BS1 ワールドウオッチング - WORLD WATCHING -

12月20日(木)

どうなる巨大実験施設・国際リニアコライダー~日本の誘致は?

世界の科学研究の行方を左右する巨大研究施設の誘致をめぐって、国や学術界が揺れている。国際研究プロジェクト「ILC=国際リニアコライダー」は、光速に加速した素粒子を正面衝突させて「宇宙の成り立ち」に迫ろうとするもので、全長20kmに及ぶ直線の加速器が必要となる。日本では過去に例のない規模の巨大研究施設で、岩手県の北上山地が候補地となっている。しかし、建設費用は7000億円とも言われ、アメリカでは過去に撤退した例もあるほど、巨額の建設費がかかることが問題となっている。科学技術の発展はどういう形で進めるべきなのか。ILCの議論を通して、科学振興のあり方を考える。

関連記事

ページの先頭へ