NHKプラスでいま配信中のもの、おすすめします!

見逃し番組日記 その31

総合テレビとEテレの番組を、放送から1週間、パソコンやスマホがあればいつでもどこでも見られる、それが「NHKプラス」です。

今回は、新型コロナとの闘いの最前線である大学病院に密着した番組などなど3本をおすすめします!

プロフェッショナル仕事の流儀
「闘いは、始まったばかり~感染症専門医・笠原敬~」〔45分〕
8月4日(火) 午後11:15まで配信

NHKプラスで今すぐ番組を見る! ▶

※7月28日(火) に総合テレビで放送した番組です。

今回の「プロフェッショナル」は、奈良県立医科大学でコロナ対策の陣頭指揮をとる感染症専門医・笠原 敬さんに密着。見る前は、ひっ迫した医療現場の実情を浮き彫りにするような内容だろうと勝手に想像していました。ところが実際は、さらにその向こう側までを描き出す内容。新型コロナという見えない敵を前に奮闘し続ける医療従事者が、やがて団結しコロナに立ち向かう様を追う記録でした。

密着取材は、緊急事態宣言が発出された直後の4月13日から2か月にわたって行われました。番組では、最前線で働く医療従事者の方々が本音を吐露する場面も。ギリギリの精神状態で、それでも目の前の患者に全力で向き合う。そんなドクターやナースたちの姿に、畏敬の念を抱かずにいられません。︎

最も印象に残ったのは、院長や各診療部のトップが集まる会議で、笠原さんが、今後増えるであろうコロナ患者に備えて、病院全体で対策をとるべきだと主張した場面。他の部から反対意見が出る中、それでも笠原さんは引こうとしません。そうしないと、確実に医療崩壊は起きるから……。

笠原さんの流儀「情報が、人を動かす」とは ▶

さらに笠原さんは、お互いのコミュニケーションも大切だといいます。番組内では、「自分たちも感染するんじゃないか」と不安を隠せない事務スタッフのもとに走り、ことばをかける場面も映し出されます。

「不安はコミュニケーションで解決する」と語る笠原さん ▶

終盤、院内の全スタッフが心を一つにしてコロナ対策に取り組む場面を見たとき、あまりに感動してヒクヒク泣いてしまいました。医療現場の人々にエールを送るのはこちらであるべきなのに、一丸となってコロナと闘う彼らの姿から勇気をもらったように感じました。

まだまだ、先の見えない日々が続きます。「医療崩壊を防ぐためには、すべての人と危機感を共有することが不可欠」と笠原さんは言います。今こそ、より強固な絆が必要なのかもしれないですね。

★「プロフェッショナル仕事の流儀」番組ホームページ ▶


ボクを食べないキミへ~人生の食敵~〔5分〕

「山之内すず VS アボカド」をNHKプラスで今すぐ見る! ▶

8月3日(月) 午後10:00 まで配信中

「山之内すず VS しいたけ」をNHKプラスで今すぐ見る! ▶

8月4日(火) 午後10:00 まで配信中

「山之内すず VS 冷めたコロッケ」をNHKプラスで今すぐ見る! ▶

8月5日(水) 午後10:00 まで配信中

「山之内すず VS サバの缶詰」をNHKプラスで今すぐ見る! ▶

8月6日(木) 午後10:00 まで配信中

※7月27日(月)~30日(木)にEテレで放送した番組です。

「君の膵臓を食べたい」というタイトルの小説がブームになりましたよね。この番組も同じようなテイストの青春ドラマなのかな? ぼんやりそんなことを思いながら見始めました。

……結果、単に料理の作り方を紹介する、"料理番組"ではありません。ゲストの山之内すずちゃんが嫌いな食べ物をリストアップ。それをおいしく食べられるように、料理研究家・リュウジさん(バズるレシピが人気!)が特別メニューを披露してくれるというものです。「苦手な食べ物も好きになってしまうようなメニュー」がテーマだからでしょうか、レシピはすべて簡単かつおいしそうなものばかりです。 

おもしろいのは、嫌いな食べ物たちが「食敵」と呼ばれるCGキャラクターとして登場し、すずちゃんとヤイヤイ小競り合いするところ。食敵たちは、あれやこれやと自分の魅力をプレゼンするわけですが、小峠英二さん(バイきんぐ)と小沢一敬さん(スピードワゴン)が声を担当しているだけあって、いい具合にキャラ立ちしてるんですよね〜。

アボカドはせりふ棒読みだししいたけはナルシスト発言を連発冷めたコロッケはキレてばっかり。でも、なんだろう、このクセになる感じ……。せっかくなので、イラストで描いてみました。

いや〜な食敵たちとも、工夫して調理してあげることで仲良くなれるかも?
公式サイトでは、リュウジさんのレシピも紹介されているので、アボカド、しいたけ、冷めたコロッケ、サバの缶詰が苦手な人もそうでない人も、お試しあれ♪

★「ボクを食べないキミへ〜人生の食敵〜」番組ホームページ ▶


又吉直樹のヘウレーカ!「不便ってそんなに悪いもの?」〔43分〕
8月5日(水) 午後10:43まで配信中

NHKプラスで今すぐ番組を見る! ▶

※7月29日(水) にEテレで放送した番組です。

突然ですが、不便益ふべんえきということばをご存知ですか?
今回の「又吉直樹のヘウレーカ!」は、この「不便益」がテーマ。「不便だからこそいい!」と感じられるものがたくさん登場します。

最も衝撃的だったのは、1つ目の不便益アイテムとして登場した、その名も「素数ものさし」! 文字通り、素数にしか目盛りがついていないものさしです。

ひとまず、素数ものさしとやらを見てください ▶︎

素数って、遠い昔に学校で習ったきりでしたが、改めて調べると「1と自分自身以外に約数を持たない数」だそうです。その部分にしか目盛りがついていないなんて、一体どうやって使えばいいの? しかも、これが40000個も売れたというから二度びっくりです! 何に使うんだろう……(すみません!)

「不便益」について研究している京都大学の川上教授によると、素数ものさしのいいところは「ちょっと不便だけど、そのおかげでパズル性が出てきて、おもしろくなるところ」とのこと。例えば、素数ものさしで2センチを測ろうとしたとき、3~5、5~7、11~13と、測り方が3通りもあるんですね。これは確かに、測り方が限定される通常のものさしにはない魅力かも……。

川上先生の素数ものさしの解説を見る ▶︎

さらに驚いたのは、某IT企業では、この「不便益」の考え方をオフィス作りに生かしているということです。
「不便益」なオフィスを見てみる ▶

机がジグザグに設置されているので、社員の皆さんは、いちいち人を避けながら行き来しなければいけません。なのに、この「不便」な配置のおかげで、何気ないコミュニケーションが増加したとか。
「不便益」、なかなかあなどれません。

日常の暮らしの中にも、たくさん「不便益」を見つけられそうですね。もしかしたら、日常がグッとおもしろく思えてくるかも? あなたも「不便益」探し、やってみませんか?

★「又吉直樹のヘウレーカ!」番組ホームページ ▶


取り上げた番組はこちらです!

関連記事

その他の注目記事