NHKプラスでいま配信中のもの、おすすめします!

見逃し番組日記 その12

総合テレビとEテレで話題の番組が放送から1週間、パソコンやスマホがあればいつでもどこでも見られる、それが「NHKプラス」です。

今回は、癒やしの音楽ドキュメンタリーやかわいい手洗い動画など3本をおすすめします!

BS1スペシャル「外出自粛の夜に~ウクレレでリレー音楽会~」〔50分〕
5月28日(木)午前2:20まで配信中 ※27日(水)深夜

NHKプラスで今すぐ番組を見る ▶

※5月21日(木)に総合テレビで放送した番組です

外出自粛要請を受け自宅で過ごす人が多い中、ウクレレ愛好家たちが特別な音楽会を開催しました。会場はそれぞれの自宅です。ミュージシャンや中学生、主婦、医師など、総勢16組がつないだ、思いのこもった演奏をぜひお聞きください。

ウクレレの音色だけでも癒やされますが、演奏中に画面に出てくる「ウクレレとの出会い」や「選曲理由」などのテロップもジーンとするので、お見逃しなく!

全ての演奏が素晴らしいのですが、中でも3組をピックアップします。

注目その1★サザンオールスターズの関口和之さん

リレーバトンの最初は、サザンオールスターズの関口和之さんです! 自粛中にどんなことを家でしているか、ウクレレのすてきなところなどを話してくださいますが、実は私初めて関口さんの声を聞いたのですが、とても優しい声で幸せな気持ちになりました♪

関口和之(サザンオールスターズ)の「What A Wonderful World」を聞く ▶

注目その2★高木ブーさん

続いてはこの方、高木ブーさんです。高木さんはウクレレ奏者としても有名で、ハワイでも毎年演奏を続けているそうです。代表的な(!)寝転がる姿から始まり、志村けんさんへの思い、ウクレレへの思いを語る姿は貴重ですよ!

「くよくよしたって、しょうがねえよ」
そう語る高木さんの演奏を美声とともにお聞きください。

高木ブーの「BLUE HAWAII」を聞く ▶

注目その3★母と子の2人演奏会

名高いミュージシャン、ウクレレ奏者たちだけではなく、一般のウクレレ愛好家までつながれるのが、リレーバトンのいいところ。親子(と、ひざに鎮座する1匹)が演奏するのは、坂本九さんの「見上げてごらん夜の星を」です。

鈴木伸子(会社員)・野乃(小学6年生)の演奏を聞く ▶

坂本さんの楽曲は、東日本大震災の際もラジオでたくさん流れていたので、応援ソングとしてインプットされている人も多いはず。私も、その一人です。この母子以外にも“坂本曲”を選ぶ方が多かったのもうなずけます。

昨今、動画サイトなどでも睡眠導入の音楽としてウクレレの演奏動画を見かけますが、寝る前や、仕事の休憩時間などに聞いて、心を落ち着けてみませんか?

★全プレイリストはこちら ※放送順

♪「What A Wonderful World」
奏者:関口和之(サザンオールスターズ)

♪「Over the Rainbow」
奏者:柳幸康<YANAGIMAN>(音楽プロデューサー)

♪「幸せなら手をたたこう」
奏者:長谷川春菜(中学1年生)母・佐智子(主婦)

♪「ケ・セラ・セラ」
奏者:宮崎りな(LinaLina)(ウクレレ教室講師・ミュージシャン)

♪「Smile」
奏者:浅野竜太(内科医)

♪「見上げてごらん夜の星を」
奏者:鈴木伸子(会社員)野乃(小学6年生)

♪「コーヒー・ルンバ」
奏者:荻野目洋子(歌手)

♪「勝手にシンドバッド」
奏者:近藤利樹(中学2年生・ウクレレ奏者)

♪「We Are The World」
奏者:高橋京介(高校3年生)

♪「上を向いて歩こう」「Take it Easy」
奏者:川渕素海(Sky Orion Kawabuchi)母・歌織(ピアニスト)

♪「Misty」
奏者:ロイ・サクマ(ハワイ・ウクレレ指導の第一人者)

♪「一期一会/ICHIGO ICHIE」
奏者:ジェイク・シマブクロ(ウクレレプレイヤー)

♪「Here Comes The Sun」
奏者:梅田陽(楽器店営業)

