桃太郎役・仲野太賀、鬼の妻役・仲 里依紗インタビュー

昔話法廷 ~「桃太郎」裁判~

3月29日(月)[Eテレ]前9:00~9:33
▶︎ 番組ホームページ

いよいよ3月29日(月)の放送に迫った「昔話法廷~最終章・『桃太郎』裁判~」。被告人・桃太郎を演じた仲野太賀さんと、鬼ヶ島で桃太郎に殺された鬼の妻役の仲 里依紗さんにも収録後たっぷりとお話をお聞きしました。

仲野太賀さんインタビュー

「『桃太郎』裁判」は現代に必要な話だと思った

まず率直に、すばらしい脚本だと思いました。本当にすばらしいと思いましたし、ものすごく現代に必要な話だと思ったんですよね。「正義」と「悪」、二元論では到底語れなくなった今の時代にすごく通じる話だと思って、「これはすばらしいと思います、ぜひやらせてください!」と事務所のマネージャーにお願いして、出演をお引き受けしました。
2日間の収録もとても楽しかったです。共演のみなさんが超一流の方々ばかりだったので、一緒にお芝居していて、いただけるものがたくさんあるというか。対峙したときに、自分が意識していなくてもスーッと心に入っていく、そういうお芝居の連続だったので、演じていて本当に幸せな時間でした。

「よくわからない」という感覚を大切にしてほしい

この話は、鬼や桃太郎、それぞれの立場によって「正義」と「悪」の見え方が変わってきます。番組を見た子どもたち一人ひとりが、「それは果たして正義なのか悪なのか」ということを立ち止まって考えながら見てくれたらいいなと思いますね。
今は、ネットやテレビなどメディアの力がとても強いので、思考がどうしても停止してしまうことがあると思うんですよ。僕自身もそうですし。むしろ、考えなくてもいいようになっていると言ってもいいくらい。でも本当は、誰かが言っているからシロ、誰かが言っているからクロなど、一方的な意見をうのみにしてそこに乗っかっていくのではなくて、自分の価値観で考えて判断してほしい。そういう思考のきっかけになるといいなと思います。
このドラマを見たらきっと、よくわからない気持ちになると思います。でもその「よくわからない」という感覚はとても大切なものだし、それを経た上で自分自身の答えを出してみてほしいですね。

究極のことを考えるのは、誰かに思いをはせることにつながる

この作品では、桃太郎を死刑にするか、死刑にしないかという問いが突き付けられます。もちろん、どの立場に立つかで、出す答えは変わってくる。こういう究極のことを考えるのってとても難しいし、もちろん正解は出ないと思いますけど、考えることそのものが、誰かに強く思いをはせることだし、想像することになりますよね。これからの子どもたちの未来が、今よりもっともっと想像力ゆたかな時代になってほしいと願っています。

仲 里依紗さんインタビュー

「鬼」というより一人の「人間」として演じました

本当に楽しかったですね。まず「鬼になる」こと、いろいろな昔話に登場するあの鬼になるということがすごくうれしかったです。でもこの作品では、鬼というより一人の「人間」、夫を殺された一人の「妻」として法廷に立ってお芝居をしていたので、手元を見ないかぎり自分が赤いことも忘れちゃうほどで(笑)。メイク直しで鏡の前に立ったときに自分の姿を見てドキッとしました。「ああ!そういえば鬼だったんだ」「赤かったんだ」って(笑)。私の演じた鬼は、見た目は人間とすこし違うけど中身はほとんど同じ、という設定だったので、話し方を特別に変えたりすることはなかったです。夫を殺された妻の悲しい気持ちを全面にだして、かわいそうって思ってもらえるよう意識しました。「鬼もみんなと同じ気持ちなんだよ」「みんなも大切な人がいなくなっちゃったらこういう気持ちになるでしょ? 同じだよね?」ということを、子どもたちに感じてもらいたいなと思って演じました。

なぜ「鬼=悪い、怖い」というイメージになったのか考えてほしい

小さいときからの刷り込みなのか、「鬼=悪い、怖い」というイメージですよね。「鬼が来るよ」「鬼に連れ去られるよ」と言われると怖いですし。特に子どもは「鬼」というワードに抱く恐怖感がすごいんですよ、うちの息子もそうです。じゃあ一体どんな理由があって、鬼は「恐怖の象徴」になってしまったんだろう? そんなことをいろいろな人に考えてほしいなと、脚本を読んだときに思いました。

物語の“余白”も想像したディスカッションを

私の演じた「鬼の妻」は、原作の『桃太郎』には出てこない存在です。でも退治された鬼たちにも生活があって、子どももいたんだよ、悪役にも事情があったんだよ、ということをこの番組を通して、子どもたちに“想像”してほしいと思うんです。そういう考え方が当たり前になれば、世の中もっと平和になるんじゃないかなとも思っています。
子どもたちがこの番組を授業で見たり、家族や兄弟と見た時に、まずは「僕はこう思う」とか「桃太郎は絶対正しい」とか、自分の意見をちゃんと発表してほしいですね。子どもたちには、自分が思ったことをちゃんと訴えられるようになってほしいと思います。そのうえで、みんなといろいろディスカッションして、他の人の意見も「この子はこういうふうに思うんだ」と否定しない。この作品がそういう場になるといいですよね。子を持つ親として、この作品に参加できたことをとてもうれしく思っています。


昔話法廷 ~「桃太郎」裁判~

【放送予定】3月29日(月)[Eテレ]前9:00~9:33

▶︎ 番組ホームページ

番組HPではシリーズの過去作が視聴できます。

関連記事

その他の注目記事