戦時下の“日常”って、どんな感じだったんだろう

特集番組「#あちこちのすずさん ~教えてください あなたの戦争~」

8月13日(木)[総合]後10:00~11:13

戦時下の“日常”が描かれ、話題になった映画『この世界の片隅に』(2016年製作/監督 片渕須直/原作 こうの史代)。
この物語の主人公・すずさんのような、ごく普通の人たちのエピソードを募集し、#(ハッシュタグ)でつなげていこうという「#あちこちのすずさん」キャンペーンが一昨年から始まりました。

8月13日放送の「#あちこちのすずさん〜教えてください あなたの戦争〜」では、皆さんから寄せられたエピソードをアニメにして紹介します。出演するのは、昨年に引き続き、『この世界の片隅に』の監督である片渕須直さん、千原ジュニアさん、Hey! Say! JUMP八乙女 光さんと伊野尾 慧さん。

番組の見どころとともに、収録の模様をリポートします!

2020年は、すずさんの家からお届けします!

収録時、メインのセットは全面ブルーバックで進行。映画『この世界の片隅に』ですずさんが住んでいた広島・呉の家をバーチャルで再現したCGセットと合成させます。

放送では、すずさんの家の縁側に座っているように見せるCG。合成後の画面は番組で!

片渕監督によると、「すずさんの家のモデルだった家屋は老朽化して、今は残っていないんですよ」とのこと。ジュニアさんは、モニターを見ながら「自分が物語の中に入ったみたいですねぇ!」と感嘆の声を上げていました。

一方、八乙女さんと伊野尾さんの2人は、まずラジオブースを模したセットからの参加です。今回、「戦争のことをあまり知らない」という10〜20代の方たち30人もオンラインで収録に参加。2人は、そんな若者たちの声を紹介するラジオDJの役割も担うというわけなんです。75年前の“日常”を、現代の若者たちはどう受け止めるのでしょうか?

番組では、「#あちこちのすずさん」キャンペーンで寄せられたエピソードのいくつかを、アニメで紹介していきます。ナレーションを担当するのは、映画『この世界の片隅に』ですずを演じたのんさんをはじめ、夫・周作細谷佳作さん、義理の姉・径子尾身美詞さんです! 『この世界の片隅に』チームによる声の演出により、戦時下の“日常”がほのぼのと、リアリティーをもって描かれていきます。

印象に残ったエピソードをいくつかご紹介しましょう。
まずは、現在88歳の男性から寄せられたエピソード。戦争当時まだ少年だった彼は、空襲が起こると不謹慎ながらワクワクしながら焼夷弾しょういだんが落ちた場所を見に行ったと言います。ある日、彼は竹やぶで不発弾を入手! なんとそれを分解して、家族には内緒で風呂のたきつけに利用したというのです。

不発弾で風呂たき!? 意外な内容に驚いてしまいますが、ジュニアさんの「でも、毎日毎日空襲だったら、(こういう感覚になるのも)分からなくもないなあ」とのコメントに、思わず納得でした。

次に、戦争により運命が大きく変わった94歳の女性の逸話から。宝塚歌劇団の観劇に通うのが大好きだった彼女は、空襲で右足の膝から下を失ってしまいます。思い悩む彼女に、ある日、結婚を申し出る男性が現れました。それは、彼女の義足を作ってくれた技師だったというのです。

このエピソードには、出演者の誰もが声をつまらせました。しかも、夫となったその男性は、やがて義足の会社を立ち上げ、今は孫たちが家業を継いでいるとのこと。戦争を知らない世代にとって、戦争は自分とは違う世界で起きたことのように遠い存在かもしれません。ですが確実に、あの時と今はつながっていると感じるエピソードでした。

ほかにも、食べ物の思い出話、今だから明かせる話など、戦時下の人々がどんな日常を送っていたのかが見えるエピソードの数々が紹介されます。75年前に戦争を経験した人々も、恋をしておしゃれもしていた。現代の私たちと同じように、毎日を懸命に生きていたんだということを改めて実感させられます。

(左から)片渕須直監督、千原ジュニアさん、近江友里恵アナも、すずさんたちのエピソードにじっくり耳を傾けます。

八乙女さんと伊野尾さんも、自ら取材へ!

番組中盤では、八乙女さんと伊野尾さんが自ら取材を進めたVTRも登場。

八乙女さんは、叔母さんから『実は、戦争当時スパイをしていた』と聞かされた女性からの依頼で、ことの真相を探りに広島へ。真相はいかに?

伊野尾さんは、ある兵士の身元を探し求めました。昨年の「#あちこちのすずさん」で取材した94歳の女性の会ったことのない文通相手です。その兵士のもう一つの顔とは?

取材を通じ、「言葉や記憶は、昔からずっとつながっているものなんだなと実感しました」(八乙女)「戦争を経験した人からじかに話を聞くと、感じ方が全然違う」(伊野尾)と述べた2人の感想が印象的でした。

戦後75年を迎えた今年。戦争経験者から当時の話を直接聞くことができる機会は、今後ますます少なくなっていきます。戦争の悲惨さを次の時代につなげる役目は、戦争を知らない世代に受け継がれていく時期にきています。

「#あちこちのすずさん」をきっかけに、いま語られる75年前のエピソードにぜひ耳を傾けてみてください。

特集番組ハッシュタグあちこちのすずさん ~教えてください あなたの戦争〜」

【放送予定】8月13日(木)[総合]後10:00~11:13

▶︎ 番組ホームページ

取り上げた番組はこちらです!

関連記事

その他の注目記事