尾野真千子、柄本佑、若葉竜也が語るみどころ!

プレミアムドラマ「令和元年版 怪談牡丹燈籠 Beauty&Fear」

10月6日(日)[BSプレミアム]後10:00
<第1話のみ79分、第2~4話 各49分>

恋焦がれて死んだ美貌の娘の幽霊が、カラン、コロンと下駄げたの音を響かせ、夜ごと愛しい男を訪ねる…

そんな幻想的なシーンが有名な傑作怪談、「牡丹燈籠ぼたんどうろう」。
最後には「幽霊より人間が怖い」と感じさせる傑作長編愛憎劇を、新たな視点と演出により今回初めて完全映像化!

ワイヤーアクションや特殊メイク、チャンバラもふんだんに投入。和製ホラーの決定版を、現代日本を代表する俳優陣でお届けします! 語り部は、神田松之丞さんです。

【あらすじ】
時は寛保三年、剣客で知られた旗本の青年・飯島平太郎は、訪れた本郷の刀剣商で酒に酔った浪人に絡まれ、若気の至りからり殺してしまう。
20年後、平太郎は家督を継ぎ平左衛門(髙嶋政宏)となり、妻との間には可憐かれんな一人娘・お露(上白石萌音)が生まれていた。しかし妻は若くして病死。奥方づきの侍女だったお国(尾野真千子)は、やがて家内を取り仕切り、平左衛門の愛人となり権力を握っていくことになる――。

主演・尾野真千子さんのほか、柄本 佑さん、若葉竜也さんにコメントをいただきました!


尾野真千子

お国 役・尾野真千子

飯島家の奥方付き侍女。主君を殺し、家の乗っ取りを策する悪女。

──お国を演じるにあたって心掛けられたこと
悪女だけではない人になりたかったですね。たしかに一言でいうと悪女ではあるんですけれど、でもそれだけではない、悪女になるに至った理由や、それでも人を愛したという事実も、きちんと演じたいと思いました。

──源次郎 役の柄本 佑さんとのお芝居について
すごく楽しくて、やりやすかったです。恥ずかしがることもなく、気持ちよく芝居ができました。柄本さんとは、本番直前までずっと芝居とは関係ないことばかりしゃべっていたんですけれど、そうやってしゃべることでお互いに緊張をほぐしていたんだと思います。そうすることでコミュニケーションもとれたし、本当にとても気持ちよくお芝居できました。

──みどころをお聞かせください
3組の男女にそれぞれのお話があって、それぞれが人間ドラマを繰り広げるんですけれど、決してオムニバスというわけではなく緻密につながっているので、その人間ドラマを見てもらいたいですね。単純に「怪談」とひとくくりにされるものでもなくて、それぞれの恋愛、それぞれの人間ドラマがしっかりご覧いただきたいところです。それから、ロケでもセットでも、京都でしか撮れないなって思う現場でしたね。映像にすごくこだわっていて、着物の帯やメイクなども隅々まで見ていただきたいです。それぞれのシーンの気持ちに合ったメイクをして、細かく変えているので、そういう繊細な映像美もじっくりお楽しみいただけたらうれしいです。

柄本 佑

宮辺源次郎 役・柄本 佑

旗本・宮辺家の次男坊。生来の放蕩者でお国と密通の不義を犯す。

──脚本の印象は
「怪談牡丹燈籠」は、落語や歌舞伎でもたびたび取り上げられてきた古典の題材ですけれども、原作では、今回ぼくが演じた「源次郎」ってダメダメな男なんですよね。その源次郎のキャラクターを今回、演出の源監督が膨らませてくれたので、新鮮でおもしろいなと思いました。その一方で、今回の源次郎は、オリジナルとはかなり違うものの、いわゆる「色悪」と呼ばれる原案のキャラクターから生まれていることは確かなので、歌舞伎の牡丹燈籠を何度も見ました。あとは悪役が出てくる時代劇、特に色悪の要素を含む作品を見て、身の回りを時代劇にしておくようにしましたね。

