世界同時アンケート 「未来計画Q」サイトオープン!

NHKの国際放送「NHKワールド JAPAN」は、世界の公共メディアや国際機関、NGOと協力して、参加型ウェブプロジェクト「未来計画Q」(英語タイトル「Time to Question」)を実施します。

「持続可能な社会のために何ができる?」「コロナ後の世界は分断か? 連帯か?」など、私たちの社会の今と未来について 130問のオンラインアンケートを世界同時に行います。世界の人々が同時期に同じ質問に答えることで「ポストコロナ時代」について共に考え、国境を越えたつながりを取り戻し、アクションにつなげるのが目的です。

▼ ぜひ皆さんもアンケートにご参加ください! ▼

※NHKサイトを離れます。

■世界中から参加可能 8言語対応

アンケートは世界中から参加することができます。言語は日本語、英語、フランス語、ドイツ語。6月10日(水)以降は、中国語(繁体字)、ベトナム語、インドネシア語、タイ語が加わります。

■質問は世界共通 6つのテーマ130問

質問は、「過去」「現在」「未来」「環境問題」「ライフスタイル」「エコシステム」の6テーマ130問。アンケートは、2020年11月まで実施します。ウェブサイトの「投票結果」では集計結果をリアルタイムで確認することができます。

■秋以降 専門家による結果分析を発表

秋以降に専門家による集計結果の分析を行い、結果を「未来計画Q」ウェブサイトで発表するとともに、NHKのニュースや番組でも発信します。また、集計結果などを利用して、さまざまな関連番組を放送する予定です。

「クローズアップ現代+」出演者、データサイエンティスト宮田裕章さん(慶応義塾大学教授)がアンケートの結果分析を行い、“持続可能社会とウィズコロナ”を検証します。

■世界を変える “ゲームチェンジャー”

「未来計画Q」の「動画」のページでは、ショートドキュメンタリー「ミライをつくるヒト」を公開します。File001は、モデル・環境活動家の小野りりあんさん。今後はこのコーナーで、日本と世界のミライを変える社会起業家や科学者を紹介します。


「未来計画Q」は、フランスの公共メディアARTE FRANCEの呼びかけで発足した国際共同プロジェクトです。フランスでは「il est temps」、ドイツでは「Es wird Zeit!」としてオンラインアンケートを実施。
ヨーロッパでは2020年5月27日からキャンペーンが始まり、7万人以上(6月4日現在)がアンケートに回答しています。

<参加放送局・プロダクション>
ARTE (ARTE France, ARTE Deutschland, ARTE GEIE)
NHK WORLD-JAPAN
Upian
YAMI 2
On Est Prêt and BASIS BERLIN

<後援>
ADEME (フランスエネルギー管理庁 L’Agence de la Transition Ecologique)
CNC (フランス国立映画・映像センター Centre National du Cinéma et de L’image Animée)

<「未来計画Q」URL> ※NHKサイトを離れます。
time-to-question.com

取り上げた番組はこちらです!

その他の注目記事