NHKプラスでいま配信中のもの、おすすめします!

見逃し番組日記 その63

総合テレビとEテレの番組を、放送から1週間、パソコンやスマホがあればいつでもどこでも見られる、それが「NHKプラス」です。

今回は、あの髙橋大輔選手がアイスダンス、公式戦デビューを果たした大会など、3本をおすすめします!

2020NHK杯フィギュア
※この番組の配信は終了しました

※11月27日(金)〜29日(日)に総合テレビで放送した番組です

今年も、NHK杯フィギュアの季節がやってきましたー!
何を隠そう、フィギュアスケートの演技を見るのが大好きです。“氷上の闘い”とはいえ、きらびやかな衣装に身を包んだ選手たちが、真っ白なスケートリンクの上で華麗に舞う姿には、毎回うっとり見とれてしまいます。

今回の注目は、やはりこの人、髙橋大輔選手でしょう! バンクーバーオリンピックで銅メダルを獲得するなど、男子シングルの第一線で活躍してきました。28歳で引退を発表するも、2年前に現役に復帰。その後、アイスダンスへの転向を発表し、今大会が公式戦デビューなのです!

さらっと書きましたけど、よくよく考えると本当にすごいことですよね。34歳で別フィールドに転向するのは世界でも例のない挑戦ということで、見守るこちらもおのずと力が入ってしまいます…。とにかく、あれやこれや言うのはやめて、新境地を開く髙橋選手をしかとご覧ください!

いいですね〜! こういったコミカルなダンスを魅力的に踊ってくれるのが髙橋選手のいいところ! そしてカップルを組むのは、平昌オリンピックにも出場したアイスダンスの実力者・村元哉中選手。2人の息もぴったり!

フリーダンスでは、バレエ音楽に合わせてしっとりと魅せてくれます。男性が女性を持ち上げる「リフト」も無事クリア。演技を終えたあと、2人が互いに笑顔で、うんうんとうなずき合う場面も印象的です。

3組中3位という結果だったものの、見事デビュー戦を演じきった2人。エキシビション前にインタビューを受ける2人の晴れやかな表情を見ていると、すがすがしささえ感じました。エキシビションの演技も見応えたっぷりでしたよ!

これからの活躍にますます期待が高まりますね。髙橋大輔選手、そして村元哉中選手、今後も頑張ってください!

★「2020NHK杯フィギュア」番組ホームページ ▶


カラフルな魔女の物語~角野栄子85歳の鎌倉暮らし「いたずら描きとさんぽ」〔25分〕
※NHKプラスでの配信は終了しましたが NHKオンデマンド(有料)でご覧いただけます(2021年11月26日まで)

※11月29日(日)にEテレで放送した番組です

「魔女の宅急便」で知られる児童文学作家・角野栄子さんのライフスタイルを紹介するこの番組。現在85歳の角野さんですが、いつも明るくカラフルな装いでウキウキしながら暮らしている様子を見ていると、「この人、本当に何か魔法使ってそう…」と思ってしまうような底知れぬパワーを感じます。

今回、角野さんが教えてくれた「暮らしを楽しむ魔法」は、行き先を決めずでたらめに散歩する“いたずら歩き”。そして、思いつくままにペンを走らせる“いたずら描き”です。特にステキだと感じたのは、“いたずら描き”のススメ。角野さんは常に手帳を持ち歩き、絵でも言葉でも、好きなことを好きなときに書き込んでいくのだとか。「誰に見せるわけでもないのだから、うまく描こうなんて思わなくていい。でもそれが心の安心につながる」と彼女は言います。

暮らしを楽しむ魔法をいくつも知っている角野さん。ですがそれは、彼女自身が特別だからでも、劇的な体験をしたからでもありませんでした。

ステキな暮らしは、天から降ってくるわけでも、道端に落っこちているわけでもないのですね。遊んでふざけて、暮らしを楽しむための一歩を踏み出さないと始まらない。『「今日起きたら何が起きるかな」って強いてワクワクしてみるのも必要ね』という角野さんの言葉に、ハッとさせられました。

というわけで、すっかり角野さんの魔法にかかってしまったワタクシ、いつもは無難な黒い服しか買わないのですが、次はウキウキするようなピンク色のワンピースなんかを買ってみようと思います!

★「カラフルな魔女の物語〜角野栄子85歳の鎌倉暮らし」番組ホームページ ▶


ウチのどうぶつえん
「アクアマリンふくしま チンアナゴが砂から出て、泳ぐ。」〔10分〕
※この番組の配信は終了しました

※11月29日(日)に総合テレビで放送した番組です

思うように外出できない今、「次の休日は、動物園へ行って生き物と触れ合おう!」なんてことも、なかなかできませんよね? そんな今こそ、オススメしたいのがこちらの番組!

日本各地の動物園や水族館の飼育員さんたちが記録した、さまざまな生き物の姿を紹介。今回は、東北最大の敷地面積を誇る水族館「アクアマリンふくしま」の動物たちが登場します。

びっくりしたのは、激レアな深海魚たちがずらりと顔を並べるコーナー。見たことがない深海魚たちが次々と出てきますよ。

まるでピンク色の羽衣をまとってひらひら舞っているかのようなお魚さん、その名も「ハゴロモコンニャクウオ」。日本では2015年に初採集されたという超レアな深海魚だそう。「オオグチボヤ」も奇妙な姿ですね〜。大きな口を開けたり閉じたりする姿を見ているうちに、「こんな妖怪、いなかったっけ?」と感じるのは私だけでしょうか?

そして極め付きが、“ブサカワな魚”として人気を集めている「ニュウドウカジカ」。今年6月に偶然、知床沖で採集できたというこちらのお魚さん、大きな下ぶくれの顔につぶらな瞳がどことなくハクション大魔王に似ていませんか? イギリスでは「世界一醜い生き物第1位」に選ばれてしまったというかわいそうなニュウドウカジカですが、いやいや、とっても愛らしい姿じゃないですか! 

ほかにも、砂底でゆらゆら揺れる「チンアナゴ」の全身をとらえた貴重映像や、ユーラシアカワウソの双子ちゃんのかわいらし〜い映像などなど、生き物たちをよく理解している飼育員さんだからこそとらえることができた映像が紹介されます。

動物たちの愛らしい姿から、たくさんの感動をもらってください!

★「ウチのどうぶつえん」番組ホームページ ▶


取り上げた番組はこちらです!

関連記事

その他の注目記事