こんなにゆるい野球中継があったのか!

ゆる~く深く!プロ野球「阪神×ヤクルト」

7月19日(金)[BS1]後5:55

「ゆる~く深く!プロ野球」、通称「ゆるふか」は、いつもとは全く違うタイプの斬新なプロ野球中継番組! 一体どんなところが違うかというと…

【1】スタジオに元プロ野球選手の梨田昌孝さん、赤星憲広さん、井端弘和さん、髙橋尚成さん、さらに遠藤章造さん(ココリコ)、稲村亜美さんが集結し、野球中継を見ながらあれこれ好き放題に語ります! 実況&進行はプロ野球ファンにもおなじみの、工藤三郎アナウンサー!

【2】画面には常にTwitterハッシュタグ「#ゆるふか」とNHKオンラインの番組ホームページを通じて寄せられた、視聴者のみなさんの感想や素朴な疑問が常に表示される仕組み!

【3】いただいた感想、疑問に幅広~くお答えすべく、試合が行われる球場にはこの番組のためだけに6台のカメラを用意! スタンド席のお客さん、両軍ベンチ、ボールボーイ、はたまた球場名物グルメや花火などなど、試合の実況中継の本筋とは関係のないところでも自由自在にカメラを動かして、みなさんの問いを解決していきますよ~!!

【4】この番組はBS1のメインチャンネル101chで放送され、通常のプロ野球中継はサブチャンネル・102chで放送するというユニークさ。

こんな番組です↓↓

過去には「キャッチャーはボールを受ける瞬間、目をつぶるの?」といった質問に、キャッチャーの顔にクローズアップした映像をお届けしてみたり、ボールボーイのストッキングが気になるといえば、画面がすべてボールボーイの4分割になったりと(笑)、なんでもアリな「ゆるふか」。

今回はこの番組の実況&進行を務める、工藤アナウンサーにインタビュー! プロ野球をはじめ、長年スポーツ中継で活躍中の工藤アナは一体どんな心持ちで臨んでいるのか!? 「ゆるふか」ならではの楽しみや視聴者のみなさんへのメッセージなど、伺ってきました。

工藤三郎アナウンサー

 プロ野球中継の新しいスタイルを提案!

──2015年に始まったこの番組は、今回で放送5回目。最初にこの番組の企画を聞いたときはどのように思いましたか?

当時は、少しプロ野球の人気に陰りが出てきたのでは? とちまたで話題になっていたころでした。ちょうどさまざまなスポーツが盛んになってきていた時期と重なってもいたので、プロ野球そのものの人気が落ちてしまったのかもと危惧する声を耳にすることもありましたね。

ただ、テレビでの野球中継視聴率は低くなっているにもかかわらず、球場へ足を運ぶお客さんの数は増えていたんです。それはつまり、中継を見るよりも球場へ行ったほうがおもしろいとお客さんが思うようになってきている。ということは、プロ野球人気が低迷したと考えるのではなく、お客さん自身の野球の楽しみ方が、「中継を見ること」から実際に球場に行くスタイルへ変わってきているのではないかと…。

そこで今までとは違うアプローチをしていけば、既存のファンにも楽しんでもらいつつ、プロ野球ファンをもっともっと開拓できる可能性があるという思いが私たちスタッフの中に生まれていきました。そんな風にプロ野球中継の新しい見方、スタイルを提案する、思考してみるという気持ちで始まった番組が、この「ゆるふか」です。

スタジオではオルガンの生演奏や、球場の模型も。

 客席でビールを飲んでいるお客さんの横にいる気持ちで…

──放送中は実況、司会進行、Twitterコメントの紹介など、ふだんのプロ野球中継よりも工藤アナが担うことが増えていますが、そのあたりのご苦労は?

簡単とは申しませんけれども(笑)、基本的にはふだんの実況中継の「延長線」と考えています。中継でも試合実況のほか、解説者と話をしたり、あるいは選手個人やチームの情報を伝えたり、リポートをすることもあるので。

巨人軍で活躍し、監督もしていた川上哲治さんってご存知ですか? 僕は若いころ、あの冗談も通じないような川上さんに「工藤くんね、野球は所詮“娯楽”なんだから1時間に1回ぐらいはみんながにんまりするような、ニヤッとしたくなるような瞬間を加えたほうがいいんだよ」と言われたことがあります。そういうものなんですよね、野球ってもともとエンターテインメントの要素があるというか。

一方で、番組としては、きちんと野球を伝えていかなければなりません。例えば「この球場だったらこんなおいしい弁当があります」「子どもたちが飽きたら困るので、こんな施設がありますよ」なんて紹介することもあるわけですが、同時に野球そのものに集中して見たい瞬間が必ず訪れます。その切り替え、塩梅あんばいがとても難しい。試合の展開も緊迫感もひとつひとつの試合ごとにまったく違いますしね。

──この番組ならではの楽しみは?

Twitterや番組ホームページから寄せられるみなさんの反応が楽しいです。すぐに反応をいただけるのって、とてもうれしいんですよ。球場に立派にしつらえられた放送席ではなく、スタンドでビールを飲んでいるお客さんの横に座って「それおいしそうですね」と話しかける、そんな気持ちでやっている雰囲気がありますから。僕自身もとっても楽しんでやっています。

番組ではビールを飲みながら歓談中のお客さんの様子も見られます(笑)

 わからないことは、視聴者のみなさんに教えてもらう!

──放送の前には、何か準備をされていますか?

意外と準備、しているんです(笑)。話がどこに行っても大丈夫なようにといいますか。例えば、今回7月19日放送の試合球場は、甲子園。あのグラウンドはどうしてあんなに水はけがいいのだろうと考えると、グラウンド設備の管理会社のことも知っておかなければなりません。さらに甲子園ってもともとどんな地形だったんだろう? とか、球場が出来る前は川が流れていたようだけどどう流れていたのか、とか。野球とはちょっとそれた部分も考え始めたらキリがなくて、調べたくなるんですよね。いまお話していてふと思いましたが、ナイターのライトはどれぐらい離れたところから見えるのかな…?
こんな風に、半分はイマジネーションの遊びみたいなこともやって、当日臨もうという感じですね。

工藤アナ私物の資料も参考に、本番に臨みます!

──最後に、みどころ&メッセージをお願いします!

いまお話したように不確定要素がいっぱいあってですね(笑)、わからないところがいっぱい出てくるかもしれません。でもこの「ゆるふか」では、わからないところがあったら視聴者のみなさんに教えてもらえばいいという風に思っております。そのくらいゆる~くやっていきますので、みなさんお気軽にご意見・ご感想、「ここが見たい!」「あれはなんで?」などメッセージをお寄せいただき、助けていただけたらうれしいです(笑)。

そして、どうぞみなさんからも新しいプロ野球のおもしろみを私たちに教えてほしいですし、お互いにもっともっとプロ野球のすばらしい魅力を発見していこうじゃありませんか。

昨年放送した「楽天生命パーク宮城」では、観覧車からも中継

野球が好きな方も今まであまり縁はなかったという方も、さまざまな角度からゆる~く深くプロ野球中継を楽しめること間違いなし! 番組ではツイートが常に表示されているので、みんなで野球観戦している気分になりますよ♪
Twitterハッシュタグは「#ゆるふか」です。お楽しみに!

ゆる~く深く!プロ野球「阪神×ヤクルト」

【放送予定】7月19日(金)[BS1]後5:55

取り上げた番組はこちらです!

その他の注目記事