福島ゆかりの人々を演じる出演者決定!

連続テレビ小説 エール

2020年 春〜

連続テレビ小説 第102作「エール」は、昭和という激動の時代に、人々の心に寄り添う曲の数々を生み出した作曲家・古山裕一(窪田正孝)とその妻・関内 音(二階堂ふみ)の物語です。
のちに主人公・古山裕一の音楽の源泉となる、福島ゆかりの人々を演じる出演者が決定しました!

福島の家族

唐沢寿明

裕一の父

古山こやま三郎さぶろう
唐沢からさわ寿明としあき

老舗呉服屋「喜多一(きたいち)」の4代目店主。三男で、店を継ぐことはないだろうと思っていたが、長男次男が相次いで亡くなり、店を継ぐことに。子どもたちには自分の好きな道を歩んでほしいと願っている。

コメント

この「エール」で3回目の連続テレビ小説の出演となりますが、“昭和”“平成”“令和”とそれぞれの時代で出演させていただけることはとても光栄です。連続テレビ小説は時代が変わっても、どこか変わらない空気が流れていると感じます。主役の窪田君は数年前に共演してからいつも頑張っている姿を間近で見ていたので、今回、自分が何か力になれることがあるなら喜んで参加したいと思いました。役柄の父親としても、役者仲間としても成長する姿を見守っていきたいと思います。

菊池桃子

裕一の母

古山こやままさ/
菊池きくち桃子ももこ

連続テレビ小説初出演

織物で栄えた川俣で生まれた。兄の茂兵衛からの再三の養子要請と裕一の音楽の道を応援したい夫の三郎との間で板挟みとなり苦労する。

コメント

オリンピックイヤーに、声援や応援を意味するタイトルの「エール」に参加させていただくことは大変幸せなことです。私は裕一を、そして家族を「普遍的な母の愛」で精いっぱい包み込むように演じたいと思っています。テレビの前の皆様にも温かいエールが届きますように。

佐久本 宝

裕一の弟

古山こやま浩二こうじ
佐久本 さくもと たから

連続テレビ小説初出演

責任感が強く、経営が傾く「喜多一」を立て直そうとする。東京へと出ていく兄への反発もあり、福島に残って地元のために奮闘していく。

コメント

初めに、「エール」の台本を読ませていただいた時、胸が躍る感覚になりました。古山浩二という人間を生きられること、また、縁のある福島という地が古山家の舞台というのもすごくうれしいです。大先輩方のお力をお借りして、魂でぶつからせていただきます。

風間杜夫

裕一の伯父

権藤ごんどう茂兵衛もへえ
風間かざま杜夫もりお

まさの兄。川俣の銀行を経営する大実業家。子どもにめぐまれず、古山家の兄弟のどちらかを養子として権藤家に迎えたいと思っている。

コメント

「エール」という潔いタイトルに、作品に入る前から力がみなぎる。縁の深い福島の空気を肌に感じながら演じてみたい。主人公は窪田正孝君。信頼する役者だ。僕は彼の伯父役で、対立する頑固者らしい。本当は、心からのエールを送りたいのだが。

福島三羽ガラス 
裕一の幼なじみでのちの音楽仲間

山崎育三郎

裕一の幼なじみ

佐藤さとう久志ひさし
山崎やまざき育三郎いくさぶろう

連続テレビ小説初出演

裕一の小学校の同級生で、県議会議員をつとめる裕福な家の息子。のちに東京の音楽学校を卒業し、歌手となって裕一の曲を歌い人気を博す。

コメント

古関裕而さんの親友で、日本を代表する歌手・伊藤久男さんをモデルにした佐藤久志役として出演させていただきます。憧れの連続テレビ小説初出演、大変光栄に思います。子供の頃から芝居と同じだけ歌を歌ってきた僕にとって、この役との出会いは宝です。歌手という役柄に初めて挑戦するので、芝居と音楽に誠実に向き合い、佐藤久志としてこの時代を懸命に生きたいと思います。

中村 蒼

裕一の幼なじみ

村野むらの鉄男てつお
中村 なかむら あおい

連続テレビ小説初出演

魚屋「魚治(うおはる)」の長男。父親の仕事を手伝って魚を売り歩く。けんかが強く近所のガキ大将だが、一方で詩を愛する優しさを持っている。のちに作詞家となり裕一、久志とともに福島三羽ガラスと呼ばれ人気を博す。

