2月の注目番組をご紹介!

BS世界のドキュメンタリー

毎週火曜[BS1]後11:00
  水曜[BS1]後11:00
  木曜[BS1]後11:00

再放送 毎週月~金 後5:00

▶︎ 番組ホームページ

「BS世界のドキュメンタリー」では、海外の優れたドキュメンタリーを厳選して放送しています。

2月に放送する新作ドキュメンタリーの中から、注目作品をご紹介。自然番組の大御所プレゼンター、サー・デビッド・アッテンボロー(94)の地球環境保全へのメッセージ35年の時を経ていま明らかになるチェルノブイリ原発事故の真相イギリス・ウェールズの牧場の農家を改装して作られた音楽スタジオ「ロックフィールド」の物語など、世界各国からバラエティーに富んだ作品をお届けします。

「チェルノブイリ 衝撃の真実~口を開く証言者たち~」

Back to Chernobyl(2020年 イスラエル)

【放送予定】2月4日(木)[BS1]後11:00
2月15日(月)[BS1]後5:00

1986年4月に起きたチェルノブイリ原発事故。当時現場で何がおきていたのか、その真相が35年の時を経て関係者の証言で明らかになった。証言したのは事故現場から2.5キロの街・プリピャチの住人や病院の医師、消防士、そして派遣されてきた特殊部隊の隊員など。想像を絶する事態が彼らの言葉と、私蔵されていた初公開の映像によって生々しく浮き彫りになった。ある女性医師は事故からほどなく、強い放射線の影響が懸念される妊婦36人の中絶手術を行ったことを涙ながらに告白する。番組ではロシアのプロダクションがこん身の取材で迫ったチェルノブイリ原発事故の真相と、事故によって人々がその後の人生をどう生きたかをつづる。

「アッテンボローと世界を見る」

Attenborough’s Journey(2020年 イギリス)

【放送予定】2月10日(水)[BS1]後11:00
2月19日(金)[BS1]後5:00

94歳になったサー・デビッド・アッテンボロー。創成期のテレビ局で自然科学番組の制作を手がけ、65年あまり大御所的なプレゼンターとして名をはせた。現場でさまざまな演出を編みだしてきたことでも知られるアッテンボロー。撮影現場から飛ぶ白鳥をバックに語ったり、30メートル以上の木の上で樹冠にいるカエルとともに撮影されたり、CGで化石や絶滅動物をよみがえらせて一緒に出演したりするなど。番組では80代で新しいものに挑戦した姿を紹介。そして90代でもグレートバリアリーフに潜水艇で潜り、60年前との状況の変化を体感することによって温暖化など地球環境保全活動に積極的に取り組み始めた姿を紹介する。

「ロックフィールドの伝説 ―農場の音楽スタジオ―」

ROCKFIELD THE STUDIO ON THE FARM(2020年 イギリス)

【放送予定】2月17日(水)[BS1]後11:00
2月26日(金)[BS1]後5:00

イギリス・ウェールズの牧場の農家を改装して作られた音楽スタジオ「ロックフィールド」。1970年代から2000年代にかけて、このスタジオでブリティッシュロックの最高傑作が次々に録音された。その始まりは、1963年、エルビス・プレスリーに憧れたキングズリー兄弟が家族経営の農場の屋根裏部屋に手作りの音楽スタジオを作ったこと。その後、スタジオのレンタル業を始め、空き部屋を宿泊施設に改装し、世界初の滞在型のスタジオにして数々のミュージシャンから注目を集めるようになる。スタジオを開いたキングズリー・ウォードや有名ロックミュージシャンの証言とともにこの伝説の場所からイギリスのロック史をひもとく。

「カラーでよみがえるイギリス帝国 ロイヤルファミリー」

Britain in Colour: Royalty(2019年 イギリス・アメリカ)

【放送予定】2月24日(水)[BS1]後11:00
3月4日(金)[BS1]後5:00

世界的なヒット作品となった「カラーでよみがえるアメリカ」の続編にあたるイギリス版歴史ドキュメンタリー。1本目は、19世紀の終わりから20世紀のイギリス王室史に光を当てる。63年在位したビクトリア女王や、「王冠をかけた恋」として語り継がれるエドワード8世のエピソード。そして1937年に父のジョージ6世とともにバッキンガム宮殿に引っ越してきた幼いエリザベスの映像、婚約発表時の初々しい姿も。25歳の若さで女王エリザベス2世となった際の豪華な戴冠式はテレビ時代の幕開けとなった。世界大戦や数々のスキャンダルを経て、ロイヤルファミリーはどうやって生き残ってきたのか。初めてカラー化された貴重な映像でつづる。

「カラーでよみがえるイギリス帝国 植民地の拡大と独立」

Britain in Colour: Empire(2019年 イギリス・アメリカ)

【放送予定】2月25日(水)[BS1]後11:00
3月5日(金)[BS1]後5:00

「カラーでよみがえる大英帝国」の2本目は、1920年までにアフリカ、インドなどを含む地球上の4分の1と5億もの人々を支配下におさめ、史上最大の帝国となったイギリスの栄枯盛衰を描く。イギリスは植民地の恩恵で世界経済を制したが、世界大戦で資金不足に陥り、支配した国々は独立を求めて反乱を起こしていく。イギリスの最重要植民地だったインドでは、ガンジーが平和的な反イギリス運動を率いて独立への道を進み始める。1960年以降、24の植民地が独立国家や同盟国となり植民地時代は終わりを迎えた。ガンジーのカラー化された映像、イギリスが撮影した日本のシンガポール侵攻など珍しい映像が満載の歴史ドキュメンタリー。

BS世界のドキュメンタリー

毎週火曜[BS1]後11:00
  水曜[BS1]後11:00
  木曜[BS1]後11:00

再放送 毎週月~金 後5:00

▶︎ 番組ホームページ

関連記事

その他の注目記事