BS1 ワールドウオッチング - WORLD WATCHING -

6月21日(木)

どうなる原油価格?潮目のOPEC総会を前に

トランプ政権がイランに対する制裁を再開するとしたことから、イランの原油供給が減ることを見込んで、原油価格が一時3年5か月ぶりの高値を付けた。こうした中、22日から開かれるOPEC(石油輸出国機構)の総会では、原油の増産を打ち出すのかどうかが焦点となっている。総会ではサウジアラビアが増産を主張し、イランなどは反対するものとみられている。今後の原油価格の行方を左右するOPEC総会を前に各国の思惑を伝える。

関連記事

ページの先頭へ