BS1 ワールドウオッチング - WORLD WATCHING -

2月26日(火)

“日本人の国連職員を増やせ”

日本政府がニューヨークを舞台に日本人の国連職員を増やすための作戦を本格化させている。国連大使が各国連機関の幹部を訪問して日本人の採用を増やすよう要請している一方で、現地の日本人を対象にした国連就職ガイダンスを開催するなどの取り組みを活発化させている。今、アメリカが国連から距離を置いているのを横目に、中国が国連での影響力を拡大させ、地域担当の特別代表などの要職に中国人が指名されるケースが相次いでいる。こうした中、日本人職員を増やそうと奮闘する日本の国連代表部の取り組みを伝える。

関連記事

ページの先頭へ