<新たな出演者発表 第2弾>
ヒロインを取り巻く「登米で出会う人々」決定!

連続テレビ小説 おかえりモネ

2021年春

2021年度前期放送の連続テレビ小説第104作「おかえりモネ」は、「海の町」宮城県・気仙沼に生まれ育ち、「森の町」同・登米とめで青春を送るヒロインが、“気象予報”という「天気」にとことん向き合う仕事を通じて、人々に幸せな「未来」を届けてゆく、希望の物語です。

このたび、新たな出演者の方々が決まりましたので、お知らせいたします。

今回の出演者の方々の役柄は、百音が登米で出会う人々です。

清原果耶 ※既発表
ヒロイン・永浦ながうら百音ももね

1995年生まれ。気仙沼湾沖の自然豊かな島で育った。明るく伸びやかな性格で、中学時代はアルトサックスに打ち込んでいた。思うところあって、高校卒業と同時に故郷と家族から離れ、登米市の森林組合で働き始める。そこで天気予報の可能性と魅力を知り、やがて気象予報士を目指してゆく。
※タイトルにある「モネ」は、百音(ももね)の愛称です。

百音が登米で出会う人々

夏木マリ
豪快な登米の“姫”
新田にったサヤカ 役

登米の資産家。伊達家家老の子孫とうわさされ、あだ名は“姫”。所有する山林を森林組合に託し、カフェや診療所も経営している。百音の祖父・龍己とは旧知の仲で、登米にやってきた百音を下宿させている。豪快かつ懐の深い人物で、百音に森の豊かさと厳しさを叩き込んでゆく。

<夏木マリさんコメント>
「ひまわり」「カーネーション」に続いて3度目です。今回は、伊達家の伝統を受け継ぎ、森を守る使命を持つ70代を迎える新田サヤカという女性です。彼女はとても先進的で自由、、、伝統芸能のキャリアもありますが、私自身、ただいま、悪戦苦闘中であります。主人公のモネの未来を導く役どころで、モネが将来に向かって自分らしく生きていくサポートができればと思っています。どうぞ、よろしくお願い致します。

坂口健太郎
百音とともに成長してゆく若手医師
菅波すがなみ光太朗こうたろう

サヤカが開設した診療所の医師。東京の大学病院に籍を置き、1週おきに診療所へやってくる。さほど地域医療に興味がないのか、常にドライで不愛想。百音ともソリが合わなかったが、やがてその明せきな頭脳を生かして百音に気象予報の勉強を教え始め、距離が縮まってゆく。

<坂口健太郎さんコメント>
菅波光太朗役として、「おかえりモネ」に出演させていただけることになりました。とても不器用で、はじめはとっつきにくい存在の菅波ですが、百音と出会い、彼のやさしさ、あたたかさを少しずつ出していけるといいなと思っています。長丁場、菅波としても、坂口健太郎としても、「おかえりモネ」の現場に寄り添いすてきな作品を届けられるとうれしいです。

浜野謙太
森林組合のユニーク課長
佐々木ささき翔洋しょうよう

百音が働く森林組合の課長。組合長でもあるサヤカの急な発案などに振り回されつつ、日夜現場のために汗をかき、働いている。百音に林業のイロハはもちろん、森林セラピーなどユニークな事業も教える。伊達藩時代から続き、市民が守っている地元の「能」の伝承者でもある。

<浜野謙太さんコメント>
佐々木翔洋さんを演じさせていただく浜野謙太です。登米の林業を明るく支える彼ですが、実は強くたくましい側面もあると思います。その自然のように。現地、登米をたくさん味わって楽しんでやれたらなと思います。朝からどうぞよろしくお願いします。

でんでん
森林組合のご意見番
川久保かわくぼ博史ひろし

森林組合の古参職員。木に関する豊富な知識と経験を買われ、定年後も嘱託として勤めている。一見のほほんとしているが、誰よりも森の未来を考え、新事業開拓にも積極的に取り組む。登米出身である石ノ森章太郎の大ファンで、語り始めると止まらない。

