人情時代劇 × 妖怪ファンタジー × バディードラマ

特集ドラマ「大江戸もののけ物語」

7月17日(金)スタート
毎週金曜[BSプレミアム]後8:00〜8:59(連続5回)

寺子屋で教える新海一馬(25)は、気は弱いが心は優しい旗本の次男坊。わんぱくな子どもたちに手を焼きながらも、気が強くおてんばなお雛(10)に助けられながらの寺子屋稼業の毎日。ある日、不思議なまが玉に触れた二人の前に突如、妖怪・天の邪鬼じゃくが現れ──。

仲間や家族との絆で成長していく主人公“一馬”役に躍進著しい岡田健史さん、一馬との交流を通じて自身の運命に立ち向かう“天の邪鬼”役に人気実力を兼ね備えた本郷奏多さん、そのほか豪華キャストが集結! 「妖(あやかし)」と人間とのファンタジックな交流を通して、成長していく二人の姿が感動を与える物語。知の巨匠・荒俣 宏の妖怪監修のもと、なじみの妖怪から新しい妖怪までが登場する、幅広い世代が楽しめる新しいスタイルの時代劇が完成しました。

あらすじ
新海一馬の寺子屋はいつも「学級崩壊」状態。救ってくれるのは勝気なお雛の「みんな、先生の言うことを聞いて!」の一喝。剣術も不得手で取り柄のない一馬だが、 ひそかに妖怪研究に打ち込んでいた。幼いころ蔵に閉じ込められたとき、暗闇に潜む「異形の者」が一馬の危機を救い、妖怪の実在を信じるようになったのだ。あるとき、お雛の様子がおかしいことに気づいた一馬は、廃屋の中でお雛が不思議な土器(火焔かえん土器)に話しかけているところに遭遇する。一馬がお雛に渡されたまが玉を手にすると、土器が怪しく変容し、“天の邪鬼”と名乗る妖怪が突如現れた。肝を冷やす一馬だが、お雛は突然「死んだ母に会って、ひと言謝りたい」と自分の願いを明かす。一馬はお雛の願いをかなえるべく“天の邪鬼”やほかの妖怪たちと行動することになるのだが…。

主演・岡田健史さんコメント
この度「大江戸もののけ物語」で主演を務めさせていただきました岡田健史と申します。
初めての時代劇ということで戸惑うこともたくさんありましたが、すてきなキャストの方々と、頼もしいスタッフの皆様のおかげで乗り越えることができました。
この物語には妖怪が出てくるのですが、ある意味今までの時代劇にはなかった表現のしかたに挑戦しているので、そこに注目していただけると幸いです。ぜひご覧ください。

特集ドラマ「大江戸もののけ物語」

【放送予定】7月17日(金)スタート
毎週金曜[BSプレミアム]後8:00〜8:59(連続5回)

【監督】川村泰祐
(『愛唄 ー約束のナクヒトー』『L♡DK』、「ねずみ、江戸をはしる1&2〈NHK〉」ほか)

【特殊造形・VFX】岡野正広(『妖怪人間ベム』ほか)

【妖怪監修】荒俣 宏(『帝都物語』ほか)

【脚本】川﨑いづみ
(BS時代劇「赤ひげ1&2〈NHK〉」「鼠、江戸を疾る1&2〈NHK〉」ほか)

【出演】
岡田健史、本郷奏多、山田杏奈、森川 葵、平尾菜々花、青山美郷、イッセー尾形 ほか

取り上げた番組はこちらです!

その他の注目記事