BS1 ワールドウオッチング - WORLD WATCHING -

10月30日(火)

外国企業の参入に勝ち抜く東南アジアの“ユニコーン企業”

アメリカや中国の大手企業がこぞって参入する東南アジアの巨大市場で、厳しい競争に勝ち抜き急成長しているのが“ユニコーン企業”と呼ばれる生活関連ビジネスだ。その代表格がシンガポールの配車大手「グラブ」。米大手・ウーバーとの競争にも打ち勝ち、創業からわずか6年で東南アジア8カ国230以上の都市で圧倒的なシェアを誇るまでに至った。その強さは各国特有の交通環境に徹底的に即したサービス展開にある。地域性を武器に外国企業と渡り合う東南アジアのユニコーン企業の可能性に迫る。

関連記事

ページの先頭へ