恐竜CG制作の裏側【演出&CG・VFXチーム】

NHKスペシャル「恐竜超世界」

7月7日(日)、14日(日)[総合]後9:00

【再放送】
第1集 7月17日(水)[総合]前0:35 ※火曜深夜
第2集 7月18日(木)[総合]前0:55 ※水曜深夜

NHKの恐竜番組の集大成とも呼べる、NHKスペシャル「恐竜超世界」が7月に2週連続で放送されます!

7月7日(日)は「第1集 見えてきた!ホントの恐竜」、7月14日(日)は「第2集 史上最強!海のモンスター」と題し、最新科学の成果に基づいた全く新しい恐竜時代の風景を、それぞれ描き出します。

番組では、全体の3分の2を恐竜時代のCGで構成し、恐竜の世界をたっぷりお届け! 雄大な風景にCG・視覚効果をあわせて恐竜時代を再現し、まるでタイムトラベルしたかのような世界観をお楽しみいただけます。

この、思わず「本物!?」と思ってしまうぐらい、精巧につくられた映像制作の裏側を、3回にわたってお伝えしていきます。

第1回目となる今回は、番組ディレクターとCG・VFX担当者の話をご紹介します!

左から、日髙公平(CG制作)、松舟由祐ディレクター(第2集演出)、植田和貴ディレクター(第1集演出)、松永孝治(VFXスーパーバイザー・CGディレクター)

 「羽毛」が生えた恐竜がいた!?

──第1集が陸上、第2集では海が舞台とのことですが、それぞれどんな恐竜たちを取り上げるのか、詳細を教えてください。

植田D:大前提として、恐竜世界ではティラノサウルスやトリケラトプスのように、主に北米で知られてきた恐竜たちがスタンダードとされてきました。しかし、アジアでも恐竜界最大級の謎と呼ばれた「デイノケイルス」の巨大な2本の腕の化石が見つかっているんです。その全身の姿が数年前に初めて明らかになったのですが、そこからどうやらアジアにはこれまで知られていた恐竜とはちょっと違った恐竜たちがいて、それを取り巻く特殊な世界があったのでは? ということが浮かび上がってきました。

さらに、恐竜は虫類なので寒いのが苦手というイメージが先行しがちですが、実は北極圏にも賢い恐竜が生息していました。それが「トロオドン」です。アジアの特殊な恐竜・デイノケイルスと、北極圏で知恵を使って生きていたトロオドン。第1集でスポットをあてるこの2種には「羽毛」という共通のキーワードがあり、羽毛が恐竜の大進化の成功をもたらす鍵だった…という内容になっています。

デイノケイルスとトロオドン

松舟D:恐竜たちが陸上で生きていた時代、もちろん、海にも生きものがたくさんいました。第2集では海の巨大生物「モササウルス」を軸に、海辺の恐竜と海の巨大生物たち、その水際の攻防や暮らしを描いていきます。実際に戦いの痕跡のようなものも見つかり始めていることから、これまでの恐竜番組ではあまり見られなかった映像をお届けできる予定です。

モササウルス自体は正確には恐竜ではなく、恐竜とは別の進化を遂げてきた生きものです。彼らの繁殖は、卵ではなく赤ちゃんを産んでいたという話があり、番組の後半ではそのストーリーを盛り込みました。姿形はまるでモンスターのようにも見えるけれど、実は人間に近いような愛情も持っていたということを伝えられたらいいなと思っています。

 背景はニュージーランドでロケ!

──CGの背景はニュージーランドで撮影した景色だそうですが、なぜニュージーランドを選んだのですか?

松永:これまでの恐竜番組でも、背景は恐竜世界っぽい場所で実写撮影をし、恐竜や恐竜の動きに伴う周辺のあれこれをCGで作るという形で対応してきました。ただ、ロケが大体アメリカだったので、どうしても似てきてしまうんですよね。今回の「恐竜超世界」では、今までとは違う雰囲気を出したかったんです。

松舟D:そこで先生方と相談をしながら取材を重ねた結果、ニュージーランドであればイメージに近い風景を撮れることが判明しました。恐竜時代って荒涼として草木も映えていないと想像する方が多いと思うのですが、実は緑ゆたかな場所もあったとのこと。ニュージーランドはまさにぴったりでしたね。