コメント

さまざまな物事に対して、悩んで後ろ向きになってしまったり立ち止まったりしてしまうことが多い自分ですが今作の台本を読んで登場人物の台詞せりふや行動に力をもらいました。そのような作品に携われる喜びを感じております。そして自分が今作からもらった力を視聴者の皆さんにも届けられたらなと思っています。

恩師

森山直太朗

裕一の恩師

藤堂とうどう清晴きよはる
森山もりやま直太朗なおたろう

連続テレビ小説初出演

裕一の小学校の担任。音楽教育に情熱を傾けている先生で、裕一の作曲の才能をいち早く見いだして応援する。裕一が大人になってからも良き相談相手となり、音楽の道を応援する。

コメント

台本を読んで、自分にとってはモノクロームな時代を生き抜いた音楽家・古関裕而さんの葛藤と成長、そしてそれを取り巻く人々の活気ある姿が確かな色彩を持って感じ取れました。劇中にも度々出てくるオルガンやハーモニカを奏でるように、スタッフや出演者の皆さんと一つ一つ感情を積み上げていけたらと思います。


窪田正孝

主演

古山こやま裕一ゆういち
窪田くぼた正孝まさたか

福島で代々続く老舗呉服屋の長男。気弱でいじめられがちな少年だったが、音楽に出会うとその秘めた才能を発揮し、独学で作曲を始める。跡取り息子として周囲の期待から商業を学び、伯父が経営する銀行に勤めるが、音楽への思いを断ち切れないでいた。そんな中、歌手を目指しているという女学生・関内 音とひょんなことから知り合い、文通を始める。恋に落ちた裕一はついには、彼女とともに音楽の道を歩むことを決める─

コメント

すばらしいキャストの皆様と1年の撮影をともにすることができ大変光栄に思います。また、唐沢さんや風間さんと再び共演できて心からうれしく感じています。皆様と芝居のセッションでどんな色彩の変化、感情の波が生まれるのか今から楽しみでなりません。全員で1つとなってすばらしいエールにしたいと思います。

出演者発表にあたって

制作統括・土屋勝裕

裕一が少年時代を過ごした福島市は、東北地方の経済の中心地として栄え、市の中心にはデパートもありました。父親が買ってきた西洋音楽のレコードを蓄音機で聞きながら、裕一は音楽の感性を育みました。
今回発表する福島の家族たち、学校の先生、幼なじみの友人たちが、のちの裕一の音楽の源泉となっていきます。みな裕一にとって身近な存在だからこそ、時には本気でぶつかりあいけんかをしたり、励ましあったりしながら生きていきます。そして、裕一が東京に行ってからも、福島の人々は裕一の音楽に影響を与え続けます。
激動の昭和という時代、困難に立ち向かって生きた人々を、キャストの皆さんに演じていただくのが、楽しみです。

物語

日本が生糸輸出量世界一となった明治42年、急速に近代化がすすむ福島の老舗呉服屋に、待望の男の子が誕生する。のちに多くの名曲を生み出すことになる天才作曲家・古山裕一である。

老舗の跡取りとして育てられた裕一だが、少々ぼんやりしていて、周りには取り柄がない子どもだと思われていた。しかし音楽に出会うと、その喜びに目覚め、独学で作曲の才能を開花させてゆく。
青年になった裕一は家族にないしょで海外の作曲コンクールに応募。このことが裕一の運命を変えてしまう。なんと応募した曲が上位入賞したのだ。そしてそれをきっかけに、裕一は歌手を目指している関内 音と知り合う。福島と豊橋―遠く離れた地に住みながらも、音楽に導かれるように出会った二人は、結婚。上京すると、二人には個性豊かな人々との出会いが待っていた。そして不遇の時代を乗り越え、二人三脚で数々のヒット曲を生み出していく。

しかし時代は戦争へと突入し、裕一は軍の要請で戦時歌謡を作曲することに。自分が作った歌を歌って戦死していく若者の姿に心を痛める裕一…。
戦後、混乱の中でも復興に向かう日本。古山夫妻は、傷ついた人々の心を音楽の力で勇気づけようと、新しい時代の音楽を奏でていく―。

※実在の人物をモデルとしますが、音楽で人々を励まし、心を照らした夫婦の波乱万丈の物語として大胆に再構成し、登場人物名や団体名などは一部改称して、フィクションとして描きます。


2020年度前期
連続テレビ小説「エール」

【放送予定】2020年 春〜

取り上げた番組はこちらです!

関連記事

その他の注目記事