BS1 ワールドウオッチング - WORLD WATCHING -

12月21日(金)

鉱物資源が豊富なコンゴ民主共和国 大統領選挙で安定は?

アフリカ中部コンゴ民主共和国で、今月23日(日)大統領選挙が行われる。現職のカビラ大統領は2001年に暗殺された父親の後を継いで以降、17年間も権力の座に座り続ける。今回は選挙には出ず民主主義を尊重している喧伝するが、カビラ氏は自分の後継候補として腹心の元内相を擁立。有力な野党候補2人が追い上げているものの苦戦を強いられている。激しい人権弾圧が起きているとして国際社会から批判されているコンゴ民主共和国。選挙をきっかけに変わるのか?現地からのリポートで伝える。

関連記事

ページの先頭へ