《2020年大河ドラマ》
“戦国武将&戦国の華” 出演者発表

大河ドラマ 麒麟(きりん)がくる

大河新時代──

記念すべき2回目の東京オリンピックが行われる2020年──
21世紀の日本にとって大きな節目を迎える年です。
そのメモリアル・イヤーに、大河ドラマで最も人気の高い「戦国時代」をはじめて4Kでフル撮影、従来とはまったく異なる新しい解釈で英雄たちを描く、まさしく「大河新時代」の幕開けともいえる作品が第59作「麒麟がくる」です。

「麒麟がくる」は、大河ドラマの原点に戻り、戦国初期の群雄割拠の戦乱のなか、各地の英傑たちが天下を狙って、命をかけ愛をかけ戦う、戦国のビギニングにして「一大叙事詩」です。

脚本は、第29作「太平記」を手がけた池端俊策のオリジナル。
大河ドラマとしては初めて智将・明智光秀を主役とし、その謎めいた前半生にも光があてられます。
物語は、1540年代、まだ多くの英傑たちが「英傑以前」であった時代から始まり、丹念にそれぞれの誕生を描いていきます。

若き明智光秀、織田信長、斎藤道三、今川義元、そして秀吉が、家康が、所狭しと駆け巡る……。
「麒麟がくる」──新たな時代の大河ドラマの始まりです。


❖ 美濃

長谷川博己

長谷川博己

明智光秀
(あけち・みつひで)

身分が高いとは言えない美濃の明智家に生まれるが、勇猛果敢な性格と類まれなる知力を、美濃を牛耳る斎藤道三に見いだされ、道三の家臣として重用されるようになる。やがて、主君として付き従った道三が討たれると、美濃を追われるが、後半生の主君・織田信長と出会ったことで彼の運命が大きく動き出していく。

木村文乃

木村文乃

煕子(ひろこ)

光秀の正室。美濃の土豪・妻木氏の娘。戦乱に明け暮れ疲弊する光秀の心の支えとなる女性。

南 果歩

南 果歩

深芳野(みよしの)

守護代・斎藤道三の側室。斎藤高政(義龍)の実母。そもそもは守護・土岐頼芸(とき・よりのり)の愛妾あいしょうであった。ゆえに高政は自分の出自について疑いを抱いている。

村田雄浩

村田雄浩

稲葉良通(一鉄)
(いなば・よしみち/いってつ)

美濃三人衆と呼ばれた斎藤道三有力家臣の一人。はじめ土岐頼芸の家臣であったが、のちに道三の家臣となった。道三の強引なやり方に不満を持っている。

徳重 聡

徳重 聡

藤田伝吾
(ふじた・でんご)

明智家に仕える家臣。実直な性格だが、戦闘能力は非常に高く、常に光秀のそばに寄り添う。


❖ 駿河

片岡愛之助

片岡愛之助

今川義元
(いまがわ・よしもと)

「海道一の弓取り」の異名を持ち、強大な軍事力を持つ有力戦国大名。その家柄と参謀・太原雪斎(たいげん・せっさい)の後ろ盾により、道三たちがおびえる東海最強の戦国武将。


❖ 尾張

檀 れい

檀 れい

土田御前
(どたごぜん)

織田信秀の継室であり、信長とその弟・信勝(信行)の生母。うつけと言われた信長を疎み、弟・信勝ばかりを可愛かわいがっている。

佐々木蔵之介

佐々木蔵之介

藤吉郎
(とうきちろう)

のちの秀吉。最下層の農民であったが、持ち前の人懐っこさと庶民ならではの自由さを武器に、信長の家臣として頭角を現していく。光秀生涯のライバル。


❖ 大和

滝藤賢一

滝藤賢一

足利義昭
(あしかが・よしあき)

13代将軍足利義輝の弟。もともと将軍家の家督相続者以外の子として仏門に入っていたが、義輝亡き後、室町幕府最後の将軍として擁立される。政治的手腕に富み、抜群の先見性と外交力がある。


❖ 京

谷原章介

谷原章介

三淵藤英
(みつぶち・ふじひで)

室町幕府末期の幕臣(将軍奉公衆)。光秀の盟友・細川藤孝の異母兄。幕臣として、将軍・足利義輝、足利義昭に仕える。

眞島秀和

眞島秀和

細川藤孝(幽斎)
(ほそかわ・ふじたか/ゆうさい)

光秀の生涯の盟友。将軍奉公衆として室町幕府の再興に尽力する。当代きっての文化人であり、文武両道の人物。

吉田鋼太郎

吉田鋼太郎

松永久秀
(まつなが・ひさひで)

主に畿内きないを中心に勢力を広める戦国武将。軍事政治両面で力を発揮し、荒々しく、したたかな生き方で、若き光秀に大きな影響を与える。戦国三大梟雄きょうゆうの一人。


語り 市川海老蔵

市川海老蔵

2020年はオリンピックの年であり、
私事ではありますが襲名の年でもあります。
そのような節目の年にこのような大役をいただき、
大変光栄に思っております。
魅力的な作品づくりの一助となるよう、
精一杯せいいっぱいつとめさせていただきます。

