BS1 ワールドウオッチング - WORLD WATCHING -

11月15日(木)

ペルー フジモリ一族に何が?

日系人としてはじめて南米ペルーの大統領に就任後、日本大使公邸占拠事件を解決し、英雄として称えられたアルベルト・フジモリ氏。しかし、強権的な政治手法に批判が集まり失脚。治安部隊に市民を殺害させた罪などで収監され、去年12月に恩赦が与えられ釈放されていたが、先月、ペルー最高裁は恩赦を取り消し再び収監されることに。さらに野党ながら最大政党を率いる長女のケイコ氏も大手ゼネコンから不正な金を受け取った疑いで逮捕された。フジモリ一族をめぐる状況に何が起きているのか。背景にあるペルー政界の動きに迫る。

関連記事

ページの先頭へ