BS1 ワールドウオッチング - WORLD WATCHING -

7月12日(木)

トランプ政権 対イラン制裁の波紋

「イラン核合意」から一方的に離脱したアメリカのトランプ政権は、日本を含む各国に対し、イラン産原油の輸入を完全に停止するよう要求している。一方、イランは、核開発の大幅な制限に見合う経済的な利益が得られなければ、核合意から離脱する意向を表明している。核合意は存続できるか、世界経済への影響は。日本、および、各国の対応を考える。
出演:出川展恒(解説委員)

関連記事

ページの先頭へ