一人の青年が“家族の記憶”を取り戻す物語

信州発地域ドラマ「ピンぼけの家族」

2020年3月4日(水)[BSプレミアム]後10:00

NHK長野放送局では、「写真」を題材にした4Kドラマを制作します。
物語の舞台は、かつて「東洋のスイス」と呼ばれ、世界に誇るフィルムカメラの生産地として一時代を築いた長野県諏訪地域。

東京で働く斉藤裕介(28)は、祖母の介護を口実に仕事をやめ帰郷したが、早々に祖母は亡くなってしまう。遺品から見つけたフィルムカメラを手に、裕介は亡き祖母の面影を求め、写真探しに出かける。デジタルカメラやスマホが台頭する現代。今なお、フィルムカメラで築いた誇りと文化が残るこの街を舞台に、一人の青年が、亡き祖母の写真を探す過程で人々とふれあい、忘れていた大切な“家族の記憶”を取り戻す、オリジナルストーリーです。

※諏訪地域は長野県南部にある諏訪湖周辺の諏訪市、茅野市、岡谷市、下諏訪町、富士見町、原村にまたがる地域です。

出演者

泉澤祐希

主人公・
平凡な28歳の青年

斉藤さいとう裕介ゆうすけ 役 /
泉澤祐希

祖母の介護を口実に諏訪に帰郷。祖母の遺品からカメラを見つけ、ある思いを秘めて、祖母の写真探しに奔走する。

南 沙良

諏訪の学校に通う女子高生

宮下みやした陽菜ひな 役 /
南 沙良

誰にも言えない思いを抱え、湖のボート上で叫んでは発散している。写真探しをする裕介と行動を共にするようになる。

柄本 明

フィルムカメラの修理技師

田村たむら郁男いくお 役 /
柄本 明

地元カメラメーカーの修理部門で働いていたが、カメラ事業撤退とともに退職し独立。自身は撮影は好まず、修理一筋。

手塚理美

裕介の母

斉藤さいとう裕子ゆうこ 役 /
手塚理美

裕介が幼い頃に離婚し、女手一つで育ててきた。裕介の世話は自身の母である祖母に任せきりだった。

藤森慎吾

裕介の兄的存在

牛山うしやま拓也たくや 役 /
藤森慎吾
(オリエンタルラジオ)

裕介とは家族ぐるみでつきあいがあり、幼なじみ。諏訪で生まれ育ち、ゲストハウス兼バーを経営。


脚本

高田 亮

高田 亮

[主な作品]
映画『そこのみにて光輝く』、『きみはいい子』、『婚前特急』など。NHKスペシャル「詐欺の子」(第45回放送文化基金賞 番組部門 テレビドラマ番組 最優秀賞・脚本賞受賞)。

コメント

今回、ドラマのお話をいただいたのをきっかけに、諏訪地域について学びました。豊かな自然がある一方で、精密機械工業が栄え、かつてはフィルムカメラの製造も盛んだったこの地域。その魅力を探ろうと、じっくり歩いて回りました。地元の方々とお話して見えてきたのは、「過去と現在と未来が、なまなましく同居している町」の表情でした。それをきっちり脚本に活かしていけば、諏訪地域と同じように魅力あるドラマになると思い、脚本を執筆させていただきました。

音楽

コトリンゴ

コトリンゴ

音楽家。ボストンに留学後、ニューヨークにて演奏活動を開始。坂本龍一に見出され、2006年日本デビュー。劇場アニメーション映画『この世界の片隅に』のサウンド・トラックを手がけ、日本アカデミー賞優秀音楽賞、毎日映画コンクール音楽賞ほか受賞。映画、TVアニメーション、ドラマ、CM音楽など、多数手がける。2019年10月劇場公開の映画『駅までの道をおしえて』の主題歌、挿入歌を担当。卓越したピアノ演奏と柔らかな歌声で浮遊感に満ちたポップ・ワールドを描くアーティストとして、注目を浴びている。


信州発地域ドラマ「ピンぼけの家族」

【放送予定】
2020年3月4日(水)[BSプレミアム]後10:00~10:59

【出演】
泉澤祐希、南 沙良、柄本 明、手塚理美、藤森慎吾 ほか

【脚本】高田 亮

【音楽】コトリンゴ

【演出】木村優希

【制作統括】夜久恭裕、菓子 浩

▶ 番組ホームページ

取り上げた番組はこちらです!

関連記事

その他の注目記事