十二世市川團十郎の長男として東京に生まれる。1983年歌舞伎座『源氏物語』の“春宮”で初お目見得。1985年歌舞伎座『外郎売』の“貴甘坊”を勤め七代目市川新之助を襲名。2004年歌舞伎座にて市川海老蔵を襲名。
日本の伝統芸能を次世代に伝えるべく、自ら企画した『古典へのいざない』『ABKAI』などの自主公演にも力を入れている。また国外では、パリ国立シャイヨー宮劇場(2004)にて十一代目市川海老蔵襲名披露公演を果たし、その後の海外公演は、ロンドン・アムステルダム(2006)、パリ・オペラ座(2007)、モナコ・オペラ座(2009)、ロンドン・ローマ(2010)、シンガポール(2014,2015)、アラブ首長国連邦(2016)、ニューヨーク・カーネギーホール(2016)にて出演する。2006年にローレンス・オリビエ賞にノミネート、2007年にはフランス芸術文化勲章シュヴァリエを受章。
歌舞伎だけでなくの映像の世界では、2014年に映画『利休にたずねよ』で、第37回日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞している。
また2015年より東京2020組織委員会文化・教育委員会委員を務めている。
2020年5月より十三代目市川團十郎白猿を襲名する。

題字 中塚翠涛

中塚翠涛

戦国時代におもいをせながら、荒々しく激動の世の中を生き抜いた明智光秀の内に秘めた強い想いと、その周りで支えた人々の姿を筆に託しました。
強さを前面に押し出さず、時代の空気感をどう表現するかということを意識しました。
ご依頼いただいた際、変化の波をどう乗り越えていくか?という点において、今回のドラマは今の時代と重なる部分がある、というお話があったことが、とても印象に残っております。
新時代の大河ドラマに関わらせていただけたこと、大変光栄に存じます。

書家。岡山県出身。4歳から書に親しみ、古典的な書法を取得。
筆の弾力と墨の無限のグラデーションに美しさを見いだし、和紙と墨のみならず、陶器、ガラス、映像など、幅広い手法で独自の表現を追求。
2016年12月にパリ・ルーブル美術館の地下展示会場「カルーゼル・デュ・ルーブル」で開催されたSociete Nationale des Beaux-Arts 2016では、約300平方メートルの空間に書のインスタレーションを発表し、「金賞」「審査員賞金賞」をダブル受賞。
テレビ朝日系「中居正広の身になる図書館」では「美文字大辞典」の講師として出演。
手がけた題字は、ユネスコ「富士山世界遺産」、映画『武士の献立』など多数。
TBSドラマ「SPEC」では書道監修を務める。

企画意図

王が仁のある政治を行う時に必ず現れるという聖なる獣、麒麟。
応仁の乱後の荒廃した世を立て直し、民を飢えや戦乱の苦しみから解放してくれるのは、誰なのか……
そして、麒麟はいつ、来るのか?
若きころ、下剋上の代名詞・美濃の斎藤道三を主君として勇猛果敢に戦場をかけぬけ、その教えを胸に、やがて織田信長の盟友となり、多くの群雄と天下をめぐって争う智将・明智光秀。
「麒麟がくる」では謎めいた光秀の前半生に光を当て、彼の生涯を中心に、戦国の英傑たちの運命の行く末を描きます。
従来の価値観が崩壊し、新たな道を模索する現代の多くの日本人に向けて、同じように未来が見えなかった16世紀の混迷の中で、懸命に希望の光を追い求めた光秀と数多くの英傑たちの青春の志を、エネルギッシュな群像劇として描き、2020年、新たな時代を迎えるすべての日本人に希望と勇気の物語をお届けします。
明智光秀とはいったい何者なのか?
麒麟は一体、どの英雄の頭上に現れるのか……

今、すべてが、始まる──

制作統括のことば
チーフ・プロデューサー 落合 将

「麒麟がくる」ついにクランクインしました! 熱気のあるお芝居が毎日撮影され、重厚な池端脚本が生き生きとした映像に日々たちあがり、私たちも「仕上がりが楽しみ」の一言です。そんな中、新たなスタッフ・キャストの発表です。
実写の劇映画やドラマは、基本的には「生もの」であり「出会い」の産物です。
ひとつの物語にそのときどきに旬な俳優さんやスタッフが集い、現場で火花を散らします。そのとき出会った俳優さんたちの「なま」な交錯の瞬間が、編集され、音加工され、ひとつの「映像世界」として立体的に記録されます。まさにその瞬間にしか撮れないものが一つの物語を形作る……そしてそれは二度と再現できない、ある種の「奇跡」なのかもしれません。
ほぼ全員が主人公、というような集団群像劇に新たな出演者の方々のご参加が決定しました。どの方も、ある意味「くせ者」ぞろいで、光秀役の長谷川さんはじめ、これまでに発表された方々と合わせて、「麒麟がくる」でどんな芝居の火花が散るのか、それぞれの組み合わせでわくわくする大変豪華なメンバーに集まっていただけたと思っています。
加えて題字は今最も旬な女流書道家の中塚翠涛さん。壮大さと繊細さが入り混じった中塚さんの書はとても日本的でもあり、東京オリンピックが行われる年にふさわしいものとなったと思います。
そして……語りは、放送年の2020年に十三代目市川團十郎白猿を襲名する、市川海老蔵さんです。大変多忙な年に、この台本なら、と特別に引き受けていただきました。
脂ののりきっている海老蔵さんに、トラディショナルかつ重厚な池端脚本の世界をエネルギッシュかつ鮮烈な語りで彩っていただきます。
日本にとって記念すべき年となる2020年に向けて、これ以上はない、といえるほどの「役者」がまさに出そろいました!「麒麟がくる」楽しみにお待ちください!

2020年 大河ドラマ「麒麟きりんがくる」

【放送予定】2020年1月より

【制作統括】落合 将

【演出】大原 拓、一色隆司、佐々木善春、深川貴志

【プロデューサー】藤並英樹、中野亮平

▶ 番組ホームページ

取り上げた番組はこちらです!

検索 NHKサイトでもっと探す

関連記事

その他の注目記事