プレミアムドラマ
「平成細雪」

初回放送

2018年1月7日から放送[連続4回]
毎週日曜 夜10時  BSプレミアム

ストーリー

あの美しき四姉妹が、平成日本にあらわれる!
文豪・谷崎潤一郎の名作「細雪」が、バブル崩壊後を生きる女性たちの物語としてよみがえります。脚本は岸田國士戯曲賞・鶴屋南北戯曲賞受賞の蓬莱竜太。2018年の年始を飾る、華やかで美しく、せつないけれど笑えるゴージャスなスペシャルドラマです。

もっと読む

各回のあらすじ

第1話
平成4年春、大手企業マキオカグループの総帥・蒔岡(まきおか)吉次郎(長塚京三)による経営破たん記者会見が開かれた。大阪船場を代表する名家・蒔岡家は会社を人手に渡し、元禄以来の歴史を閉じた。本家を守る長女・鶴子(中山美穂)は、財産を切り売りせざるをなくなるも、かつての栄華の記憶を胸に誇り高く振舞い、夫・辰雄(甲本雅裕)を戸惑わせる。次女・幸子(高岡早紀)は芦屋の分家に暮らし、優しい夫・貞之助(神尾佑)に不満はないが、二人の妹に振り回されている。実らぬ見合いはすでに20回近い三女・雪子(伊藤歩)、そして、恋多き奔放な四女・妙子(中村ゆり)。雪子はこの日もある男との見合いに臨むのだが・・・

第2話
妙子は、駆け落ちまでした腐れ縁の啓坊(福士誠治)から指輪を送られるが、心は離れていき、写真スタジオを切り盛りする板倉(柄本佑)と急接近していた。その頃、幸子夫婦には、お見合い世話人・井谷(濱田マリ)から雪子の次の見合い話が持ち込まれる。野村(松尾スズキ)は、大学でマグロ先生と慕われているという男だったが、見かけは著しく老けており、周囲にかまわずマグロの話ばかりする奇矯な男に見えた。お見合いの後、野村は突飛な行動に出て幸子夫婦を驚かせる。翌日の晩、啓坊が分家に妙子を訪ねてきた。しかし妙子は暴風雨に巻き込まれ・・・・

第3話
妙子と板倉が逢瀬しているのを見とがめた啓坊は、妙子が板倉に贈った大切なものを壊してしまう。激しく二人をなじる啓坊。妙子の心は完全に啓坊から離れていった。今回の雪子のお見合い相手は、製薬会社の専務で、妻を亡くして娘と二人で暮らす橋寺(石黒賢)。新薬の開発に身を捧げ再婚を考える余裕もなかったという。お見合いの当日、結婚に乗り気でない弟の橋寺を責め、早口でまくしたてる姉(熊谷真実)にみな圧倒されていたが、理知的で穏やかな橋寺は、申し分のない男に見えた。後日、雪子は思いがけない行動に出る。その頃、本家の鶴子のもとに奥畑の父母が訪れていた。

第4話[終]
事故に巻き込まれた板倉の容態はかんばしくない。一方、雪子には新たなお見合い話が舞い込んでいた。井谷によると、相手は旧子爵家のお坊ちゃまで大手広告代理店に勤めているという。お見合い当日、現れた御牧(ムロツヨシ)は、冬なのに、ジャケットにネクタイ、半ズボンといういでたち。雪子らを案内したのは、庶民的な中国料理店だった。高貴な家の出とは思えない食事のマナーの悪さに、井谷は「お見合いおばさんを引退する」と落ち込むが、雪子はめずらしく会話が弾んでいるようだった。一方本家では辰雄の東京転勤が決まった。しかし、東京で姉が暮らせるわけがないと幸子は反対する。

キャスト

蒔岡鶴子(中山美穂)
蒔岡幸子(高岡早紀)
蒔岡雪子(伊藤歩)
蒔岡妙子(中村ゆり)
奥畑啓三(福士誠治)
板倉潤一(柄本佑)
蒔岡辰雄(甲本雅裕)
蒔岡貞之助(神尾佑)
瀬越徹(水橋研二)
蒔岡吉次郎(長塚京三)
野村博実(松尾スズキ)
橋寺誠(石黒賢)
御牧久麿(ムロツヨシ)

脚本・主題歌など

【原作】谷崎潤一郎「細雪」
【脚本】蓬莱竜太
【音楽】稲本響

ページトップへ