【生アフレコ】声優たちとガンダムの魅力をたっぷり!

#声優ぷらす×機動戦士ガンダム THE ORIGIN

4月21日(日)[総合]前0:05 ※土曜深夜

話題のアニメの声優が生放送に登場する「#声優ぷらす」。

4月29日(月・祝)より総合テレビで放送が始まる「機動戦士ガンダム THE ORIGIN 前夜 赤い彗(すい)星」に先駆けて、ガンダムシリーズでおなじみの声優・古谷 徹さんをはじめ、福圓美里さん、三宅健太さん、喜山茂雄さんがスタジオへ! セリフの生アフレコやトーク、さらには「声のワザ」の競演で作品の魅力をたっぷりご紹介します!

今回は柏木敦子プロデューサーに、番組の魅力や見どころをお聞きしました!

 古谷さんの“少年声”を再び!

──声優さんがアフレコする姿をメインとした番組は珍しいと思うのですが、番組の立ち上げはどんなところからだったんですか?

私自身、アニメ番組の制作をしていたこともありまして、出来上がったものだけではなく、作っている過程も見てきました。その中で声優さんの、役を瞬時に演じ分けする姿、役の“動きは作れない”という中でのお芝居、存在しないモノを演じる想像力、さらに細かいことですが、3~4本しかないスタジオマイクに入れかわり立ちかわり声を収録するマイクさばきなど、職人技とも言える姿をお見せできるような番組があったらいいなと思っていたんです。

さらに、声優のみなさんは「キャラクターあっての声」「絵と声はセット」ととらえている方が多く、そういった役への思いや作品と向き合い試行錯誤している姿など、役を演じながらお話いただける場が作れたら…とも思って企画しました。

アムロ・レイ役の古谷 徹さん、フラウ・ボゥ役の福圓美里さん

──今回の生アフレコの見どころを教えてください!

“オリジン”は、ガンダムシリーズ第1作の「機動戦士ガンダム」以前を描いた作品です。第1作でのアムロは15~16歳だったので、その前となると本当に少年期なんです。昨年放送した「全ガンダム大投票 40th」でも、古谷さんは少年期~大人になったアムロの声を多彩にあててくださいました。古谷さんの“少年声”がまた聞ける! というのは、見どころのひとつだと思います。

また、生アフレコでどんなセリフを披露していただくか、視聴のみなさんがお手元のテレビのリモコンやスマホの投票画面で選べるというのも、この番組のだいご味かなと思っています。キャラクターの喜怒哀楽、そして声優さんたちが瞬時に役に入る様子も見られますので、できればみなさんにも生でご覧いただき、投票に参加していただきたいですね。

それから今回も、スタジオにいるみなさんで懐かしの洋画に声をあてるということも企画しています。前回、福山潤さんが「オズの魔法使い」のドロシーの声をあてて、大きな反響をいただいたということもあり、意外な役なのか、それともぴったりな役がいいのか、制作陣もまだ悩んでいる段階です(笑)。誰がどの作品を、どの役を演じるか楽しみにしていてほしいです!

ドズル・ザビ役の三宅健太さん、ランバ・ラル役の喜山茂雄さん

──ちなみに、ネットでの反響は番組側には届いているんでしょうか?

見てくださるみなさんが同じ時間に一緒に楽しんでくれたらいいなと思い、ハッシュタグにも使えるように、番組のタイトルは「#声優ぷらす」にしました。そのハッシュタグをたよりにコメントは見させていただいてますし、みなさんの熱い思いは本当に番組の力になっています。

今回もせっかくの生放送なので、データ放送にも参加しつつ、ネットでつぶやきもしつつ、ご覧いただけたらうれしいです。不定期番組なので、イベントのような感覚で一緒に楽しんでいただければと思います!

番組のMCは、市川紗椰さんと小松宏司アナウンサー。解説は、ガンダムと言えばこのお方、アニメ・特撮研究家で、明治大学大学院特任教授の氷川竜介さんです。どうぞお楽しみに~!

「#声優ぷらす×機動戦士ガンダム THE ORIGIN」

【放送予定】4月21日(日)[総合]前0:05 ※土曜深夜

▶ 番組ホームページ

取り上げた番組はこちらです!

その他の注目記事