──お国役・尾野真千子さんとの共演について
尾野さんとは、ガッツリ組んだのは今回が初めてだったんですけど、この人すごいなって思いました。言葉で表現するのが難しいんですけど、いっしょにやっていて、スクリーンや画面の世界の中だけで完結しているなというか。その世界の中だけで収めてくるんですよね。たとえば、俳優のタイプによっては、スクリーンからあふれ出てくるような演技に、オーッて圧倒されちゃう方もいるじゃないですか。でも尾野さんはその逆で、スクリーンの中で演られていることが気になって観客が思わず覗き込みたくなっちゃうタイプだと思うんですよね。自分の世界に人を惹きつける力がある方だなと思ったし、僕が気になるのはそういう俳優のタイプなんです。

──みどころをお聞かせください
源次郎としては、殺陣たてでしょうか。今回の作品は、ぼくが今まで出たどの作品よりも、時間的には一番長く殺陣をやっているので、みどころの一つに感じていただきたいです。源次郎は、居合の名手という設定なので居合も練習しましたし。それから、僕はじめてだったんですけど、今回、額の横側の皮膚を上げて、目をつっているんですよ。それがどう映っているのか自分でも気になっていて。あと、まあ今回のような役はなかなかやったことないので、自分自身としても見るのに勇気がいるなって思っています(笑)

若葉竜也

黒川孝助 役・若葉竜也

平左衛門を父の仇と知らず飯島家に奉公し剣に打ち込む若い武士。

──黒川孝助はどんな役ですか
自分の嫁を残して復讐のために長い旅に出るって、なかなかだと思うんですよ。もし孝助がただの善人だったら、お国と源次郎の2人を許して、愛する人のそばにいると思うんですけど、その生活を捨ててまで、2人を追いかけて殿のために復讐を果たすというのは、ある種の狂気性すら感じさせますよね。演じる上でも、泣いたり笑ったり照れたり、といった孝助の可愛かわいらしい部分はストレートに出したんですけど、ほかのしぐさやたたずまいに関しては、ずっと殺気みたいなものを持ってないといけないなと思っていました。ただニコニコ、善人で真面目で正義だっていう人ではなくて、なんか気味悪いよねみたいなもの、そういうのを持っておきたいなと思って演じました。そういう熱量の違いは意識していたつもりです。

──宿命の相手となったお国について
尾野真千子さんが演じるので、お国が綺麗きれいなのはわかっていましたけど、尾野さんの爆発的じゃないグロテスクさみたいなのが、お国にすごく合っているなと感じました。尾野さんは、爆発させるタイプの役者ではないと思うんです。でもドロッとしているものがあふれ出ちゃう瞬間みたいなのが、尾野さん素敵すてきだなって思っているところで、お国に少し同情してしまう瞬間もあって。だからお国もただの悪じゃないんですよね。ただの悪と正義じゃなくて、あくまで何かグロテスクなものを持った人間同士が向き合うという感じでしょうか。最後に孝助はお国から、今回の牡丹燈籠を象徴するようなセリフを言われるんですけど、本当にこのセリフがこの作品のすべてだなと思って受け止めました。

──みどころをお聞かせください
きっと、演じた自分たちがみどころだと思うところって、すごく身内的なものになってしまうと思うんですよね。なので、視聴者の方がそれぞれに「ここがおもしろかった」という部分を見つけてもらえるのが僕はいちばんうれしいですね。「共感した」でもいいし、「嫌悪感を抱いた」でもいいし。それぞれのみどころと向き合ってご覧いただけたらうれしいです。

お露と恋に落ちる美男の若い浪人・萩原新三郎役の中村七之助さん、平左衛門の美貌の一人娘で許されぬ恋を嘆き、焦がれ死にするお露役・上白石萌音さんのコメントも公開中! <こちら>もぜひ!

プレミアムドラマ
「令和元年版 怪談牡丹燈籠 Beauty&Fear」

【放送予定】10月6日(日)スタート
毎週日曜[BSプレミアム]
後10:00(全4話)
<第1話のみ79分、
第2~4話 各49分>

【再放送予定】毎週日曜[BSプレミアム]
<第1話>10月13日 後4:00
<第2~4話>10月20日、27日、11月3日 後4:30

※12月にBS4Kでも放送します。
BS4K「完本 怪談牡丹燈籠」 前編「因の巻」/後編「果の巻」(各119分)

▶ 番組ホームページ

取り上げた番組はこちらです!

関連記事

その他の注目記事