BS1 ワールドウオッチング - WORLD WATCHING -

9月19日(水)

アルゼンチン “破綻”を回避することができるのか

アメリカの利上げをきっかけに新興国の通貨急落が相次いでいる。中でも深刻な事態に陥っているのがアルゼンチン。金融市場では債務不履行の可能性がささやかれ、市民の間では物価上昇への不満が高まっている。マクリ大統領は、IMF=国際通貨基金から融資を受けることで合意しているが、過去に厳しい財政緊縮を求められたことから、国民の間からはIMFの支援に反対する声も上がっている。アルゼンチンは、この危機を乗り越えることができるのか。現地から報告する。

関連記事

ページの先頭へ