<でんでんさんコメント>
役者ほどすてきな商売はない? いろいろな人生を体験できますからね。今回の役柄はニッポンの田舎でクルリと見渡せばよくいる普通のおじさん。森林組合嘱託の川久保博史さん。情にあつく責任感正義感の強い、孫におじいちゃん大好き! って言われる明るく元気な人。こんな人を私も負けずに爽やかに楽しく演じたいなぁと思っています。

西島秀俊
百音を気象予報の世界に導く
朝岡あさおかさとる

テレビで有名な気象キャスター。物腰柔らかな人物で、登米を訪れた際には百音に「気象予報は未来を予測できる世界なのだ」ということを教える。東京の民間気象予報会社で働き、各分野の「気象ビジネス」にも精力的に取り組んでいる。やがて上京した百音の上司となる。

<西島秀俊さんコメント>
脚本の安達奈緒子さんとまたご一緒できること、そして「とと姉ちゃん」以来の“朝ドラ”の現場に参加できること、大変うれしく思います。「気象予報士」は、現代を生きる私たちのくらしと密接に結びつき、ときには人の命にも関わる責任ある職業です。百音が目指す気象予報士・朝岡 覚という人物をどんな風に演じられるか、作品に真摯しんしに向き合い、そして楽しみながら挑んでいきたいと思います。

◆起用にあたって

制作統括・須崎 岳

宮城県北部の内陸に位置し、農業、畜産、そして林業の盛んな町、登米。今回発表されたのは、そんな大地の恵み豊かな登米でヒロイン・百音が出会う、すてきな登場人物たちを演じてくださる方々です。夏木マリさん、坂口健太郎さん、浜野謙太さん、でんでんさん、西島秀俊さん。キャラクターの背景は登米に産まれ育った人、東京と登米を往復している人、理由あって時折登米を訪れる人…とさまざまですが、どの人物もモネにとっては運命的な出会いであり、彼女の人生に大きな影響を与えていきます。果たしてどんな物語が待っているのか、どうぞ楽しみにしていてください。

【物語】
宮城県気仙沼湾沖の自然豊かな島で、両親・祖父・妹と暮らしていた永浦百音。2014年春、高校卒業と同時に気仙沼を離れ、ひとり内陸の登米市へ移り住むことに。大学受験にことごとく失敗、祖父の知り合いで登米の山主である、名物おばあさんの元に身を寄せたのだ。将来を模索する百音は新天地で、林業や山林ガイドの見習いの仕事をはじめる。

そんな百音に、ある日転機が訪れる。東京から、お天気キャスターとして人気の気象予報士がやって来たのだ。彼と一緒に山を歩く中で、「天気予報は未来を予測できる世界」と教えられ、深く感銘を受ける百音。「自分も未来を知ることができたら」。そして一念発起、気象予報士の資格を取ろうと猛勉強をはじめるが、試験の合格率は5%。勉強が苦手な彼女はなかなか合格できず、くじけそうになるが、登米で地域医療に携わる若手医師や地元の人たちに支えられ、ついに難関を突破する。
上京し、民間の気象予報会社で働きはじめた百音は、この仕事が実に多岐に渡ることを知る。日々の天気や防災はもちろん、漁業、農業、小売業、インフラ、スポーツ、さまざまな事情を抱えた個人…天候次第で人の人生が大きく左右されることを痛感した彼女は、個性的な先輩や同僚に鍛えられながら、失敗と成功を繰り返し、成長してゆく。

……数年後の2019年。予報士として一人前となった百音は、大型台風が全国の町を直撃するのを目の当たりにする。これまでに得た知識と技術をいかし、何とか故郷の役に立てないかと思った彼女は、家族や友人が待つ気仙沼へと向かう決意をする──

安達奈緒子さんの脚本による、オリジナル作品です。


2021年度前期
連続テレビ小説「おかえりモネ」

【放送予定】2021年春

【制作統括】吉永 証、須崎 岳

【プロデューサー】上田明子

【広報プロデューサー】川口俊介

【演出】一木正恵、梶原登城、桑野智宏 ほか

取り上げた番組はこちらです!

関連記事

その他の注目記事