BS1 ワールドウオッチング - WORLD WATCHING -

7月25日(水)

国連・ドローンでアフリカを変える ~ユニセフの挑戦~

空からの映像撮影や農地での農薬散布などさまざまな分野で活用が広がるドローン。今、国連がそのドローンに注目している。2030年までに世界から貧困や格差をなくそうという持続可能な開発目標=SDGsの達成の切り札と期待を寄せているのだ。ユニセフがアフリカの最貧国のひとつマラウィで大学や企業と共同で始めた実験では、マラリアの感染予防や農業生産性の向上をめざす。ドローンで人々の暮らしをどのように改善できるのか、取り組みの最前線を伝える。

関連記事

ページの先頭へ