BS1 ワールドウオッチング - WORLD WATCHING -

12月14日(金)

中国海洋進出の新拠点  ~パキスタン・グワダル港~

中国「一帯一路」構想の重要な戦略拠点と位置付けられている、パキスタン南西部グワダル港の独占取材がこのほどNHKに認められた。中国の国有企業に管理権が43年間譲渡されており、中国人専用の居住区が設けられるなど、さながら“小さな中国”。中国からの援助で停滞する経済の底上げを図りたいパキスタン政府と、経済成長に欠かせない輸送ルートを確保したい中国の思惑の一致を象徴する場所だ。一方で、先月には、カラチの中国総領事館が武装組織に襲撃される事件も発生するなど中国の急速な進出は反発を招いている。巨大プロジェクトの行方に迫る。

関連記事

ページの先頭へ