さあ、歓喜への扉を開こう。

「ベートーベン250」プロジェクト

ベートーベン生誕250年の今年、12月はほぼ毎日ベートーベン関連番組を放送します。

投票結果をいよいよ発表!みんなが選んだベスト10は?

ららら♪クラシック「発表!あなたが選ぶベートーベン・ベスト10」

【放送予定】12月11日(金)[Eテレ]後9:00

「大作曲家ベートーベンの生誕250年を祝う「ベートーベン250プロジェクト」。視聴者の投票により、楽聖の作品の中からベスト10を選ぶ特別企画の結果を発表する。果たしてあなたが選んだあの名曲はランクインすることができるのか?プロジェクトのアンバサダー・稲垣吾郎、そして人気ピアニストの反田恭平ほかをスタジオにお招きして、ベートーベンの魅力を改めて探っていく。さらに、国内外の音楽家や著名人に、一番大切に思っているベートーベンの一曲を伺う「マイ・オンリーワン」のコーナーも必見!

【司会】高橋克典(俳優)、石橋亜紗アナウンサー

【ゲスト】稲垣吾郎(俳優)、平野昭(音楽学者)、
反田恭平(ピアニスト)

▶︎ 投票はこちらから!※締め切り:11月16日(月)

ベートーベンの人生を知り音楽を深く味わおう!

クラシック音楽館

【放送予定】毎週日曜[Eテレ]後9:00

●11月22日(日)オーケストラでつなぐ希望のシンフォニー 第四夜

《曲目①》交響曲第7番
指揮:川瀬賢太郎 
管弦楽:名古屋フィルハーモニー交響楽団

《曲目②》交響曲第8番
指揮:秋山和慶 
管弦楽:札幌交響楽団

《曲目③》劇音楽「エグモント」
指揮:下野竜也 
管弦楽:広島交響楽団
ソプラノ:石橋栄実 
語り:宮本益光 

●12月6日(日)ベートーベン特集 第3回「第9」バーンスタイン指揮

出演:稲垣吾郎(俳優・ベートーベン250アンバサダー)、広上淳一(指揮者)

●12月13日(日) ベートーベン 名手たちの饗宴

アルゲリッチ/ポリーニ(ピアノ)

●12月20日(日) ベートーベン250 N響

《曲目》 「エグモント」序曲、弦楽四重奏曲 第11番 ヘ短調 作品95「セリオーソ」(弦楽合奏版)
バイオリン協奏曲 ニ長調 作品61(ベートーベン)
指揮:秋山和慶 
管弦楽:NHK交響楽団
バイオリン:諏訪内晶子

クラシックTV 「ベートーベン・コンプレックス(仮)」

【放送予定】12月17日(木)[Eテレ]後10:50

人気ピアニスト・清塚信也と、歌手の鈴木愛理がMCを務める初心者のためのクラシック番組。今回のテーマは“ベートーベン・コンプレックス”。ベートーベンがあまりにも偉大であったため、後の作曲家はみな耐え難いコンプレックスを持っていた。あのシューベルトもブラームスも…。ゲストはベートーベン大好きな俳優・遠藤憲一さん。楽聖ベートーベンの裏も表も大解剖!その功罪に迫ります。

偉人たちの健康診断 「ベートーベン 第九誕生!難聴との闘い」(再)

【放送予定】11月23日(月祝)[総合]前10:05

極度の難聴に苦しみ、幾度となく絶望感にさいなまれながらも作曲活動を続けたベートーベン。残された手紙などの一次資料からベートーベンの難聴の正体と創作の過程を探っていくと、まさにこの難聴こそが不朽の名作誕生に大きな役割を果たした可能性が浮かび上がってきた。

【出演】関根勤、カンニング竹山、
はいだしょうこ

【解説】清塚信也、野本由紀夫

【司会】渡邊あゆみ

又吉直樹のヘウレーカ!「ぶっちゃけベートーベンって何が偉いの?」

【放送予定】12月16日(水)[Eテレ]後10:00

知らない人はいない「楽聖」ベートーベン。しかしなぜそこまで偉大なのか?「ジャジャジャジャーン!の『運命』などキャッチーな曲を作ったから?」「年末恒例の第九を作ったから?」又吉がヘウレーカ!テーマ曲作曲の岸田繁さんと謎を紐解く。

【出演】又吉直樹、
岸田繁(ロックバンド「くるり」フロントマン)、
野本由紀夫

あの名曲をじっくりと!

