吉田鋼太郎、中嶋朋子、藤原竜也らがシェイクスピアの魅力を語り尽くす!

いまこそ、シェイクスピア

5月15日(土)[BSプレミアム・BS4K]後10:30


新型コロナウイルスが猛威を振るう中、演劇界で一人の人物が話題になっています。それはウィリアム・シェイクスピア。400年余り昔、彼は、みずからの作品を通じて、疫病・ペストにおびえる人々に生きる意味を訴え続けました。5月15日放送の「いまこそ、シェイクスピア」は、俳優・吉田鋼太郎さんらシェイクスピア劇を愛してやまない俳優たちが、そんなシェイクスピア作品の魅力を深く熱く語らう番組です。

杉浦大悟チーフ・プロデューサーによる見どころポイントを紹介するとともに、出演の吉田鋼太郎さん、中嶋朋子さん、藤原竜也さんからの熱いメッセージをお届けします!

なぜいま、シェイクスピアなのか?

今からさかのぼること400年余り昔、シェイクスピアが生きていた時代は、ある疫病によって社会が混乱を極めていました。その正体は、“黒死病”と呼ばれたペストです。性別も年齢も貧富の差も関係なく、無差別に人命を奪い続けたペスト…。その状況は、新型コロナウイルスの脅威にさらされる今の私たちと近いかもしれません。

現代では難解との印象から敬遠されがちなシェイクスピア作品。ですが、人間の不安や希望、恐怖を掘り下げた彼の演劇は、ペストを恐れる当時の人々の道しるべになったのです。番組では作品を分かりやすく解説し、そこに込められたメッセージを浮き彫りにしていくとともに、有名な「ロミオとジュリエット」や「ハムレット」に秘められた知られざる真実を明らかにしていきます。

杉Pの見どころポイント

他番組でずっとお世話になっている吉田鋼太郎さんから、コロナ禍で演劇界が大打撃を受けていると聞き、番組を通じて何かできないかと考えていました。そんな中、シェイクスピアが生きていた400年前も、ヨーロッパ各地でペストが流行していたことに注目したんです。当時、人々に希望を与えていたのが、シェイクスピア劇でした。奇しくも、今も当時と同じように、多くの人がコロナウイルスという感染症で大変な思いをしています。シェイクスピアのメッセージは、時代を超えて、コロナ禍の私たちに響くものがあるのではないかと思ったんです。

2人して命を落としたロミオとジュリエット。そこに秘められた知られざる真実とは?
「衣装」をはじめ「セリフの長さ」「登場人物の多さ」など、さまざまな切り口でシェイクスピア作品の魅力を分かりやすく解説
「ハムレット」など代表作のストーリーも、イラストレーションで分かりやすく紹介

シェイクスピアを語るなら、
この人たちしかいない!

いちばんの見どころは、シェイクスピア作品をこよなく愛する俳優陣の熱いトーク! 出演するのは、シェイクスピア劇を演じて約40年になるという日本屈指の舞台俳優で、「彩の国シェイクスピア・シリーズ」の芸術監督でもある吉田鋼太郎さん、17歳のとき「ロミオとジュリエット」のジュリエット役を熱演して以来7作品に出演してきた中嶋朋子さん、日本の演劇史上、最年少となる21歳で「ハムレット」のハムレット役に挑み、以来5作品に出演した藤原竜也さんの3人です。

数多くのシェイクスピア作品への出演経験がある3人は、俳優として、シェイクスピアと真っ向から対じしたいわば“同志”です。「好きな作品を一つ挙げるなら?」「シェイクスピア作品のセリフについて」などなど、話題は尽きません。そんな3人からの、シェイクスピア愛あふれるメッセージをどうぞ!

吉田鋼太郎さん メッセージ

番組に出演して感じたのは、「あらためてシェイクスピアってすごい」ってことです。ペストが猛威を振るっていた時代に、シェイクスピア劇はその言葉と旋律で人々に希望と勇気を与えてくれました。シェイクスピア劇のメッセージは「最後は大丈夫だよ。乱れていた調べが、最後にはちゃんと元に戻るよ」というもの。新型コロナウイルスで大変ないまこそ見る価値があるし、見てほしい作品ばかりです。まだシェイクスピア劇に触れたことない人にはぜひこの機会に一度、シェイクスピア劇の奥深さを体感してほしいです。

中嶋朋子さん メッセージ

今回の収録は本当に楽しく、あっという間の時間でした。
自分も演じた「ロミオとジュリエット」で2人が命を落とすことになったきっかけが「疫病=ペスト」だったなんて、初めて知り、驚きました。
シェイクスピア劇は難しいとか、上演時間が長すぎると敬遠する人も多いかと思いますが、全部をわかろうとせず、役者の演技を感じてくれるだけでも価値があると思います。シェイクスピア劇には、見終わったあとに間違いなく心が清涼感で満たされる「心の自浄作用」があると思いますので、コロナ禍のいまこそ、多くの人に見てほしいです。

藤原竜也さん メッセージ

シェイクスピア劇の本質はやはり「言葉」。
さりげない言葉やセリフでも高級で、見る側に力を与えてくれます。だからこそ、400年も愛されてきたんだと思う。
その一方で、演じる側にとってみたら、シェイクスピア劇はとてつもなく高く険しい山。シェイクスピアを演じるときは本当に大変で、家に帰ってもセリフのことが頭から離れず、テレビなどの生活音がノイズにしか聞こえなくなることもあります。そんな、役者がすべてを投げうって挑む舞台をぜひ、感じてほしいです。

ほかにも、市村正親さん、大竹しのぶさん、市川猿之助さん、横田栄司さんら豪華俳優陣がVTR出演。おのおののシェイクスピア作品への思いを語ります。

左から、市村正親さん、大竹しのぶさん、市川猿之助さん、横田栄司さん

杉Pの見どころポイント

僕自身も、シェイクスピアの作品は「難しい」と感じることが多いです。ですがそれ以上に、目の前で繰り広げられる演技の迫力に圧倒されるんです。400年前に書かれた戯曲ではありますが、セリフひとつひとつに力があるからこそ、現代の僕たちにも響く熱量を放つのでしょう。
今回は、日本の演劇界を代表する皆さんにご出演いただきましたが、皆さんの言葉の力もすばらしい。シェイクスピアに詳しくなくても、最後まで興味深く見ていただけると思います。「シェイクスピアって、なんだか難しそう」と感じている方にこそご覧いただきたい。見終わったころには、「シェイクスピア、ちょっと見てみようかな」と感じていただけるはずです。

先の見えないいまだからこそ、シェイクスピアの魅力に触れてみませんか?


その他の注目記事