100台のカメラを全国の家庭に送ってみると…

ストーリーズ のぞき見ドキュメント 100カメ「緊急事態宣言下のステイホーム」

7月24日(金・祝)[総合]後6:05〜6:35 

BS1スペシャル「100カメ特別版 緊急事態宣言下のステイホーム」
7月28日(火)[BS1]後9:00~9:49

100台の固定カメラを設置し、人々の生態を観察するシリーズ「100カメ」。これまで、「ジャンプ編集部」「阪神タイガースファン」「ABEMA番組制作の現場」など、強烈な個性を放つ皆さんの姿を“のぞき見”してきました。

そんな「100カメ」が今回カメラを置かせてもらったのは、「緊急事態宣言発令」という未曽有の事態の中、ステイホームする日本各地のご家庭。100台のカメラを全国の家庭に送り、宣言の発令日と1か月後の様子を撮影してもらいました。家の中でどのように過ごし、どんな会話を交わしていたのでしょうか? その観察記録を“同時多視点”でお届けします!


25世帯のステイホームの日々とは?

取材させていただいたのは、25の世帯。小さな子どものいる家庭から80代の老夫婦、お坊さん一家やライブがすべてキャンセルになってしまったバンドマンなど、さまざまな人たちが登場します。

─ 4月7日 ─

この日は、7都府県に緊急事態宣言が発令された日です。

番組では、微熱にピリピリする家、首相の記者会見にツッコミを入れるカップル、鉄道マニアが“自ら演出した自粛モード”などから、“あの日”の様子を振り返ります。

「100カメ」の番組立ち上げから担当し、「ジャンプ編集部」の回を制作した景山直樹ディレクターに番組の見どころを伺うと…?

景山Dの目線

「ステイホーム」は、全国の人が初めて直面した事態なので、ニュースなどでは取り上げられない一般の人を中心に、その実態を記録したいという思いがありました。さらに、固定カメラを仕掛け、撮影現場にはスタッフが不在という「100カメ」の制作スタイルは“非接触撮影”が可能なので、取材に制約が生じていたコロナ禍の状況でも制作できると考えたんです。
4月7日は、「あの時はこうだったなぁ」など思い出しながら見ていただきたいです。

─ 5月6日 ─

緊急事態宣言から1か月後。ステイホームにはどんな変化が見られたのでしょうか。

自宅でキャンプをする4人家族

キャンプに行きたくても行けない家族が考えたのは、なんと「おうちキャンプ」! 居間にテントを広げ、イスやランタンを用意するところまでは想像がつくと思いますが…、この家族は“大自然”を身近に感じられるよう、ある映像と音声まで準備しました。お父さんとお母さんのアイデアに、小学生の子どもたちも大喜び。

子どもとの絆づくりに奮闘するお父さん

ステイホームで家にいる時間が長くなった新米パパ。5月6日は、ママが仕事に行ってしまい、2歳の息子と2人きりに。ふだん、日中は留守がちなパパは、小さな息子と無事に過ごすことができるのでしょうか。

阪神タイガースファン

(当時は)プロ野球も再開のメドがつかず悲嘆に暮れる中、過去の阪神戦の映像を見て楽しむ母と娘。結果は分かっているのに大興奮!

自作ゲームで遊ぶ新婚夫婦

夫婦ですごろくを手作り。マスには「皿洗い」や「トイレ掃除」などと記入し、そのマスに止まったほうが家事を担当するという独自ルールで大盛り上がり。自分たちで楽しみを見つけて過ごしていました。

景山Dの目線

この大変な状況下でもアイデアや工夫をこらして楽しく生活しようとする家庭がたくさんありました。自作すごろくは、オードリーのお二人も大絶賛でした。
緊急事態宣言の下で1か月を過ごし、家族関係に変化が起こった家庭も少なからずありました。親は在宅勤務で子どもは休校、家族全員で過ごす時間が増え、仲良くなる家族もあれば、互いにストレスがたまって少しギクシャクしてしまった家も。どの家庭からも、親子関係や夫婦関係の変化が見て取れました。

オードリーも共感!「僕たちもそうだった」

皆さんのステイホーム中の工夫には、MCのオードリーも「マネしたい」「楽しそうだよね」と大絶賛!

緊急事態宣言の期間、お二人はこの10年で正月以外の連休を取ったのはほぼ初めてとのことで、ステイホームを満喫したといいます。

おうちで過ごすうち、若林さんは料理にハマり、一からザーサイを作ったり、自家製のジンジャーエールまで作ったりされたそうです。一方の春日さんは、VTRに登場する阪神ファンと同様に、大好きな西武ライオンズの過去の試合を見て楽しんでいたことを明かしてくれました。お二人のトークもお楽しみに!

景山Dの目線

これまでの「100カメ」は、スタッフが事前取材に基づき、狙いを定めてカメラの位置を決めてきました。それが今回は、テレビ電話で家の中を見せてもらいながら、カメラを置いていただく場所を相談して決めたので、撮影終了後、送り返していただいたカメラに記録された映像を見ると「あぁ、ここに置いてもらえばよかったかな」と思うこともありました。一方、設置場所やカメラの角度に細かくこだわらなかったおかげで撮れた映像が逆にリアルであることもありました。
これまでの「100カメ」は1つの場所に100台でしたが、今回は同時に全国に100台。違う場所にいるけれども、同じ時を共有している人々のドラマをご覧ください。

「100カメ」を見ながら、自分はあのときこうだった、こんなことを考えていた、同じことをしていたなど、家族や友人と振り返ってみてはいかがでしょうか? 意外な思い出が聞けるかもしれませんよ!

ストーリーズ
のぞき見ドキュメント 100カメ「緊急事態宣言下のステイホーム」

【放送予定】7月24日(金・祝)[総合]後6:05~6:35 

▶︎ 番組ホームページ

BS1スペシャル「100カメ特別版 緊急事態宣言下のステイホーム」

【放送予定】7月28日(火)[BS1]後9:00~9:49

▶︎ 番組ホームページ

取り上げた番組はこちらです!

その他の注目記事