──約40日に及んだというロケのエピソードや、感想を教えてください。

松永:ロケチーム自体は僕ら4人とカメラマン、ほか数人だけというかなり小規模です。出発する前に、植田さんには写真材料や先生の話をもとに、絵コンテを用意してもらいました。ただ、その絵コンテとまったく同じように撮影ができるわけではないので、現地では「この絵を撮っても足りないからこれを足そう」とか、アングルや編集まで意識しながらやっていましたね。

松舟D:僕は大学時代に恐竜の研究をしていたのですが、恐竜番組を担当したのは今回が初めてです。背景実写ロケも初で、単純に背景を撮るだけと考えていたため、すごく驚きました。実は、ロケの時点で恐竜の歩く早さまで全部計算されているんです。何メートルの距離にこのぐらいの大きさの恐竜がいるから、そこにピントを合わせて撮るとか。そうするとリアル感が全然違います。恐竜にピントが合い、なおかつ奥がボケている分、映像に奥行きが出るというか。本当に驚きです。

日高:僕も松舟さんと同様、初めて背景実写ロケに参加しました。現地では松永さんが新しく導入したARアプリがとても便利でしたね。目の前に10メートルの恐竜がいるって言われても想像しにくいじゃないですか? そこでスマートフォンやタブレットにARで恐竜を表示させることで、大体のイメージが確認できるのでチームで共有しやすかったです。

ARで大きさをチェックしながら撮影することも。

 これまでにない「恐竜世界」に没入していただけたら…

──今回のロケで重要だったことは?

植田D:意外に思われるかもしれませんが、人間による「演技」です。このシーンはどんな映像のために撮ってきたのか…という意図をちゃんと残しておくためにも、僕ら自身でその場面に登場する恐竜になりきった演技バージョンも撮影しています。

ふざけているわけではなく、恐竜になりきっています!

松永:今回は恐竜の動きをつけるアニメーターの責任者にも現場に来てもらって、一緒に考えてもらいながら演技を実践しました。それにあわせてカメラの動きも決めていった形です。

植田D:人間による演技は、この番組における生命線といっても過言ではありません。誰も生きた恐竜を実際に見ていないから、それぞれのイメージは大なり小なり異なっているわけです。でも実際演技して動いてみると「その動きは違うんじゃない?」とか「もうちょっと歩くスピードをゆっくり」とか言える。そんな風にしてお互いのイメージを共有しながら、見解の相違を減らしていきました。

──最後に、みどころや注目ポイントをお願いします!

植田D:さまざまな分野で活躍する先生方を巻き込み、「化石」だけでは想像できないところまで調べ、踏み込んで番組を作っています。恐竜世界に没入していただけるような映像に仕上がっているはずです。また、恐竜のバトルで1分ぐらいの長尺カットも制作しているのですが、迫力の場面になっていると思いますので、ぜひご期待ください。

松舟D:“子どもたちや家族そろって楽しめる番組を作りたい”と思いながら取り組みました。個人的には描かれている恐竜や生き物たちの「目」がおもしろいと思っています。色や瞳孔の大きさ、バランス、黒目をどこに向けるかで見え方が全然違うんですよ。第2集では、特に親子愛など人間に近いところも描いているので、そのあたりにも目を向けていただけたらうれしいです。

松永:NHKでいくつか恐竜番組を担当してきましたが、「恐竜超世界」がこれまでと大きく違うのは、ストーリー性を持たせているところです。それに関連して、見てくださった方が感情移入しやすいように、メインになる恐竜に名前もつけ、感情や表情を大切に表現しています。恐竜たちの生きざまを楽しんでいただけたら幸いです。

日高:ほぼ出ちゃいましたが(笑)、「恐竜超世界」のホームページでARアプリを公開しているので、番組とあわせて恐竜に興味を持って楽しんでいただける企画になるんじゃないかなと思っています。僕自身、この番組に携わってどんどん恐竜を好きになっているので、大人も子どもも、この番組を見てもらえたら、きっといろんな話ができるんじゃないかなと思いますね。

ニュージーランドで撮影スタッフたちと記念写真!

NHKスペシャル「恐竜超世界」

【放送予定】[総合]後9:00~9:49
7月7日(日)第1集 見えてきた!ホントの恐竜
7月14日(日)第2集 史上最強!海のモンスター

【再放送】
第1集 7月17日(水)[総合]前0:35 ※火曜深夜
第2集 7月18日(木)[総合]前0:55 ※水曜深夜

▶ 番組ホームページ

取り上げた番組はこちらです!

関連記事

その他の注目記事