あなたはどう答える? 就活で出題される問題に挑む!

全問リアル 就活Q

【再放送】4月29日(月)[総合]前1:05~1:50 ※日曜深夜
初回放送:3月2日

「あなたの魅力を短歌で表現してください」
「坊主頭にくしを売るためにどうしますか」

この質問に、あなたならどう答えますか? 実はこれ、実際に就職面接で聞かれたこと。
人生最大のイベントともいえる「就活」は、実は学生だけでなく、企業にとっても一大事で、各社就職試験にさまざまな工夫をこらしているのです。

3月1日は、就職活動解禁日…ということで、その翌日の夜にNHKではこんな特集番組を放送します。その名も「全問リアル 就活Q」!

この番組では、お笑い芸人や人気アイドルたちが、クイズ形式で超リアルな就職試験に挑戦! 有名企業の人事担当者たちが実際に出題したり、面接をしたりしていきますよ~!!

実際の人事担当者と面接も!

今回は、番組に出演するカズレーザーさんと、映画『カメラを止めるな!』で一躍脚光を浴びた女優・しゅはまはるみさんにインタビュー。収録直後ほやほやの感想を聞いてきました。

 事前レクチャーなし!ぶっつけ本番で入社試験に挑む

──収録お疲れさまでした!数々の入社試験に挑戦された、率直な感想を教えてください。

カズレーザー: 「就職しなくてよかったなぁ」とつくづく思いました。すごく大変なんですね、就活というのは。僕、それを今回の収録で改めて実感しました。詳細は何も聞かされず、ぶっつけ本番で面接を受けさせてもらった感覚としては、面接官に「あれ?こいつ何を言ってるんだろう?」って顔をされたような気がします。それをすご~くオブラートに包んで、「発想が素晴らしいですね」という言葉を引き出すことに成功しました(笑)。

しゅはまはるみ:クイズ番組は初めてだったので、すごく緊張しました!本当に事前に問題を教えてもらえないんですね(笑)。がんばらなきゃ!というアドレナリンがワーッと出て、自分でも何を言ったか覚えてないです。 昨日、たまたま見ていたドラマに就職活動に励む男の子が出ていたのですが、その彼は何十社も落とされ続けていて。今日実際に問題を解き、「この問題で落とされたって、人間性なんか何にも否定されてないよ!大丈夫!」って気持ちになりましたね。

 「就活」に関する意識が変わった部分も…

──普段クイズ番組に多数出演されていらっしゃるカズレーザーさん。いわゆる一般的なクイズ番組と今回の「就活Q」、考え方や思考の違いはどうでしたか?

カズレーザー: 就活の面接って答えがないというか、間違いもなければ正解もないって言うじゃないですか。その場で、その人の人となりを見ることが出来ればいいことだと。でも、少なくとも「就職試験」という以上、企業側は正解を持っていると思うんですよ。それを探っていく…といううえでは、出題の形式は違えど、発想の違いはそんなにないと思いますね。僕自身も、今回相手の求めている答えを探る感じで答えていました。

また、漠然とどの企業も優秀な人材を求めていると思うのですが、「優秀な人材」って言葉が包括する範囲があまりにも広いですよね。学生がそこを目指しにくい、目標を立てづらい気がします。例えば、A社では高い評価を得ても、B社ではまったく必要とされないというケースもある。今日いろいろなパターンの問題を解いていて感じました。

実際にコンサルティング会社の就職試験で出題されたグループワークも実践!

──しゅはまさんは就職活動未経験だそうですが、今日の収録で「就活」に対するイメージは変わりましたか?

