「一期一会」という言葉がとても響いた

世界はほしいモノにあふれてるSP「世界一周!アウトドアライフをめぐる旅」

村雨辰剛(庭師)

「みんなで筋肉体操」でもおなじみ、スウェーデン出身の庭師・村雨辰剛さんが『せかほし』のスペシャル番組をレビューしてくれました。彼の目に映ったアウトドアと庭の仕事の共通点とは?

レギュラー放送のころから、『世界はほしいモノにあふれてる(以下、せかほし)』はよく見ていました。今回のスペシャル企画ですこし意外だったのは、アウトドアでの収録だったことです。キャンプの温かい雰囲気が伝わってきて、文字通りスペシャルな印象でした。

世界のいろいろなアウトドア事情やキャンプ事情が紹介され、レギュラー放送時のように「モノ」を紹介するというより、「体験」を見ていく回でしたが、キャンプグッズやアウトドアで使うモノもちゃんと紹介されていて、そこが『せかほし』らしかったです。

とくによかったのは、「野点のだて」という日本のお茶の文化を紹介していたところです。屋外でお茶をてて飲む、この野点という文化のことを、僕はこの番組を見るまで知りませんでした。とても興味深く、また勉強になりました。

いま僕の住まいは関東にありますが、以前は長いこと、愛知県西尾市に住んでいました。西尾というところは日本有数の抹茶の生産量を誇る町なんです。そんなこともあってもともと抹茶文化には馴染なじみがあり、抹茶を点てるのも好きなので、茶道のような難しいことはできませんが、自分でも野点をやってみたくなりました。

「自然に戻る」というアウトドアの精神は、庭の仕事にも通じる

僕の生まれ育ったスウェーデンにも、ピクニックのような野外でくつろぐ習慣があります。緯度の高いスウェーデンでは、外で過ごせる時期が限られているからこそ、「夏至祭」という祭りもあるし、天気のいい日はみんな絶対に外に行きたがるんです。僕の家でもお庭で食事をしたり、バーベキューをしたりということをごく自然にやっていました。

いま僕は独立した庭師として、日本での造園や作庭を生業なりわいにしています。お客さんの庭の木を伐採することも多く、そこからまきを作ることもあります。伐採した木を捨てるのはもったいないので、薪にして売ったり、自分で使ったりしている庭師さんは多いんです。いまの住まいには薪ストーブはありませんが、野外でバーベキューをするときに使います。

伐採した木を薪にして再利用するなど、キャンプやアウトドアを通じてサステイナブル(持続可能)な暮らしを自分の生活に取り入れていくのは、とてもよいことだと思います。ゲストの山井梨沙さん(アウトドアメーカー社長)ほどの達人ではありませんが、自分の知識を生かして身の周りにあるものはフル活用し、資源を大事にしたいと思っています。

番組をみて気づいたのですが、「自然に戻る」というアウトドアのコンセプトは、庭の仕事にも通じるところがあります。木を植えたり、庭を作ったりして自分の生活に自然を取り込むのもいいし、逆に自分から自然のほうに出かけていくというのもいい。本能的に人間は自然に戻りたくなるのではないでしょうか。番組でも言われていたことですが、都会の生活にもそのよさがある一方で、人間にはどこかで自然に戻る時間も大事なのかな、と思います。

そのときのそこにしかない瞬間を経験させたい

今回のスペシャル番組では、世界中さまざまなところでアウトドアでの「一期一会」が紹介されていました。実は、僕が庭園を造るときの心理もこれととても近いものです。日本庭園は、まさに「一期一会」を大切にしています。自然の移ろいゆく姿の美しさや、そのときのそこにしかない美しい瞬間を経験させたい、というのが僕の庭づくりにおける考え方です。なので、この「一期一会」という言葉はすごく響きました。

アウトドアに興味のある人なら、この番組で紹介されていたことのいくつかを、すでにご自身で実行しているかもしれません。でも僕は、これまでアウトドアに興味なかったという人にこそ、自然のなかでゆったりと過ごす時間をぜひ体験してもらいたい。まずは焚火たきびからでもいいので一度やってみると、ひょっとしたら生活が大きく変わるかもしれません。

★著者プロフィール

村雨辰剛(むらさめ・たつまさ)
庭師。スウェーデンで生まれ育ち、幼いころから英語が得意だったため外国に興味を持つ。母国とは異なる環境と文化の中で生活してみたいという気持ちから日本に興味を抱き、日本語を勉強し始める。高校卒業後、語学(スウェーデン語と英語)の教師として日本で働き始め、通訳や翻訳の仕事もおこなう。その後、もっと日本古来の文化に関わりたいとの思いから造園業に飛び込み、見習い庭師に転身。26歳のときに日本国籍を取得し、村雨辰剛に改名した。NHKでは「みんなで筋肉体操」「趣味の園芸」に出演中。

★村雨辰剛さんの「最近、何みてた?」

・映画『ホムンクルス』(Netflix):綾野 剛さんが主演の映画ですけど、ちょっと変わった心理的な映画でしたね。人間のダークな心理的な描写もありつつ、サスペンス的な要素もあってちょっと考えさせられる、哲学的な映画でした。

・ドラマ「ザ・サーペント」(Netflix):1970年代の東南アジアが舞台で、実際に起こった殺人事件に基づいたドラマです。まだ1話しか見ていませんが、続きも見てみようと思っています。

★レビュー番組

世界はほしいモノにあふれてるSP「世界一周!アウトドアライフをめぐる旅」

【放送】5月3日(月・祝)[総合]後10:00~10:45

【再放送】5月11日(火)[総合]後11:40〜前0:25
<90分完全版> 6月12日(土)[BSプレミアム]放送!

大型連休はアウトドアをめぐる世界一周旅行! 北極圏から南の島まで、各国を訪ね、人々が愛用するアウトドアアイテムの魅力を探る。オーストラリアで出会うのは“たき火料理”の達人! 調理に欠かせない意外なモノとは? フランスからはピクニック気分を上げる優れモノをご紹介。MCの2人もキャンプフィールドへ! 大手アウトドアメーカーの社長、山井梨沙さんとともに、たき火や日本古来のアウトドア“野点”に挑戦する。

【司会】鈴木亮平、JUJU

【出演】山井梨沙(アウトドアメーカー社長)

【語り】神尾晋一郎

▶︎ 番組ホームページ

関連記事

その他の注目記事