MC 稲垣吾郎インタビュー!

不可避研究中

毎月最終金曜[総合]後11:45
「#働く」5月29日(金)前編 / 6月26日(金)後編

世の中の「不可避」なテーマを自由研究し、番組Twitter(@nhk_fukahi)で発信!
その研究経過・成果を見ながらみんなで考えていく番組「不可避研究中」が、毎月最終金曜で放送中です。

5月29日(金)と6月26日(金)のテーマは、「#働く」。
番組のディレクターたちが、自身の興味のあることや専門性から徹底取材し、その成果を、放送に先立って月曜から金曜まで日替わりでTwitter上にて発表。放送で、出演者の率直な意見やTwitterで投稿された疑問などをさらに掘り下げていくという異色の番組です。

企画 踊らされるより、踊ろうよ

企画 社会人10年MVを作ろう

企画 レンタルさんの不思議な在宅ワーク

企画 苦手な上司と本音VR

今回は、そんな番組のMC・稲垣吾郎さんにインタビュー! 番組収録のもようや、意気込み、子どものころにハマっていた自由研究についても伺いました!
※インタビューは3月中旬に行いました。

 視聴者、制作、僕たちに
一体感が生まれる番組

──この春から月1放送となりましたが、これまでに3回の不定期放送を経ての感想をお願いします。

とにかくスタッフの皆様の熱意、情熱がすごいですね。この番組は、ディレクターのみなさんが“世の中の不可避”を自由研究するんですけど、最初は僕もスタッフルームでの打ち合わせから参加させていただいていたんです。これまでもたくさんのテレビ番組に携わってきましたが、制作スタッフだけの打ち合わせの様子や、作る過程というのは、あまり見たり体験したりする機会がなかったんです。この番組では、裏側をしっかり見ることができるので、一緒に作っている感じがしています。

放送中もディレクターさんが登場して研究の成果を発表するんですけど、そういうのを見せちゃうというのもおもしろいですよね。そういうところに見ている人たちとの一体感が生まれて、視聴者の方、制作、進行する我々の距離がすごく近い番組を作れている気がしています。

──番組が始まった当初は、「視聴者との懸け橋になれたら」とコメントしていましたよね。

※始まった当初のコメントはコチラで内容をご覧いただけます。

そうですね。これまでに扱ってきたテーマは「ジェンダー」と「外国人とニッポン」なのですが、やっぱりこういった不可避な問題はまだまだたくさんありますし、考えていかなければいけないと思います。僕らはそれを考えるきっかけ作りみたいなことができたら。自分自身も考えるきっかけになっているので、とてもいい番組だなと思いながらやらせてもらっています。

 若いスタッフに
刺激をもらっています

──収録の雰囲気もお伺いしていいですか? 視聴者の方からは「素の稲垣さんが見られる」という声が上がっているようですが。

視聴者の方と僕ら番組進行って、目線としてはほぼ一緒なんです。僕もみなさんと同じように、ディレクターさんたちのいろいろな研究を楽しみにしていますし、素朴な意見も言えますし。そのスタジオでのリラックスしてる様子は見てる人にも伝わればいいなと思っていたので、そういった声はうれしいです。

スタッフのみなさんが、年齢とか性別とかキャリアみたいなものとか関係なく番組を作っているのもいいなと思っています。現場が活気づくというか。とにかく若い方が多くて、そこもこの番組の新しくて楽しい部分ですね。

──若い方々は刺激になっていたりもしますか?

昔は、20代はアシスタントディレクター、30歳ぐらいの10年目あたりでディレクターデビューみたいな流れがあったけど、変わってきていますよね。“朝ドラ”「スカーレット」の撮影のときも思いましたが、若い人から吸収することってたくさんあって、若い人にしか出せないものもあると思うんです。この番組は特に、若い方が伸び伸びと取り組んでいるという印象があって、すごく刺激になってますね。

 新テーマは「#働く」

──5月と6月のテーマについて伺ってもいいですか?

次のテーマは、「#働く」です。これまでは人と人との関係性をテーマにしていましたが、今回はどちらかというと哲学ですよね。人によって働くことへの感覚は違うと思いますし、どう向き合って働くことが幸せなのかな? と考えてしまいますね。

僕らの場合は特に、自分の存在というものをすごく確認しやすい仕事だとは思いますが、でもそれだけではないし。今こうやってすっと答えられないから“不可避な問題”なんでしょうね(笑)。ちょっと楽しみです、どういう切り口で自由研究されるのか。

──ちなみに、稲垣さんは自由研究は得意でしたか?

自由研究って響きは嫌いじゃなかったですね。子どものころは昆虫が好きで、自分で仕掛けを作ってカブトムシを捕って育てたり。

ヒーローにも憧れていたので、その主人公が使っていたモデルガンが好きな少年でした。映画『007』シリーズのショーン・コネリーになるとしたらどういうセットが必要か研究したりもしていましたね。このモデルガンが必要で、スーツはこれを着て、家にはお酒を置いておかなきゃとか(笑)。

ほかにも、クリント・イーストウッドになるなら、ダーティハリーになるならと、シミュレーションをたくさんしていました。今考えたら役作りみたいですよね(笑)。その役になりきるためにディテールを細かく考えてたんですよ。当時は「ごっこ遊び」でしたが、今思えば研究しまくっていましたね。

この番組でも、娘さんがTikTokが好きだから研究に使ってみたディレクターさんがいたり、ラップが好きな人たちと組んで考えたり、好きなことを研究に生かしていますよね。一方で考えたこともなかった方向から探るという人もいます。そういった化学反応が見ていておもしろいと思うので、一度見て、そして番組のTwitterで経過を追って見てみてください。

「不可避研究中」

【放送予定】
毎月最終金曜[総合]後11:45
「#働く」5月29日(金)前編 /
6月26日(金)後編

▶ 番組ホームページ

「NHKどーがレージ」で「不可避研究中」の動画を公開中!

▶ 動画を見る

取り上げた番組はこちらです!

関連記事

その他の注目記事