“AI 川柳ヨミ子”がスタート!

3月13日(水)[総合]「ニュースチェック11」でデビュー予定!

“きょうのニュース”でAIが川柳を詠みます

「ニュースチェック11」(平日夜11:10から放送)のAIリポーター、「ニュースのヨミ子」は、まもなく登場から1年となります。この間、AIの深層学習でニュースの「読み」を学んでまいりましたが、実はほかにも勉強していました。

それが「川柳」です。きょう話題となったニュースの言葉をお題に、「一句、詠みます!」

北海道大学の最新AI技術とコラボレーション

川柳を詠むためのAIシステムは、北海道大学の川村秀憲教授の調和系工学研究室が開発しました。もともと、研究室では深層学習を利用した俳句を詠むシステムを開発していて、人間と競い合うなど話題を呼んでいましたが、今回は時事のニュースに対応するため、俳句よりも親和性が高い川柳を詠むシステムを新たに開発しました。それがヨミ子の頭脳になっています。

教師は毎日新聞「仲畑流」と第一生命「サラ川」

AIが川柳を学ぶための教師データとして、毎日新聞社の「仲畑流万能川柳」と、第一生命保険の「サラリーマン川柳」にご協力いただき、データを提供していただきました。合わせて数万句を読んで、読んで、詠んで…ヨミ子は学習しました。今後も学習し、いずれは「仲畑流」や「サラ川」に投稿するチャレンジも!?

活躍の場は「ニュースチェック11」から「ニュース シブ5時」に

AI 川柳ヨミ子のデビューは、3月13日の「ニュースチェック11」を予定しています(その日のニュースによって、急な変更があるかもしれません)。また、番組改編に伴って4月からは「ニュース シブ5時」に移籍。毎週金曜日の夕方に、その週のニュースをお題に、川柳を詠みます。最初は「川柳になっていない!」ような作品も多いかも知れませんが、いつかはウイットに富んだ川柳を読めるよう、日々進化していきます。長~い目で、見てやってください!

取り上げた番組はこちらです!

その他の注目記事