しゅはまはるみ:すごく変わりました!問題には各社の個性が出ているから、こっちが企業を選ぶときの指針のひとつにもなるんだなと初めて知りました。

役者をしているとオーディションをいっぱい受けますが、オーディションって緊張したり、良い所だけ見せようとしたりするのが、絶対良くないんです。「失敗したときがかわいらしかったから」という理由で採用されることもあるんですよ。なので、企業の試験や面接とかでも、その人の「人間」を見ているんじゃないかな? という気もするので、緊張しないで失敗してもいいんだよ~って事前に知らせてあげてほしいです(笑)。
とはいえ、オーディション前には対策を一応練ったりもするので、もしかしたら就活とオーディションって似ているかもしれませんね。

 「就活Q」で就活の勝率アップに!?

──ちなみに、ご自身が学生を採用する企業側の人間だったら、学生にどんなことを問いたいですか?

カズレーザー: そうですね…僕はシンプルに、数学の問題を解いてもらいたいと思います。学力、数学力ってすごく重要かと。絶対的に数学が出来る人は頭が良いので、それをクリアしていただいたあとで面接とか、しゃべってみてって感じですかね。そんなに発想力は求めていません。本当に発想力が高い人は、起業とかしたいと思うので。

しゅはまはるみ:率直に「おいしいものは好き?」ってまず聞きたいです。私が食べることがすごく好きなので、なにか相談したいことがあっても、ご飯を食べながらのほうがたくさんアイディアが浮かぶ気がするし。一緒においしいものを食べられる人がいいなって思います。…あれ、これって彼氏探し?(笑)

──最後に、視聴者のみなさんへメッセージをお願いします!

カズレーザー: 特に就活に臨む学生さんに楽しんでいただけるような番組になっているのですが、試験の場で出来ることって限られると思うんです。孫子の「敵を知り、己を知れば百戦危うからず」という言葉の通り、敵(会社)を知って己を知ることは一番大切なこと。いま実際にどんな試験が行われているのか知るのは、とても大事なことではないでしょうか。

そして、どうしても行きたい会社があっても、そこで自分がどうしても受からない試験をやっているのであれば、エントリーシートを出してもしんどいですよね。だから興味のある分野で、なおかつ自分に合った会社、合格できそうなところを探るのも手かなと思います。この番組を参考にして、ぜひ就活の勝率をあげていただけたらうれしいです。

しゅはまはるみ:就職することってゴールではないと思うんです。就職活動をがんばることはもちろんですが、その前に自分が本当にやりたいことを見つけて、そのやりたいことがやれるかもしれない企業を一生懸命探して出会ってくれたらいいなって思います。ただ、希望の会社に入れなかったり、志望とは全然違う企業でも「入社してみたら活躍できる部署があった!」とかテレビドラマでもよく見るので(笑)、考えをこり固めずに、視野を広げていろいろな人の話を聞いてみるのもいいんじゃないかなって。ヒントは、きっと毎日のなかに転がっていると思います。

出演した『カメラを止めるな!』の上田慎一郎監督が、「ポンコツを集めた」っておっしゃっていました(笑)。実際、本当にそうだなって思います。言うなれば、上田社長率いる会社に、ポンコツばかりの私たちが勤めたというか。にもかかわらず、一つの形を作り上げることができたし、それが人にも認めてもらえるような作品になりました。だからもし、就活で落ち込むところがあっても、自分のダメなところを愛してあげられるようになったらいいのかもしれないですね。それが自信につながるかもしれません。

いったいどんな問題が繰り広げられるのか!? 自分だったらどう答えるかな…と考えながら、一緒に楽しみながらご覧ください!

「全問リアル 就活Q」

【放送日】3月2日(土)[総合]後9:05
【再放送】4月29日(月)[総合]前1:05~1:50 ※日曜深夜
【出演】カズレーザー、しゅはまはるみ、パトリック・ハーラン、超特急 タカシ、百田夏菜子、ヨッピー、藤本隆宏 ほか

▶ 番組ホームページ

NHKではほかにも、就活応援番組を放送!また、ニュースサイト「NHK NEWS WEB」にウェブページを開設し、ニュース番組などと連動して就活に実践的に役立つ情報を提供します。

詳しくはこちら

取り上げた番組はこちらです!

その他の注目記事