さだまさしさんとサンドウィッチマンが、さださん思い出の地をめぐります

見逃し番組日記 その106 ②

放送後1週間、「NHKプラス」で見られるオススメ番組を紹介します!

サンドのお風呂いただきます「さだまさしをデビューさせた高校の仲間編」〔26分〕
※NHKプラスでの配信は終了しましたが NHKオンデマンド(有料)でご覧いただけます(2021年5月26日まで)

※5月12日(水)に総合で放送した番組です

今回のゲストはさだまさしさん。高校時代を過ごした千葉県市川市で、親友たちと思い出話に花を咲かせます。

登場したのは、1972年にさださんとフォークデュオ「グレープ」でデビューした吉田さんと、高校時代バンド活動をともにしていた小針さん。また、同じくバンド仲間だった杉山さんもお手紙で当時の様子を教えてくれます。

うおお! この4人はアツい! というのも、2015年放送のさださんの自伝的ドラマ「ちゃんぽん食べたか」の面々じゃないですか。ドラマでは、菅田将暉さん、本郷奏多さん、泉澤祐希さん、間宮祥太朗さんがそれぞれ演じていましたよね。“本物”の登場に、ひとり大興奮してしまいました。(この感動分かる人いませんか?)

一行が向かったのは、当時みんなで通っていた銭湯。そこでは、仲間たちに救ってもらったというエピソードや「グレープ」結成秘話などを和気あいあいと語ってくれました。中でもおもしろかったのは、当時のさださんの印象を「オーラが見えた」と話す小針さんに、容赦ないツッコミが飛び交ったシーン。これには声を出して笑ってしまいました。

そして、さださん自身は覚えていないが「さださんが作った幻の曲」を小針さんが披露します。タイトルは「9月の魔女」。世に出ていない曲を、お風呂に入る番組で聴けるとは。美声すぎる小針さんの歌声にも注目です。さすがはボーカル担当!

ほかにもたくさんの爆笑トークが続きます。やっぱりさださんは安定のおもしろさだな~と実感させていただきました。

★「サンドのお風呂いただきます」番組ホームページ ▶


★次の記事はこちら


関連記事

その他の注目記事