♪「涙そうそう」
奏者:宮手美菜子、妹・未樹

♪「Ka Uluwehi O Ke Kai」
奏者:粂弘幸<HILO KUME>(イラストレーター)

♪「BLUE HAWAII」
奏者:高木ブー(コメディアン・ウクレレ奏者)

「外出自粛の夜に」シリーズは、ほかにもオーケストラ奏者の回もお届けしています。そちらもぜひご覧ください。

「外出自粛の夜に オーケストラ・孤独のアンサンブル」を見る ▶

★BS1スペシャル「外出自粛の夜に~ウクレレでリレー音楽会~」番組ホームページ ▶


おしえて!がんこちゃん「がんこちゃんのてあらいソング」〔1分〕
5月27日(水) 午前11:55まで配信中

NHKプラスで今すぐ番組を見る ▶

※5月20日(水)Eテレで放送した番組です

Eテレで人気の番組「新・ざわざわ森のがんこちゃん」の主人公・がんこちゃんが歌って踊る(?)手洗いソングを知っていますか?

ものすご~く短い曲なのですぐ覚えられますし、でもしっかりと要点を盛り込んだ、お子さんでも分かりやすい歌になっています。

「がんこちゃんのてあらいソング」を見る ▶

緊急事態宣言が解除された地域も多いと思いますが、今後も手洗いをしていきましょう♪

ちなみに!がんこちゃんのお話は、「NHK for School」のサイトで見られることはご存じでしたか? サイト内では、2020年度の放送分を全部見られちゃうんです!

がんこちゃんの放送リストはこちら ▶

ほかにも、「よりぬきがんこちゃん」と題した、いまのお母さん・お父さん世代が子どものころに見ていた映像(放送開始の1996年ごろのもの)も見られますよ!

個人的には、がんこちゃんが友達と遊んでいる姿が好きなので「ぬまのようせい」「はちゃめちゃうんどうかい」などがおすすめです。現在の松平健さんが歌うオープニングも大好きですが、初代の谷啓さんも最高ですよね!

懐かしの「よりぬきがんこちゃん」を見る ▶

親子そろって「がんこちゃん」にどっぷりつかってみてください~!


no art,no life〔5分〕
5月27日(水)午後10:50まで配信中

NHKプラスで今すぐ番組を見る ▶

※5月20日(水)にEテレで放送した番組です

no art,no life「アートのない人生なんて、人生じゃない」
―内田也哉子さんの素敵なナレーションでお送りする5分のドキュメンタリー番組。毎回紹介されるのは、日本各地の“表現せずにいられない”アーティストです。

今回のアーティストは30代目前まで絵を描いたことがなかったという「CANKTLE(キャンクト)」さん。きっかけは精神的に追い込まれて家に閉じこもったことなんだそう。顔を明かさないことを条件に、暗がりで黙々と描く創作の現場に入れてもらいました。

代表作「天獄から地獄までⅠ」は、自分の体験を絵にしたという、線と点描で描かれた、ち密な作品。畳二畳ほどの大きさで、完成までに2年半かかったそうです。

作品を見る ▶

「(気持ちを)ぶつけるというのもあります」
「(描くことが)はけ口になっているんでしょうね」
「芸術のなかくらいは自由がいいですよね」

CANKTLEさんの言葉は、ぼーっと生きて5才児に怒られそうな私にとても刺さり、「自由ってなんだろう」と考えを巡らせる時間を作ってくれました。

5分間なので視聴しやすく、日常からちょっと「異空間」に連れて行ってくれる番組です。

★「no art.no life」番組ホームページ ▶


おまけ★高瀬アナ、けん玉に挑戦!

5月22日(金)放送の「おはよう日本」で、自宅にいながらけん玉の「オンライン検定」ができるということを紹介していました。

スタジオには、けん玉を握りしめる高瀬耕造アナ。ことごとく失敗するも、かろうじて1回成功!しかしその瞬間は…。

「オンライン検定」に挑むのは、札幌市の高校生、鹿児島県の小学生とそのお母さんです。こちらではたっぷりと妙技みょうぎ をみせてくれていますよ~!

けん玉に挑む高瀬アナ、高校生、小学生の様子はこちら ▶

★「おはよう日本」番組ホームページ ▶


取り上げた番組はこちらです!

関連記事

その他の注目記事