BS1 ワールドウオッチング - WORLD WATCHING -

2月19日(火)

ポリオ 終わりなき戦い

30年前、世界で35万人の患者がいたとされる「ポリオ」。ワクチンの予防接種が普及し、各国で根絶が進んだものの、一部の国では今も感染が終息していない。その一つがパキスタン。今も多くの子どもたちが「小児まひ」に苦しめられている。ワクチンの接種が進まない背景にあるのは、保守的な地域に根付く偏見や不信感。更に、2011年のオサマ・ビンラディン容疑者の殺害の際に、アメリカの情報機関がワクチン接種を行う「ポリオワーカー」にふんした協力者から手がかりを得ていたとされ、地接種キャンペーンは、外国のスパイ活動の一環だという陰謀論が根強いという。ポリオとの戦いの最前線に密着した。

関連記事

ページの先頭へ