ドラマ10
「女子的生活」

初回放送

2018年1月5日から放送[連続4回]
毎週金曜 夜10時  総合

ストーリー

主人公はトランスジェンダー“女子”!
坂木司の痛快ガールズストーリーをドラマ化!
NHKドラマ初主演! 志尊淳
現代社会に生きる、等身大の「女子」を熱演!

“かわいい女子的な生活”に憧れ、田舎から都会に出てきたヒロイン・みきは、ファストファッション会社に働くOL。
でも、ひとつ大きな秘密があります。
それは、みきがトランスジェンダーであるということ。みきの性別は男性なのですが、見た目はスラリとした美人。しかし、男に興味がなく、好きになるのは女性、という“複雑な”人物なのです。
そんなみきのもとに、ある日、同級生だった後藤という男が転がりこんできます。みきの姿に戸惑う後藤ですが、ふたりはひょんなことから共同生活をおくることに・・・。
そんな奇妙な共同生活の中、みきにふりかかる「日常」に潜むいろんなモヤモヤを、おろおろする後藤をよそに、みきは圧倒的な自己肯定力をもって、ぶっとばしていきます。
ファッションの街・神戸を舞台に、破天荒で毒気たっぷりだけど憎めないヒロイン・みきと、ひと癖もふた癖もある登場人物たちとの“バトル”エピソードを、ポップに、明るく、コミカルに、そしてちょっと切なく描く、痛快ガールズストーリー!

もっと読む

各回のあらすじ

第1回
見た目は美しい女性だが、体の性別は男性で、女性が恋愛対象というトランスジェンダーのみき(志尊淳)はファッション企業に勤めるOL。同僚のかおり(玉井詩織)らと「女子的生活」を満喫していた。そんな時、同級生だった後藤(町田啓太)が突然、訪ねて来る。「お金がなく頼る人間がいないので助けて欲しい」と。みきは「合コン」セッティングを条件にしぶしぶ承諾する。そこに、ゆい(小芝風花)という女が現れ…。

第2回
みき(志尊淳)と後藤(町田啓太)は奇妙な同居生活を続けていた。ある日、後藤はみきに会わせたい人がいると言う。それはかつての同級生でミニーさん(中島広稀)と呼ばれていた男。「ニート状態で鬱っぽい彼を助けたい」のだと。その思いに負け、みきはまたまたしぶしぶ了承する。ミニーさんと会うみきたちだが、彼はみきのことをディスりはじめる。みきは「ただ自分たちを見下げたいだけなのだ」と見抜き、反撃にでて…。

第3回
仕事のトラブルで故郷・香住に戻ることになった、みき(志尊淳)。トラブルは解消するも、その相手の家族関係に、かつての自分を重ね合わせ、ブルーになる。一方、みきが家族にカミングアウトしていないことをかおり(玉井詩織)から聞かされた後藤(町田啓太)は、みきのことを心配し、香住へ。みきと再会した後藤だったが、降雪で電車が不通になり立ち往生。そんな時、みきは父・富生(本田博太郎)と偶然、出会ってしまう。

第4回[終]
突然、後藤(町田啓太)は家を出て行く。久しぶりの「女子的生活」を満喫するみき(志尊淳)だったが、どこか寂し気。そんな中、仕事関係でセレブパーティーに、みきとかおり(玉井詩織)はかり出されることになる。そこでマナミ(土村芳)という超お嬢様と出会う。マナミはみきのことを気に入るが、みきはマナミの天真爛漫(らんまん)さに気おされてしまう。そんなことを意にも介さないマナミは、みきの部屋に押しかけて来て…

キャスト

小川みき(志尊淳)
後藤忠臣(町田啓太)
かおり(玉井詩織)
仲村さん(玄理)
ゆい(小芝風花)
板倉(羽場裕一)

脚本・主題歌など

【原作】坂木司
【脚本】坂口理子
【音楽】鈴木慶一

ページトップへ