびっくり。一糸まとわぬ姿になったブライアンは、徐々に開放感に浸り、ついつい口を滑らせてしまう。

第3回「アリスのお弁当」
日本の小学校に転入したばかりのアリス。給食施設の改修に伴い、しばらく弁当を持って行くことになったのだが、どうも浮かぬ顔だ。イギリス人の父が作る弁当が、同級生たちのものと違いすぎるのだ。「タコさんウインナーを作って」とせがむアリスに、ブライアンは「ぼくの弁当はおふくろの味だ!」とまったく耳を貸そうとしない。気を揉(も)むいつきはある策を持ちかける。

第4回「家族の記念日」
ブライアン(BJフォックス)といつき(木村佳乃)の結婚記念日の夜、家族そろって食事に出かけることに。ところが出かけた先は、8年前、義父の恒夫(渡辺哲)に、想像を絶する恐ろしい日本料理の数々を食べさせられた因縁の店だった。なんとかプライドを保ちつつ、日本流の食事マナーをこなそうとするブライアンだったが、夜は意外な方向へ展開してゆく。

キャスト

ブライアン・ジェンキンズ(BJ フォックス)
ジェンキンズ・いつき(木村 佳乃)
松山 恒夫(渡辺 哲)
ジェンキンズ・アリス(アイラ・ローズ)

脚本・主題歌など

【脚本】吉田 照幸

ページトップへ