「名曲アルバム」新作「ピアノ・ソナタ 第32番」

【放送予定】12月6日(日)[総合]前4:20 ほか

悲哀に満ちた最後のピアノ・ソナタ。病や難聴に苦しみながらウィーン郊外の森に心を救われ、たどりついた孤高の音楽が奏でられる。

【ピアノ】小山実稚恵

【ロケ地】ウィーン(オーストリア)

12月には「第九」「エグモント」「熱情」などベートーベンの名曲も放送。

プレミアムシアター

【放送予定】毎週日曜[BSプレミアム]後11:20

●11月22日(日)ベートーベンのバイオリン協奏曲

《曲目》 バイオリン協奏曲 ニ長調 作品61(ベートーベン)ほか
バイオリン:セルゲイ・ハチャトゥリアン 
指揮:ロレンツォ・ヴィオッティ

●12月13日(日)アン・デア・ウィーン劇場 歌劇「フィデリオ」

出演:エリック・カトラー(フロレスタン)
ニコル・シュヴァリエ(レオノーレ)ほか
管弦楽:ウィーン交響楽団 
指揮:マンフレート・ホーネック

●12月20日(日)祝! ベートーベン生誕250年②

《曲目①》交響曲 第9番 二短調 作品125「合唱つき」(ベートーベン)ほか
管弦楽:ロンドン交響楽団
 指揮:サイモン・ラトル

《曲目②》バレエ音楽「プロメテウスの創造物」抜粋(ベートーベン)ほか
管弦楽:ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団
指揮:アンドリス・ネルソンス

「クラシック倶楽部」 5日連続で放送!

【放送予定】[BSプレミアム]前5:00

12月7日 イゴール・レヴィットのベートーベン
8日 迫昭嘉&江口玲 2台ピアノによる交響曲 第9番
9日 フィルハーモニック・ファイヴ×ベートーベン×デジタルアート
10日 タカーチ弦楽四重奏団による「ラズモフスキー」第3番
11日 ドーリック弦楽四重奏団による「大フーガ」

クラシック名演・名舞台2020

【放送予定】12月31日(木)[Eテレ]後8:00

ベートーベン生誕250年という記念の年を振り返る「クラシック名演・名舞台2020」。各地のオーケストラが“希望のシンフォニー”というテーマのもと熱演を繰り広げた、ベートーベンの交響曲チクルスを一挙放送する。さらに、コロナ禍の中でもクラシック音楽の灯を絶やすまいと奮闘した音楽関係者たちの様々な取り組みも合わせて紹介。締めくくりには、困難に打ち勝ち人類が連帯する希望を歌いあげる「第9」(全曲)を、N響の公演でお楽しみいただく。

【曲目】交響曲第9番 ニ短調 作品125「合唱つき」(ベートーベン作曲)

【指揮】パブロ・エラス・カサド

【管弦楽】NHK交響楽団

12月23日(水)NHKホール ほか

ラジオも全力でベートーベン特集!

ベストオブクラシック ベートーベン生誕250年に寄せて

【放送予定】[FM]月曜~金曜 後9:30

11月30日(1)BBCフィルハーモニック
12月1日(2) アンドラーシュ・シフ(ピアノ)
2日(3)チェコ・フィルハーモニー管弦楽団
3日(4)ダニエル・ベーレ(テノール)
4日(5)ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 指揮:サイモン・ラトル
21日 ロータス・カルテットによる弦楽三重奏演奏会
22日 竹澤恭子 ベートーベン2大ソナタ演奏会
24日 福間洸太朗ピアノ・リサイタル
25日 徳永&堤&練木ピアノトリオ演奏会

