NHKプラスでいま配信中のもの、おすすめします!

見逃し番組日記 その27

総合テレビとEテレの番組を、放送から1週間、パソコンやスマホがあればいつでもどこでも見られる、それが「NHKプラス」です。

今回は、世界の「今」を浮き彫りにする新感覚バラエティーなど、4本をおすすめします!

あなたにとって
いま
たいせつに思っている
いろんな
人をつないで世界をのぞくTV〔49分〕
※NHKプラスでの配信は終了しましたが NHKオンデマンド(有料)でご覧いただけます(2020年7月25日まで)

※7月11日(土)に総合テレビで放送した番組です

思わず「タイトル、なが!」とツッコミたくなるこの番組は、特に海外に興味がある人にオススメです。
「今、会いたい人」を数珠つなぎでたどる新感覚バラエティーで、俳優・森崎ウィンさんからスタートしたリレーは、アメリカ、南アフリカ、オーストラリア、スペインと世界中を巡ります。バトンを受け取った人が語る、リアルな「今」──。それらを見ているうちに、なんだか世界中に友達ができたかのような気分になったのは私だけでしょうか。

まず、森崎ウィンさんが「今会いたい人」とあげたのが、アメリカ・オースティンにいるタイ・シェリダンさん。映画『X-MEN』シリーズにも出演しているハリウッド俳優です。

森崎さんとは、『レディ・プレイヤー1』で共演した仲で、互いを「キョウダイ」と呼び合うほど親密なんですね。コロナの影響で、タイさん自らの人生観も変わったと語ります。

番組には、ほかにもさまざまな人が登場します。南アフリカ・ケープタウンで働く映画助監督の男性は、国の政策で酒とタバコの販売が禁止され、暴動が起こったと告げます。オーストラリア・メルボルンの女性は、遠距離恋愛を続けている婚約者との結婚が先延ばしになってしまったとのこと。

国は違えど、みんなに共通するのは「コロナ禍である」ということ。劇団ひとりさんのこの言葉も印象的でした。確かに、世界中の人々が同じ悩みを抱えているのって、後にも先にも今だけかもしれません。

とはいえ、番組に登場する人々はみんな前向き! 特に、遠距離恋愛中のカップルのラブラブぶりは、見ているこちらまでほっこりしてしまうほどです。番組では、オンライン上でほっぺにキスする様子も見せてくれました♪

海の向こうでも、みんな、不自由な生活の中で、明るくパワフルに生きています。この番組を通じて、遠い国の誰かさんから元気をもらう、なんてことを実感してください!

★「あなたにとって いま たいせつに思っている いろんな 人をつないで世界をのぞくTV」番組ホームページ ▶


ETV特集「ひなたの氷 九二歳、桜守の遺言」〔59分〕
※NHKプラスでの配信は終了しましたが NHKオンデマンド(有料)でご覧いただけます(2021年7月8日まで)

※7月11日(土)にEテレで放送した番組です

「今年の春は、お花見できなかったな……」としょんぼりしている人は、こちらの番組をぜひ! 全国の桜を調査してその保存に努める92歳の「桜守」・佐野藤右衛門さんの日々をつづるドキュメンタリー番組です。

佐野さんは、これまで京都の仁和寺、円山公園などの名桜を手掛けた「桜守」のエキスパート。番組では、2019年の台風で倒れた桜の再生を託された佐野さんが、いかに桜に向き合うのかを追います。

佐野さんの桜への接し方は独特です。幹をたたいてみたり、耳をくっつけてみたり。そうやって桜の内なる声にじっと耳を傾けているのでしょう。

ひとたび佐野さんのやり方に反しようものなら「こんなバカなこと、なんですんの!」と雷が落ちます。ストレートな物言いが、佐野さんの桜への愛情を物語っています。

印象的だったのは、佐野さんの「自然に逆らいすぎてはいけない」との言葉でした。例えば、水道の水よりも、瓶に溜まって太陽光を浴びた水の方がいいとのこと。それに、ソメイヨシノが接ぎ木でしか増やせなくなったのは、自然の営みを人間がつぶしてしまった結果だと、佐野さんは嘆きます。

もちろん、番組の随所には、華やかな桜の映像が散りばめられています。そんな美しい桜に寄り添うように生きる佐野さんの姿から、生きるヒントを得られるかもしれません。

★「ETV特集」番組ホームページ ▶


有田Pおもてなす(78)「夏木マリ タイマ大物芸人乱入&うしろが漫才に挑戦」〔35分〕
※NHKプラスでの配信は終了しましたが NHKオンデマンド(有料)でご覧いただけます(2020年7月25日まで)

※7月11日(土)に総合テレビで放送した番組です

斬新なお笑いを楽しみたい人には、「有田Pおもてなす」がオススメです。くりぃむしちゅーの有田哲平さんが、お笑い芸人のネタをゲスト好みの内容にプロデュース。ゲストの夏木マリさんを笑いでもてなすべく、数々の仕掛けが登場します。

中でも度肝を抜かれたのが、「ランジャタイ」の漫才。長年、前衛舞台『印象派』を演出してきた夏木さんに、ぜひ前衛的な漫才を見てもらおうとのことで登場した2人でしたが……。いや、あえて多くは語りません。

支離滅裂な展開に驚きつつ、気づけば彼らの独特の世界観に病みつきになりそう──。夏木マリさんも、「すごいアバンギャルド!」と称賛(?)の言葉を贈っていました。

「タイムマシーン3号」が、夏木さんが演じた映画『千と千尋の神隠し』の湯婆婆と、音楽劇『ガラスの仮面』の月影千草にふんしたステージも必見です!

ほかにも、「関西弁のしゃべくり漫才」に挑戦した「うしろシティ」、ダジャレ連発のネタを披露する「じぐざぐ」など、夏木マリさん好みのネタが続々登場! 今回の「おもてなす」も見どころ満載です!

★「有田Pおもてなす」番組ホームページ ▶


NHKみんなの手話(14)「病気」〔25分〕
※この番組の配信は終了しました

※7月12日(日)にEテレで放送した番組です

まだまだ気軽に外出できない日々が続いています。今だからこそ、自宅で新しいことを始めてみようと思われている方、多くないですか? そんな人にオススメしたいのが手話!
「みんなの手話」なら、日常生活で使える手話を楽しく学べます。

今回のテーマは、「病気」。「薬はもう飲んだ?」という文章を手話で伝えるには、このような形になります。

「薬」を表現する手話は、指で薬剤を調合しているように見えますね。おもしろいことに、「薬を飲む」ということを表現する際、その薬が錠剤なのか、シロップタイプなのか、粉薬なのかで、手話が異なるのだそう。手話って、とても細かい部分まで表現できるんですね〜。

手話初心者の素朴な疑問に答えてくれるコーナー「純喫茶 れん」も興味深かったですね。今回は「左手が利き手の場合、手話はどう表現したらいい?」という質問に、キャラが濃いめのれんママが丁寧に教えてくれました。

手話を覚えることで、ふだん何気なく使用している言葉を、別の角度から見つめるきっかけにもなりますよね。思い立ったが吉日! 興味のある方は、早速始めてみませんか?

★「みんなの手話」番組ホームページ ▶


取り上げた番組はこちらです!

関連記事

その他の注目記事