ベートーベン250 ~希望への賛歌 名曲を大解剖!~

【放送予定】[FM]12月14日(月)~18日(金) 後7:30※16日は午後9時10分から

ベートーベン生誕250年のアニバーサリーイヤーを締めくくるFM特集番組。コロナ禍に見舞われた今年秋に行われた、国内オーケストラ応援企画「希望のシンフォニー」交響曲全曲演奏会の録音を中心に、ピアノ曲、室内楽曲、器楽曲などを5日間に渡って網羅的に紹介、楽聖ベートーベンの作品群を俯瞰する。さらに、作曲家・宮川彬良による独自の交響曲解説コーナーにも注目。

オペラ・ファンタスティカ ウィーン国立歌劇場公演 歌劇「レオノーレ」(第1稿)

【放送予定】[FM]12月11日(金)後2:00

N響 ザ・レジェンド 職人指揮者によるベートーベン

【放送予定】[FM]12月12日(土)後7:20

クラシックの迷宮 ベートーベンとルドルフ大公~ベートーベン 生誕250年~

【放送予定】[FM]12月12日(土)後9:00

×(かける)クラシック ベートーベン生誕250年特集 ×ベートーベン

【放送予定】[FM]12月13日(日)後2:00

ビバ!合唱 ベートーベンの知られざるカンタータ「栄光の瞬間」を聴く

【放送予定】[FM]12月19日(土)前6:00

各地の放送局も特集番組を放送!

希望のシンフォニー~札響 苦闘の2020

【放送予定】11月20日(金)[総合](北海道内)後10:45

年間120もの演奏会を重ねてきた札幌交響楽団は今年、コロナの影響で半年に渡って演奏会を自粛。期間中、楽器にさわることすらできなくなったティンパニスト。孤独感の中、ステージで使うためのリードの製作を続けたオーボエ奏者。役目を失って「心が閉じてしまった」コンサートマスター。長い自粛期間が明けて、彼らが奏でたのは、苦闘の人生を歩んだベートーベンの楽曲だった。暗い時代のうねりの中で、見つけたものは何だったのか。

広島交響楽団がつなぐ 希望のシンフォニー

【放送予定】11月22日(日)[Eテレ](中国ブロック)後2:30

10月17日に行った広島交響楽団の「オーケストラでつなぐ希望のシンフォニー」での演奏とベートーベンの音楽にまつわるエピソードを振り返りながら、コンサートの見どころをたっぷり紹介する。

【出演】下野竜也、戸田菜穂ほか

【曲目】劇音楽「エグモント」作品84から抜粋(ベートーベン)ほか

クラシック音楽が好きな方はこちらもどうぞ

BS世界のドキュメンタリー 「弓職人 ―究極の音を探し求めてー」

【放送予定】12月23日(水)[BS1]後11:00

バイオリン、チェロ、コントラバス…弦楽器の重要な一部分でありながら弓は華やかな楽器本体の陰に隠れた存在だ。しかし「バイオリン、それは弓そのもの」という言葉もあり、かのベートーベンも作曲のアイデアを弓から得ていたという。一級品の弓には知られざるイノベーションの歴史や現代に受け継がれる職人たちの技術とこだわりが凝縮されている。弓職人の伝統的な技と次世代への伝承の試みを追い、知られざる弓の世界を紹介する。(アメリカ 2020年)

地球ドラマチック 「小さなバイオリニスト ~僕らの奏でる輝き~(仮)」

【放送予定】12月26日(土)[Eテレ]後7:00

パリ郊外にある公立小学校。ここでは20年前から、バイオリンを通して個性を伸ばすことで自信や学習意欲につながると、生徒全員がバイオリンを習うユニークな教育を行っている。厳しくも情熱を持って教えてきたバイオリン教師が引退するこの年、番組では、彼女の最後の生徒たちに密着。様々な問題を抱える生徒たちは、バイオリンを通してどのように成長するのか。最後のコンサートに向けた日々に、カメラが寄り添った。子ども達の無限の可能性を見つめた、心温まるドキュメンタリー。(フランス 2020年)

※放送は予告なく変更になる場合もあります。
のついている番組は放送から一週間、スマホやパソコンで番組が見られます。

取り上げた番組はこちらです!

その他の注目記事